メガツイン鼓動とチョイ駆け!

見せてもらおうか最新鋭のバイクの性能とやらを♪・・・すみませんでした(爆)

全体表示

[ リスト ]

うちの父親の再婚相手が土曜日に急に倒れてしまい助かる見込みが無いみたいです。

今は植物状態で延命処置無しみたいです。

その理由は出血箇所が頭の中でも手が付けれない所らしいみたいです。

このままずつと生き延ばしても快復の可能性(現状脳死状態)無しなので

親族(除外私)で話あい決めたみたいでした。

その植物状態の嫁の心臓が弱り死ぬのを待つだけと親父が親父の子供達の前で

悲しそうに言っていました…

その状態を私に知らせてきたのは倒れてから4日目の日でした

私とその父親の再婚相手とは色々あり母と認めることも無く、

でも色々あり親父の嫁とは認めましたが

同じ苗字でも墓も別、今後も別の道との事で了承を得て別々で暮らしていました。


父は再婚していたので先々の事は勝手にやって行けると思ったので、

私は実母のそばで何かあったら大変なのでと思い近所に越して生活していました。


そんな時、突然父親から急にうちのやつ(再婚相手)が倒れたと、いつもの親父とは違い

何か取り乱したみたな感じで電話がありました。


突然やけど迷惑でなければ生きていた証としてまだ生きているうちに

顔だけ見てほしいと言ってきたので、私は父親の意見を尊重して顔を見に行ってきました


もちろんその再婚相手の人の意識なんてありません顔も以前に比べると、ただ眠っている表情の無い

人形みたいな感じでした…


私が、冷たい人間と思われようが、私と嫁とその再婚相手とは色々ありましたもので…


時に包丁を振り回し我が家に来たり訳も分からない言いがかりをつけられ

大声で罵られたりと…


でも私と嫁さんは親父とその再婚相手の人と納得のいくまで話し合い

親父側の親族を承認に、苗字が一緒でも別家族という条件でお互いの道を行くようになりました。


その後、私は、母親と妹の住む私が育った地区に移り住みました。

そしてここ最近までは今の生活をしてきました。


親父は再婚相手とチョッと異常(今風でない昭和初期みたいな)家庭を築き生活していました

その親父にも、うちの長男と二つ違いの娘もいましたから…


連れ子(妹と同じ年の娘、今は、嫁いでいる)再婚後の長女(就職して働いている)
次女(中三)みたいな感じです。


そんな親父たちと、もめたと言っても今から十二年前の事ですけど…


お互いが違う道を歩み始めてから十二年経ちましたが、

それなのに、うちの実母はその親父に頼まれて死に際の(まだ植物状態ですが生きていますが)
その再婚相手に会ったことを

信じられない、苗字が親父姓だからあんたは、我が家(母親側)の恥さらしやと散々言われました…

私はただ死にに逝くだけの過去に散々あった人にお別れをしに行く(親父の嫁とは認めたから)
感じで行ったのに

その事も許せない母親の怒り?みたいなものに怖さすら覚えました

確実に死んでしまう人に対してそこまでの怒り?親父を許せない怒り?その人にお別れに行った私への怒り?

なんだか、人間の醜さを見せ付けられたみたいでした

その父親と母親から生まれてきた私は究極の駄作だったんでしょうね…

私の存在があるのにその事を許せない母親の憎しみは私の存在自体全否定されたみたいで

なんだか無性に悲しくなりました…

苗字が違うだけで私が死んだら葬儀に出られないと言う母親と

苗字が違うから恥ずかしくて親戚の祝い事には呼べないとか、葬儀には呼べないとか

私の家族は母親から見たら苗字が違うだけで恥さらしな存在なのでしょうか?

その原因の離婚をした張本人は相手の苗字は嫌だというのは分かりますが

離婚当時は、私は成人してましたし、仕事にも就いていました、そして結婚もしました。

その私がその当時の苗字(親父の苗字)を今も名乗るのは恥な事でしょうか?

その苗字で母のめんどうを見るのはおかしな事でしょうか?

苗字はそんなに大切なんですか?

その苗字で今まで働いてきたのに母のそばで母を気遣う為には我が家の苗字を変えないと

母親の恥になるんですか?

