小江戸大鍬飼育記

2015年夏よりオオクワガタの飼育を始めました。

2017 1本目投入完了

どうもMJです。更新が滞っております。
仕事は6月末に一山超えたところでありまして、またこれから炎上盛り上がっていく感じです
6月11日より五月雨で投入してまいりましたが、7月1日に最終の投入を終えました。

イメージ 1

①♂83.0 クマモン氏  × ♀53.5 B団とも氏 ⇒ 39本
②♂83.0 クマモン氏  × ♀53.5 sendo氏   ⇒ 10本
③♂83.5
B団とも氏  × ♀51.5 masuko氏 ⇒ 26本
④♂83.5 B団とも氏  × ♀52.0 masuko氏 ⇒ 17本
クマモン氏からの里子
 9本
計 101本となりました。
菌糸はLEVINGSP、E24、S8、GGT(Blue)となっています。

今年よりエアコンでの管理となりますが、エアコンでの管理もなかなか難しいと感じています。ここ数日は関東では30℃超えで、エアコンを持ってしても室内温度に結構なブレが生じます。エアコンにサーモスタッド+自動復帰や、加温器具の設置をすれば改善できるのでしょうが、ちょっとそこまでは今年は出来そうにありません。我が家のエアコンだとリモコン設定温度の−2℃付近の室温になります。日中の暑い時間帯は
リモコン設定温度の−1℃くらいまで一時的に上昇します。

ぶっちゃけ1本目の温度は何度がいいのか?!
なかなか難しい問いなのかもしれませんが、これって答えがあるようで無いような?割り出し〜プリカのときは25℃〜25.5℃で管理していましたが、菌糸瓶1本目は現在、24℃〜25℃付近で管理中です。今月中頃に1度上げて25℃〜26℃付近で管理しようと思ってます。本当はもっと高めのほうがいいのかもしれないし、そうじゃないかもしれない・・・。
昨年の高温による管理の反省を活かして、やや低めからスタート。
菌糸の種類や、血統や、産地によっても違うでしょうからこれがBEST!!っていうのは難しいとこですよね?

2017は久留米表年とのことで、少しでも大きく育てられるよう管理をしていきたいと思います。久留米は裏年、表年が存在するそうです。裏は産卵の減少や、大型化しにくいといったことだと思います。違ったらご指摘下さい。

昨日ビークワ入荷のお知らせがあったので、ネットにて購入しました。
イメージ 2

日本のクワガタムシ特集ということで、親しみやすく、記事もいつもにも増して良いです。またこれから買う人もいらっしゃると思うので多くは書きませんが、美形コンテストの優勝の個体がすっごいです。かっこいいです。

イメージ 3

家の軒下で飼育していたカブトムシの幼虫が成虫になっていました。しかしながら、もっと中にいるーと息子が衣装ケースをかきまわし、蛹をいくつか潰しry 2♂2♀が無事成虫となりました。

こどもももうすぐ夏休みですが、スタートと同時に柔道の合宿、長男は林間学校、日本武道館での錬成大会等、7月から予定満載です。お父さんは引率を頑張ります。

この記事に

開く コメント(6)

幼虫投入開始

皆様こんにちは!どうもMJです。読み逃げばかりしてすいません。
さて、仕事が絶賛炎上中でありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

久留米オオクワガタブリードですが、産卵セットを経て、割り出し、投入とステージを徐々に進めております。
ブリードスペースが無いので、今年は菌糸プリカをLGSPで作成し、
卵割り出し⇒マットプリカ⇒孵化4〜5日⇒菌糸プリカ⇒2令に加齢⇒菌糸瓶
の流れです。2016が蛹〜羽化中なのでほんとスペースがryそれでなくとも菌糸詰めのブリード用品やら何やらで部屋が狭くなっていきます。妻の目が怖いです。

産卵状況ですが
①♂83.0 クマモン氏  × ♀53.5 B団とも氏 ⇒ 40超え
②♂83.0 クマモン氏  × ♀53.5 sendo氏   ⇒ 8 +(孵化待 4)
③♂83.5
B団とも氏  × ♀51.5 masuko氏 ⇒ 24
④♂83.5 B団とも氏  × ♀52.0 masuko氏 ⇒ 17

②ラインが空砲、赤玉が多く、稀に普通の卵が発見できるという状況でした。再ペアリングし、10日程再産卵させましたが、結果は芳しくありませんでした。この場合は♀の異常と考えていいのか、如何せん経験が無い為判断もつかないのが厳しいとこです。

今年度は親種をほとんど入手することが出来なかったため、クマモンさんに里子をお願いしました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

クマモンさんいつもありがとうございます。

今年の菌糸はエクシードクラフトのLGSPを軸にE24を数本、神長S8(S3とS5を自分で混ぜる)、Grand-G(ブルー) 基本は夏季を経る為我が家の環境では高温になってしまうことが予見される為、高温に強いオオヒラタケ系の菌糸を軸にしようと考えました。今年度は日中はエアコンつけっぱ管理の予定なので昨年の床下よりは温度管理が出来る・・・はず。

エクシードクラフトさんの菌糸ブロックは、まとめ買いすると割引がかかるのと、1ブロック800ccに瓶込みで600gで詰めてほぼ4本取れます。神長さんのとこは3.5本くらいですね。Grand-Gは安いのですが、1ブロックからは3本ちょっとしか取れません。あとすっごい微粒子だと思います。崩すとふかふかになるくらいです。
本日は20本ほどプリカから菌糸瓶へ行ってもらいました。

