ここから本文です
滋賀県湖西発鉄道浪漫発信局
お知らせ:「近キト117系編成図」の「S2編成」と「近キト113系編成図 L編成」の「C10編成」の項を一部更新しました。

書庫全体表示

記事検索
検索

全356ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

前回の続きになります。

イメージ 1
789系0番台
札幌駅到着後、駅で少し撮影をしました。

イメージ 2
スーパー白鳥でお馴染みだった緑の789系。
北海道新幹線開業に伴い札幌圏特急にやってきてからは初対面です。
前に見た時はスーパー白鳥でした。

イメージ 3
ライラックの愛称も復活したんでしたね。

イメージ 4
721系

イメージ 5
733系
甲種輸送は見に行きましたね。

イメージ 6
733系
もうすでにかなりの数の編成が活躍しているようで・・

イメージ 7
789系0番台
先ほどのとは別の編成ですね。

イメージ 8
キハ283系「スーパーおおぞら/釧路」

イメージ 9
733系

イメージ 10
721系

イメージ 11
キハ281系「スーパー北斗」
LEDライト化や側面表示の電光化など色々とリニューアルがされていて驚きました。

イメージ 12
785系「すずらん」
自分ら世代にはやはりスーパーホワイトアワーのイメージが強いですね^^;
今ではかなり数が減ったようで・・。

イメージ 13
この中間車化先頭車の部分のエモいこと・・

イメージ 14
789系1000番台「カムイ/札幌」
この前の北海道旅行はスーパーカムイが登場した年だったかなーと。
かなりお久しぶりです。

イメージ 15
北海道の車両は独特でカッコいいですねぇ

イメージ 16
735系
2編成しかいないレアな車両です。アルミ車体試験車でしたかな。
後に登場する733系と違い側面に帯がないのが特徴的ですね。

イメージ 17
731系
キハ201系と共に「この顔」シリーズの第一弾な車両ですね。
長らくこの顔なのは上記2形式だけでしたね。

イメージ 18
733系
そういえば733系のuシート込み編成が出た時も驚きでした。

イメージ 19
721系

イメージ 20
札幌駅での撮影の後は地下鉄で すすきの へ
地下鉄は前の北海道旅行でも利用しましたが、撮影は恐らく初かなと。

イメージ 21
有名な すすきの交差点

イメージ 22
札幌市電も撮るのは初だったり^^;


次回から「2日目」となります。

開くトラックバック(0)

イメージ 1
2018年7月12日から19日までのほぼ1週間で北海道(+α)に行ってまいりました。
自分は飛行機に乗るのが嫌いなので・・全行程鉄道で行ってまいりました。北海道新幹線にも乗りたかったのでこれを機にと。
朝に湖西線で京都へ。京都から東海道新幹線でまずは東京へ

イメージ 2
東京到着

イメージ 3
東京で東北新幹線に乗り換え。
乗換時間は20分もなく、この日は東京は完全スルーです。

イメージ 4
東京から乗車するのは「はやぶさ15号」です!

イメージ 5
E5系新幹線「はやぶさ/新函館北斗」
超ロングノーズのE5系、お久しぶりでございます^^

イメージ 6
やはりカッコいい はやぶさ のマーク

イメージ 7
普通車に乗車。

イメージ 8
東京から4時間程で新函館北斗に到着!
いやー本当に新幹線で北海道に行けてしまう時代になるとは・・感動です。

イメージ 9
将来ホームになるところ

イメージ 10
ここから長万部・小樽を経由して札幌に伸びるんですよね・・。
函館〜札幌は1時間程になるんだとか。早く開通しませんかねぇ

イメージ 11
せっかくなので駅舎をご見学

イメージ 12
あくまでも新函館北斗駅は乗換駅、駅前は特に何もなかったです。

イメージ 13
駅の中は大変綺麗でした。

イメージ 14
在来線ホームへ

イメージ 15
降りると北海道色のキハ40がお出迎え
本当に北海道に来たんだなぁ・・

イメージ 16
キハ281系「スーパー北斗/札幌」
新函館北斗からはスーパー北斗で札幌へ

イメージ 17
リニューアルで座席が綺麗になったんですね

イメージ 18
新函館北斗から3時間、関西から12時間程で遂に札幌に到着!
いやー長かった・・が楽しかった!


