ここから本文です
Webtama出張所
空のかなたに

書庫全体表示

大洗の海岸 6/3

涼と海浜植物を求めて、大洗の海岸方面へ。
ジリジリと肌を焼く太陽の下だったけど、海風が涼しくて、暑いが涼しいと言うよく判らない心地よさ。
今日の茨城ちほーは昨日の強風の影響か空気が澄んでいて視程がよく、遙か水平線の船影もクッキリと見えたり、日立方面の山々がはっきりと見渡せたりと、なんだか不思議な感覚だった。

大洗方面の海岸は、今はハマヒルガオが見ごろ。そこかしこにピンクの花を咲かせていた。
やや草の多いあたりでは、ハマエンドウ。それと全体的にハマゴウが相変わらず多く、花は未だながら芳香が海岸に充満してた。
今日は偶然、ハマボウフウの株に巡り会えた。あまり人の通らないところにポツンと。昨年は見掛けなかったので、もう付近の浜から絶滅したのかと思ってた。
ハマニガナはまだ時期が早いのか、わずかな花が散見しただけだった。

それにしても、大洗水族館あたりの海岸の浸食っぷりは本当に激しい。
震災後、海底の地形が変わったのか、駐車場あたりの砂の丘がすっかり砂の崖に変わってしまった。

海の幸でも食おうかと思ったけども、大洗漁港は今日も大混雑だったので華麗にスルー。
またの機会に。

以下備忘録


イメージ 6
ハマヒルガオ

イメージ 1
ハマニガナ

イメージ 2
ハマボウフウ

イメージ 3
マンテマ

イメージ 4
ハマエンドウ

イメージ 5
ノアザミ

ノアザミは、大洗磯前神社で。
砂って意外と光を反射するからか、露出が狂って難しい。

この記事に

  • おはよ〜ございます
    昨日はご訪問ありがとうございました。
    浜昼顔、可愛らしいですね。
    ナイス♪

    ぷく♪

    2017/6/5(月) 午前 4:46

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事