ここから本文です
滋賀県湖西発鉄道浪漫発信局
お知らせ:「近キト117系編成図」の「S2編成」と「近キト113系編成図 L編成」の「C10編成」の項を一部更新しました。

書庫全体表示

記事検索
検索
イメージ 1
京阪600形619-620編成「近江神宮前」
この日は天気が良かったので少しだけ浜大津駅前で撮影をしました。
まず来たのは「響け!ユーフォニアム」ラッピング

イメージ 2
京阪600形607-608編成「坂本」

イメージ 3
京阪600形605-606編成「近江神宮前」

イメージ 4
京阪600形617-618編成「近江神宮前」

イメージ 5
京阪600形613-614編成「坂本」

イメージ 6
京阪600形603-604編成「近江神宮前」
元特急色の編成です。

イメージ 7
京阪600形609-610編成「坂本」

イメージ 8
京阪700形709-710編成「近江神宮前」
先日運用から復帰した「鉄道むすめ」ラッピングです。

イメージ 9
京阪700形709-710編成「石山寺」
続いて三井寺駅前に移動しました。

イメージ 10
引いてもう一枚

イメージ 11
京阪600形609-610編成「石山寺」

イメージ 12
最後に「黄前久美子」HMを撮影して撤収しました。


以上で報告を終わります。

開くトラックバック(0)

イメージ 1
EF65+14系改 サロンカーなにわ
この日はサロンカーなにわを使用した婚活ツアー列車が走るということで瀬田川へ
送り込みは寝たいという気持ちが勝ち撮ってません(笑
牽引はトワイライト色の1124号機で、サロンカーなにわは5両に短縮された編成でした。

イメージ 2
京阪700形705-706編成「石山寺」
続いて浜大津駅前に移動し、デザインが変更された ちはやふるラッピングを狙いに行きました。

イメージ 3
引いてもう一枚

イメージ 4
京阪600形609-610編成「石山寺」

イメージ 5
京阪600形619-620編成「近江神宮前」

イメージ 6
京阪600形613-614編成「石山寺」

イメージ 7
京阪600形601-602編成「坂本」

イメージ 8
京阪600形603-604編成「石山寺」

イメージ 9
京阪700形705-706編成「坂本」
ちはやふるラッピングの折り返しを撮影し移動しました。

イメージ 10
323系LS01編成「試運転」
先週の木曜日・6月30日に出場試運転をした323系が同じスジでまた試運転をしているということで復路を狙いに堅田へ
休日とだけあって多くの人が来ていました。

イメージ 11
かなりゆっくり通過したので引いてもう一枚撮影できました。


以上で報告を終わります。

開くトラックバック(0)



イメージ 1

最近、2つほど加工をしましたので軽くご紹介を・・。
まずはKATO製485系のグレー屋根化です。
製品そのままでは銀屋根ですが、実車では昭和50年代頃より一部を除き検査を受けた後はグレー屋根になっていたそうです。自分は1980年代前後の設定にしたいので今回思い切ってグレー屋根化を実行しました。


イメージ 7

まずは屋根を外します。
車体と床下を外すだけでなく、ガラスパーツも外す必要があります。あと屋根上のライトや信号炎管、モハ484のパンタ周りの機器など別パーツの物も全て外しました。



イメージ 2

屋根とクーラーも分離してそれぞれ塗装します。



イメージ 3



イメージ 4

屋根はMrカラーの軍艦色2、クーラーはMrカラーの軍艦色1としました。比較用にTOMIX製の485系と比較してみました。全体的に明るめですが、個人的には問題なしな色合いです。



イメージ 5

屋根が乾いたら屋根上の別パーツではないベンチレーターなどをクーラーと同じ色に塗装するためマスキングします。これがなかなか大変。当分やりたくない()



イメージ 8

最後に外していたパーツを付けていきます。モハ484の屋根上の機器は細かいパーツゆえ破損、紛失しないかドキドキの作業f^_^;


イメージ 9

そして完成したのがコチラになります。
個人的には良い感じに仕上がったかなと思います^_^
やはり485系は銀屋根よりグレー屋根!と自分は思いますf^_^;

イメージ 10

イメージ 11

300番台編成とボンネット編成を別々に・・。
ボンネット編成はトップコートが無くなる、塗装が剥がれるなどトラブルが続出し、工期がかかりましまf^_^;