次回に続く

開くトラックバック(0)

イメージ 1
221系K19編成「普通/近江今津」
この日は大阪環状線の201系の試運転が湖西線であるという事で撮影に行きました。

イメージ 2
681系1000番台+683系「サンダーバード/金沢」
試作編成のW01編成も来ました^^

イメージ 3
221系K23編成「普通/近江舞子」

イメージ 4
223系2000番台+1000番台「新快速/敦賀・近江今津」

イメージ 5
113系L15編成「普通/近江舞子」

イメージ 6
683系4000番台「サンダーバード/金沢」

イメージ 7
201系「試運転」
狙いの201系は危うく新快速に被られかけましたが何とか(汗

イメージ 8
比良山系と201系を・・

イメージ 9
683系4000番台「サンダーバード/大阪」
復路は琵琶湖バックに撮れる鵜川へ

イメージ 10
201系「試運転」
雲に日が隠れて一時はどうなるかと思いましたが、通過直前に晴れてくれて個人的に満足の良く結果に


琵琶湖を背に走る201系・・


以上で撮影報告を終わります

開くトラックバック(0)



イメージ 1


かなりお久ぶりです。
Twitterの方では頻繁に更新しておりますが、ブログの方は昨年の9月ぶりと・・異常な放置っぷりで(
さて、先月の初め頃に前々より欲しかった485系スーパー雷鳥(HG品)をやっと手にいれることが出来ました!基本セットと珍車・クモハ485-200を組んだ3両増結編成の増結Aセットの10両編成です。

イメージ 2


先頭車を並べてみました。
いやー感激。一応中古品で、この時期のTOMIX製の動力車は未使用でちゃんと保管していても銅板が錆びてくるとかでメンテナンスがなかなか大変な代物f^_^;
案の定といいますか、動力車がすごく不調だったので磨いたり色々と整備してちゃんと走れるように修理しました。モーターが死んでなければ基本なんとかなります(ぇ
修理ついでに増結編成の動力車をトラクションタイヤなしの補助動力車化しました。

イメージ 3


カッコいいパノラマクロをもっと良くするために、連結器奥とガラス内側の車体色が見えてしまってる部分を黒塗り。2枚目のクロと見比べていただけると違いが分かるかなと。

イメージ 4


スーパー雷鳥といえば、この併結ですね!
スーパー雷鳥は結構編成変化がある列車で、最初は基本セットと同じ7両、のちにモハユニットを足して9両化、そして今回購入したスタイルの7+3の分割運転化、そのあと分割編成の半分を「しらさぎ」に回されたと同時に10両貫通編成が誕生、末期は10両貫通と7+3編成は共通運用(僅かに7+3固定運用があったそうですが)となり683系導入でスーパー雷鳥は廃止となり、車両は「しらさぎ」に回されたのでした。
10両貫通編成を再現するのに必要なのが増結Bセットとなります。こちらは珍車・クハ481-800が入ったセットです。10両貫通編成にするとクハが余るんですよねぇ(汗

イメージ 5


スーパー雷鳥の目玉車両といえば此方も忘れてはなりません。サロ481-2000です。
食堂車を改造した雷鳥用お座敷車「団らん」車を更に改造した車両です。
サシらしさを残した独特の車体が特徴的です。

イメージ 6


購入して数日後、友人らとの運転会でデビュー。これに合わせて買ったようなものだったりf^_^;


他にも放置期間中に購入しましたが・・それはまた後日の更新ネタとして(汗

では。

開くトラックバック(0)


イメージ 1

購入してブログに載せるのを忘れておりましたf^_^;
8月末にグリーンマックスより発売された「113系7700番台40N体質改善車」です。
モデルは地元・湖西線で活躍する近キト所属の編成です。更新色、地域色共に動力付き基本セットと完全トレーラー車の増結セットの2種類が用意されました。
自分は更新色基本と地域色基本・増結の3セット購入しました。

イメージ 2

更新色基本のモデルは近キト最後の更新色編成となったL8編成、地域色基本はL16編成、地域色増結はL17編成でした。
購入しなかった更新色増結はL16編成がモデルです。近キトに4編成所属する40N統一編成のうち3編成が製品化となりました。
今回製品化されなかったL15編成は中間車・モハ112/113が5700番台の40N車なので、製品化が見送られたと思われますf^_^;

イメージ 3

パーツ取り付け以外にも行き先表示、優先座席マーク貼り付けなど色々と軽く手を加えました。

イメージ 4

製品に付属している編成同士用の連結器は色々と面倒ですし、前に製品化・購入した30N編成とも連結したいなと思い前面をTNカプラー化しました。

イメージ 5

スカートのジャンパ管もスカート本体と同じ薄いグレーのままだったので黒色化。前面ホロも表に出るところを実車同様に黒色化しました。

イメージ 6

色々とやってたら時間がかかり、走行は購入から何日か経ってからf^_^;
今回は動力車がグリーンマックスが本気を出したと言ってもいい新型タイプになっています。かなり静かで物凄く滑らかに動きます。前までのグリーンマックス動力車が嘘のようf^_^;
車体の完成度もなかなかよく素晴らしい出来です。



イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

最後に先に40Nを製品化したマイクロエースの製品と比較を・・。

では。

開くトラックバック(0)

全356ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事