メガツイン鼓動とチョイ駆け!

見せてもらおうか最新鋭のバイクの性能とやらを♪・・・すみませんでした(爆)

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

逝ってしまいました

本日親父の嫁さんが逝ってしまいました

再婚相手なので私の実母ではないのですが、

私にとって色々とあった方なので

私自身の心境は複雑です

でも私以上にその人は残した3人の娘にたいして心残りだと思う

言い争いから逃げていた私に対して言いたいこともあったと思う

そんな立場の状態で昨日まで生きてきた、その人を

うちの親父は『あいつは信念を曲げず太く短く生きた人間や!』と言っていました

まだ51歳の若さで(親父とは15歳離れているから)うちの親父より先に逝くとは

私自身未だに、ちょっと信じられません…

嘘を嫌い素直な事しか言わない親父の再婚相手は凄く純粋に生きたと私は思いたいです。

嫌な局面で逃げていた私に比べると自分の意見はしっかり言う

たとえそれが親父に対しても、そんな彼女は本当に純粋な人だったと思います


自分が言うのもなんですが

安らかにお眠りください



私は最後の最後まで親族としては何も出来ませんでした

親父も私の家族と実母の関係を気にしていてくれていたので

通夜の時も同じ苗字でも親族よりではなく一般席での参列に配慮したりと

気を使わせてしまいました…


同じ苗字でも私の入る余地の無い新たなその家族と

実母でも今回の見舞い騒動で苗字の違いから絶縁状態になる家族

なんだか複雑でしたが、

そんな時私にたいして、親父が見舞いも通夜も来てくれて『アリガトな』と何度も言う姿が、

私にとってすごく人の命の大事さをわかっているような気がしました


それと命と言えば、私は私の母と父がいないとこの世に生まれる事はありませんでした

それと同じく離婚した父が再婚した相手(故人)がいないと

そこの娘たちもこの世に生まれる事はありませんでした

命とは喜ばしいのですが私の中では良い意味で複雑です

でもそれは私の問題なので今日は親父の家族と言う意味では

そこの家族の命に対する考え方は、シンプルでうらやましかったです



親父は今夜は盛大に送り出すぞとお通夜の後棺の前で酒を片手に語り飲んでました

その親父には昔の偏屈で堅物な面影は無く親父を娘たちが囲みその親族や

周りの友人たちで送りだそうとしている風景はなんだか自分的には涙が出ました

ほんと何にも出来なかった私がどれだけ小さな人間だったかを

思い知らされたような気がしました


重いぼやきでほんとすみませんでした<(_ _)>

開く コメント(12)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事