イメージ 6

これで我が家の485系は全てグレー屋根となりました。






イメージ 12

次にご紹介するのは最初の鉄道模型であるEF65 1000番台の改修、改造です。
14年以上前に購入し、長らく我が鉄道で活躍していましたが、当時の扱いの悪さから欠損パーツ多発などボロボロに。近年は新しい機関車の購入で部品取り、保存車両状態となってました。
今回、ちょっとした気の変わりから思い切って改修する事に決めました。モーター、ライトは問題なく動作、生きていましたので欠損パーツの補充だけとしました。


イメージ 13

まずは自宅で確保できる余りパーツをかき集めて車体を完成させます。



イメージ 14

パンタ下を塗装、側面にJRも貼り付けて国鉄仕様は新製品版であるので、前から欲しいなと思っていたJR西日本の下関仕様に改造する事にしました。改造と言ってもナンバーも実際には下関にいない車両の番号など色々と違いますから「下関仕様タイプ」ですねf^_^;


イメージ 15

とりあえず今あるパーツで組み立て。

台車は先程も使用したMrカラーの軍艦色1で塗装しています。


イメージ 19

アーノルドカプラー、カプラー受け、中間台車を新たに購入して台車と同じ軍艦色1で塗装し完成です。下関のPFっぽく出来たかなと思いますf^_^;


イメージ 16

今回の改造品(左)と国鉄仕様の新製品(右)の並び。

何年かはロクに使ってやれなかったので、今後はそれ以上に大切に使ってやりたいところです。


イメージ 17

サロンカーなにわ と。


イメージ 18

同じようなアングルの改修前の姿を。
今回のは我ながら完璧に復活させられたなと満足し思っております(笑

以上で終わりです。
改造の参考として頂けたら幸いですが、改造は  自  己  責  任  ですので「この記事を見てやったら失敗した」などと言われましても責任は一切負えませんのでご了承を。




では

開くトラックバック(0)

イメージ 1
323系「試運転」
この日は満を持しての登場となった大阪環状線用新型車両・323系の近畿車輌出場試運転が行われました。
試運転ルートはこれまでの287系や225系5100番台などとほぼ同じで、湖西線に入り永原で折り返すルートです。
という事で往路は試運転の時にしか見れないであろう琵琶湖バックの志賀〜蓬莱間で

イメージ 2
323系「試運転」
復路は近江舞子駅で。
編成はLS編成で、今回のはLS01編成になります。

イメージ 3
京都駅で3度目の撮影

イメージ 4
乗務員扉横のロゴです。

イメージ 5
ドアの周りはこんな感じ

イメージ 6
こちらは女性専用車両のドア

イメージ 7
側面表示機は227系からのと同じですね


イメージ 8
オマケ程度ですが・・
323系発車後しばらくして亀山配給で使われたDD51の単機回送が来ました。


以上で報告を終わります。

開くトラックバック(0)

イメージ 1
湖西線の強風による遅延、運休の原因となる「比良おろし」対策として志賀〜比良〜近江舞子〜北小松間に設置されている防風フェンスですが、新たに志賀〜蓬莱〜和邇間でも設置工事が始まっているのを確認しました。
前々より三日月滋賀県知事より「この区間にも設置したい」といった話が出ていましたが・・いよいよ現実のものとなりました。

イメージ 2
志賀〜蓬莱間は本格的な設置であり、記事を書いた時点では設置を終えた区間もあれば未着工の区間もあったりしています。

志賀〜蓬莱間はかの有名な琵琶湖バックに撮れる場所のある区間であり、撮影スポットの区間にも設置されるかどうか気になる所です。
工事内容は知りませんので「なくなる」と断言できません・・。今回は「不明」としておきます。
記事を書いた時点では建設スペース確保の様子すらない完全未着工状態でしたが・・動きがあり次第お伝えします。
「撮影地がなくなるのでは」と不安な方は・・万が一もありますので一応お早めに訪れる事をお勧めしておきます。

イメージ 3
蓬莱〜和邇間に関してですが、こちらは主に道路との立体交差部分の一部にのみ設置されていました。蓬莱駅付近は本格的に設置されると思われますが、和邇駅付近は何ともです・・。


以上で報告を終わります。

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事