日々悩んでいます…

はっきり言ってこんな事になるんなら子供達にじいちゃんやばあちゃんは必要無いと思いました。

実際長男はじいちゃんばあちゃん知らず次男も知らず唯一長女だけは私の実母をばあちゃんと思っています。

でも苗字が違ううちの娘(孫)は母親からすると世間の恥なんでしょうね…

親父とは同じ苗字ながら墓は共有しない、お互いの家庭に踏み込まないと決めていたので

我が家の子供達は何にも祝い事をしてもらっていません七五三も無し子供の日も無しひな祭りも無しです

そのぶん私達(私と嫁)で出来る限りをしてきたつもりです(友人たちの助け有りですが…)

そんな事も、突然倒れてしまった親父の再婚相手の最後の生きている姿(脳死なので意識はありません)を

見舞いに行っただけなのに母親から恥さらしのレッテルを貼られてしまいました

本当の恥?人の生き死に以上に大事な苗字?私には理解できません

私自体両方の祖母からは親の悪口は言われた事はありませんでしたから

離婚した相手(親父)を今だの私の子供の前でも貶す母はちょっと悲しくなります

父親の再婚相手の死よりもそれを貶す母の姿が無性に悲しくなりました…

離婚して本人が被害者なのは分かりますが、その子供も被害者なのを分かってほしいです

親父は私の知るかぎりでは存在が凄く小さくなりました…可哀想なくらいです

母親は離婚後何にも変わらないので今だ悲劇のヒロイン状態です

一つの家族として頑張れといってくれるバブル時代はわが道状態だった今は落ち目の親父と

バブル時代からの感覚で今だもって悲劇のヒロイン演じる母親

なんだか差別や、区別が入り乱れているちんぷんかんぷんな状態の変な状態です

離婚した両親が悪いのか私みたいに成人して働いて結婚して子供がいて

親父側の苗字を名乗る私が再婚をしていない母親の面倒を親父側の苗字のまま

見ようとするのが、悪いのか、なんだか気が狂いそうです…

自分が苗字を変えれば良いのか?悩みます…

離婚の原因以外に今回親父がこんな意なった理由に私が親父の会社を継がないと言うのもあるみたいなので…

苗字とはこんなに重たいものなのですね・・・

仕事も大変なのに親のこととかで憂鬱になります。

我が子にはそんな思いをさせたくは無いとつくづく思う私でした…

憂鬱です。

閉じる コメント(7)

顔アイコン

チィーパパさんの家庭事情からすると、私の家族は極々平凡な家庭ではありますが、教員という職業柄いろいろな生徒の家庭事情を垣間見る機会があります。親も人間の子ですから利己的な感情をむき出しにすることもあります。
お母様はチィーパパさんを大切にしているからこその言動だとは思いますが、大きな気持で見守ってあげることこそ親の務めではないかと私は思います。
私の弟も若干の心配ごとを背負って結婚しましたが、私の親は快く送り出してやっています。私は未だに弟の事が不安ですが、「さすがに親だなぁ」と両親の対応に感心しているところです。
いつ自分の身にも親族の問題が降りかかるか分かりませんが、難しい問題です。

2009/11/27(金) 午後 0:00 めい 返信する

顔アイコン

かなりの複雑な家庭事情に驚きました。
私は結婚して実家に暮らした後、ありきたりな喧嘩で外に出ましたが、家の繋がりの話をされ、やはり昭和半ばの親は家や苗字や親戚との繋がりはとてつもなく重いものなんだとのたまわっておりました。
とても簡単には慰められない問題だと思います。励まし方も思いつきませんが、亡くなる方とお父さんへの配慮としては、悔いを残さないための良い判断だったのではないかと私は評価します。
あまりお気を落とさずに。そんな状態でバイク飛ばしたりなさらないように・・・お気をつけくださいね。

2009/11/27(金) 午後 10:49 キムヒロ 返信する

顔アイコン

>めいさん
>nisikaze11さん
>きむひろさん
返事遅れてすみません<(_ _)>
人の生き死にに対して母親の対応がなんだか悲しくなりました
私自体誰かの心の片隅に生きていた証を残したいと思っております
死んでしまったら実際お骨以外何にも残らない現状ですから…
その存在を認めれない大人にはなりたくないです(十分大人ですが)
今回、人としての器の小ささに実の母親ですが少々悲しくなりました
両親がいない私の現妻に結婚する前は
『両親がいない娘なんて世間の恥と』言われ
他人の事情を受け入れない母親に、愕然とさせられ…でした
今回その母親と仲が良くなっていた矢先
父親の再婚相手の死(まだ脳死状態で生きています)への侮辱…
一度は結婚した相手なのにその再婚相手に対する変な恨み…
ほんと人は醜い生き物だと思い知らされました
今回ばかりはほんとうにかなりガッカリしました
親孝行の信頼性0のチィーパパでした
皆さんのお気遣いまことにありがとうございました<(_ _)>

