ここから本文です
Webtama出張所
空のかなたに

書庫全体表示

筑波山つつじ祭り5/2

実際問題つつじ祭りとはあんまり関係無いですが、ちょうど祭り期間なので。

この日のルートは、前々から登って見たかった「旧ユースホステルコース」であります。
もちろん出発は筑波山神社からであり、つつじヶ丘で軽く探索して、東筑波ハイキングコースに入り、林道を歩いて筑波高原キャンプ場で一休みして、ようやく辿り着いた。
朝7時に登り始め、旧ユースコースの登山口までおよそ4時間。
被写体を探しながらだったり、つつじヶ丘のコースを1/3ほど登ったりとしたので、普通に歩けば多分もうちょっと早いかも。
キャンプ場とユースホステルの間の林道で、北側斜面が広範囲に伐採されてたのは、なんか開発計画でもあるんだろか。眺めは素晴らしかったが。

旧ユースホステルコースは、まぁ距離は短いのだが、如何せん単調と言うか、なんと言うか、登るだけと言うか、ただただキツイ。率直に言うと岩が無い。
御幸ヶ原まで登りきったあと、そのまま岩を求めて男体山を登って降りて多少満足した。
疲れてても岩場は別腹ですのう。
そう考えると、個人的には距離は長いが後半の岩々が素敵な白雲橋コースがやはり一番好きでありますな。

そんなわけで、草花関係は、カタクリは完全に終わって実が成っていた。
ツツジはちょっと早かった。
ツクバキンモンソウは裏筑波の林道で割と見かけた。
ツクバネソウは見ごろ(キャンプ場)でした。

春の花は本当に駆け足で咲いて過ぎていくので、行くタイミングが難しい。
次は、ユキノシタの時期かねぇ。

以下備忘録
イメージ 1
オドリコソウ

イメージ 2
ツクバキンモンソウ

イメージ 3
ツクバネソウ

イメージ 4
フデリンドウ

イメージ 6
フデリンドウ

イメージ 5
ヒナワチガイソウ

フデリンドウは林道脇で見かけたが、男体山頂付近にも小規模な株があった。
コケリンドウも観たかったんだが、歩いた範囲では見当たらなかった。

5/3と5/4にも花撮りに行ってるけども、現在現像中。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事