ここから本文です
熊野古道に興味津々の方々 御案内致します(古道 ガイド)

書庫全体表示

熊野古道  青岸渡寺

仁王門をくぐって 石段を上ると 青岸渡寺の屋根が見えて来る この寺は信長によって
焼かれている(天台宗の為) その後秀吉が再興している 
本来は 如意輪堂で有ったが 明治の廃仏稀釈で 無住寺になってしまった ご本尊の
如意輪観音は 山を下りて 麓の市野々下地の宝泉寺に疎開していた 
如意輪観音が如意輪堂に有ると 寺と見なされ 焼かなければならなっかたらしい
岐阜から 住職が見えて如意輪観音は 如意輪堂に戻られ 寺も青岸渡寺と改名されたそうです 名前の由来は 真言宗 高野山から頂いたそうです 高野山の寺名は 青岸寺だったそうです
青岸寺に渡って来る寺で 青岸渡寺と為ったそうです 本来天台宗で寺名は真言宗です
寺内には 大きな鰐口が有ります 重量は450kgだそうです 石 秀吉さん大きな物や 光る物が大好きだった様です
 
イメージ 1
青岸渡寺 西国一番札所
イメージ 2
             450kgの鰐口
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
役行者  山伏の元祖

イメージ 7

           続きは 明日?










顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事