2009/11/28(土) 午後 10:07 チィーパパ 返信する

顔アイコン

チィーパパさんの気持ち痛い程わかります・・・。
実は、私も・・・複雑な家庭で育ち・・・
父親とは、一切交流していません。再婚相手の義母と合わず・・・
家を出ました。二十歳の時でした・・。
今は、実母の近くで暮らしています。(今は母も再婚し、安心です)
私も、実父の、もしもの時や、義母の時にも、実家に行かなければ
ならないのか?と思っています。
私は、本家の一人娘で・・・でも・・・義母と合わず、家を出てしまいました。
ですが、親戚とは今も交流があり・・・多分知らせは来ると思います。その時、自分はどうするんだろう?と思ってます。
チィーパパさんは、自分の思った通りの行動でいいと思いますよ♪
お母様の言葉・・・悲しいですが・・・流しましょう!
私の所も田舎で・・・苗字とか、面倒なことあります。
でも、もう自分も大人で・・・自分の判断で父方の親戚とも、実母と
も付き合ってます。
大丈夫!私も親不幸者ですよ(*^-^)
自分の家族を一番に・・・チィーパパさん!頑張れ〜♪

長くなっちゃった^^:・・・サーセンm(_ _;)m

2009/11/29(日) 午後 8:19 [ オレンジ ] 返信する

顔アイコン

オレンジさん

こんばんは♪

気がだいぶんおちついてきました
長男次男みたいに、じいちゃんばあちゃんを
知らないで育つような事を娘には、させたくなかったんですが
どうやら難しいようですね…苗字のおかげで…

散歩や買い物の時に、娘の今日ばあちゃんちに行く?の問いかけに
今日は行かないよと答える自分と嫁との心の中は複雑ですが、
単純にばあちゃんちに遊びに行きたがる娘の気持ちは
うちの母親には、わからないみたいです…

次男の運動会の時も前もって誘っていても
当日は用事があるから行けないとか
自分のほうからは、全く動きませんからね…
うちからアクションかけないかぎりは、ほぼ絶縁状態ですから…

ま〜妹もまだ実家にはいるのでしばらくはこの状態で
ちょっと距離をおこうと思います

近付き過ぎたのかも知れないので
自分なりの反省を踏まえたうえで付き合い方を
考え直していこうと思います。

お気遣いありがとうございました<(_ _)>

2009/11/30(月) 午前 0:04 チィーパパ 返信する

顔アイコン

チィーパパさん、ちょっと伺わないうちに、大変でしたね。
(すみません。あとで、ファンポチさせていただきますね)

我が家も先日、母と妹の問題で、ガッカリしたばかり。
母親というのは、懐が深く偉大な存在だと思っていたので、
自分の勝手な思い込みに、愕然としてしまいました。
母もまた、1人のただの人間だったのです。

ただ、私が子に対して思うのは、子は自分の分身。
反抗しても、自分の子供であって、
私がいつでも子どもの味方であると思うのと同じく、
子どもも私の味方であると思い込んでいるところがあります。
お母様はまだ過去のことから、放たれていないようで、
まさか自分の息子が、その相手のお見舞いにと思うと、
裏切られたような気がしてならなかったのですよ。
苗字が違っても、息子は自分の分身であると思っていたので。
お母様も苦しまれていることと思います。
ここはチィーパパさんが、大きく構えてあげてくださいね。

2009/12/1(火) 午前 2:20 [ 豆大福 餡子 ] 返信する

顔アイコン

>豆大福 餡子さん

こんばんは

私は結婚前に母親と今の嫁とで大喧嘩してしまいました
理由は両親がいないという事です
今の嫁は施設出身で苦労もしていました

そんな当時の彼女に恥だから息子と別れろととか
絶対に認めないとか言われたので、私は当時家を出ました
もちろん私は成人で仕事にも就いていましたので

そんなこんなで結婚を認めてくれたのがうちの親父だったので
その親父の苗字を名乗っています(成人して仕事もしていたから)
その苗字が気にくわないと言われても
当時私たちが受けたあの屈辱を考えると納得はいきません

一人身の母親を気にして七年前に近所に越してきたのに
ちょっと近づきすぎたのかも知れませんね

なんだか苗字の問題なんですが、
私から言わせたら離婚は問題なかったのか?と言いたい気分です
両親も色々あったからと私なりに理解していたのに
私達の事には何にも理解してくれようとはしない姿勢が
私には非常に不愉快でしたそれ以上に憂鬱でした

何か変化があったら良いのですが…

うちの母親は近づき過ぎるといけないみたいですね(失笑)

2009/12/1(火) 午後 11:42 チィーパパ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事