そして2016の羽化状況ですが、30g台はとにかく羽パカ羽パカ羽パカと2016年度、オオクワブリード初年度は最後にトドメを刺された感じですOTL.。

菌糸瓶の早期劣化や、体重がなかなか乗らない、そして無事羽化にたどり着けないと、オオクワガタめっちゃ難しいと痛感しています。反省点を少しでも活かし、今年度改善していきたいと思います。

イメージ 4

夕方羽化し始めだったので、先程撮影。羽はパカってない・・・。29g〜なので大きくはないけど、無事に羽化してくれ!!と祈る今日この頃です。

この記事に

開く コメント(10)

産卵セット開始

みなさんこんにちは。どうもMJです。
先週の日曜日にこどもの全国大会の予選の地区大会がありましたが、1回戦負けと力振るわずで、息子が体重29kgで一番軽く、相手は上は44kgまでの子達との対戦となりますが、1回戦で地区でも1,2を争う強い子とあたってしまい、結果その子が優勝しました。全国大会は北海道だそうです。行きたかったなぁ笑

GWに突入しましたね。私の仕事は暦通りなのでまた週明け2日は普通に仕事で、月初ということもあり、やることがてんこ盛りちんこ盛りであります

先日クマモンさんからのカワラ植菌材がとどき、ペアリング後1週間たったペアから先程産卵セットに投入しました。

イメージ 1

イメージ 2

到着したその日に皮を剥き、昨年2本目綺麗な食痕より削り取っておいた幼虫の糞を塗り付けて、産卵セットにして1週間程寝かせておきました。(また幼虫の糞は少量のマットと混ぜ加湿して温室で保管しておきました。)
バクテリア的なものがあるのか私にはわかりませんが、実験的にやれることはやってみようという取り組みです。

クマモンさんの材はやはり流石で、1週間寝かせても全くカビがでなかったこと、硬さも丁度よい感じであること、恐らくこの品質のカワラ材はショップで手にいれることは不可能かと思います。あとは交尾が上手くいっていてしっかり産んでくれればと祈るばかりです。クマモンさんお忙しい中手配をありがとうございます。

ペアリング組み合わせ
♂83.0 クマモン氏 KM15’-11 × ♀53.5 B団とも氏
(85.6同腹
♂83.0 クマモン氏 KM15’-11 × ♀53.5 sendo氏 13-01
♂83.5
B団とも氏(85.6同腹) × ♀51.5 masuko氏 2015 6番(86.8同腹)
♂83.5 B団とも氏(85.6同腹 × ♀52.0 masuko氏 2015 9番(86.0同腹)

他に自然早期の自ブリ53.0(2月羽化)と51.5(1月羽化)を現在ペアリングしていますが、羽化より日が浅いのでちょっと無理かなぁ・・・と思いつつこれも実験で!

昇温中の温室からは蛹化したものがちらほら出てきました。
羽化は5〜6月ですかね。水分が飛んでしまった瓶からは暴れが出ています。2017年度は菌糸瓶の水分量をもっと管理出来るよう反省です。

イメージ 3

この記事に

開く コメント(6)

2017年度ブリード開始

皆様ご無沙汰しております。どうもMJです。

年度末〜仕事が忙しく中々時間が取れなくなっています。とある地方公共団体のシステムの開発を行っていますが、マイナンバーの対応や、国民健康保険の県域化等やることがてんこ盛りちんこ盛りであります。私はチームでは中堅といったところなのですが、何故かスケジューリングや顧客との段取り、打ち合わせ、進捗の管理等を全て行っています。上と下がもうちょっと気を利かして動いてくれると助かるのですがry
そんな中、こどもも3年生と5年生に進級し、学校に、柔道に頑張ってもらいたいところです。

ブリード初年度は3本目交換時の体重が最大35gと結果は厳しいものに。30gUPも数えるほどと、ブリードの難しさを痛感させられました。まだ結果は羽化を待たねばわかりませんが、無事羽化までもっていくことが最後の課題です。
初年度の反省としては1本目の温度が高め26℃〜28℃くらいになってしまい、早い段階で成長しきってしまったためか、2本目でほとんど伸びがなかったと感じました。
2本目は乾燥で数等の暴れが出てしまいました。屋内温室での管理でしたが、湿度のコントロールをしていなかった為、菌糸に乾燥が見られました。
3本目では温室内に菌糸瓶に水を入れてスポンジを突っ込んだ簡易的な加湿を行い(消臭○とかと同じ感じ)、菌糸瓶に至ってはフィルターシール+タイペスト紙で水分が外に逃げにくいよう工夫しました。酸欠とかにならないかと心配もありましたが、大丈夫なようでした。
3月20日に27℃まで上げ、現在26℃での管理を行っています。蛹室を作成しているものもあり、暴れも数本出ています。

さて2017年度ですが、♂2頭 ♀4頭の4ラインでいきます。
80頭前後の飼育で行こうと考えています。少数の管理をしっかりやっていこうという考えです。
妻にも小言を言われ続けているので(汗) 「クワガタにいくらつかうん?!」 この呪文。
「いやーはじめたばっかりで色々揃えるものもあったし、今年は〜ry」とお茶を濁して退散です。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

クマモンさん、B団ともさん、sendoさん、masukoさんからの種親になります。ギネスホルダーのshima1007さんからの累代の親が4頭です。

ペアリング前に5日程コバシャ小の環境に♂を慣れさせてから、本日より♀投入開始しました。期間は5日間を2サイクルで考えています。メスは取り出し後1週間程度休ませてから産卵セットの予定です。


イメージ 6

2017年度まずはペアリング。ここ躓かないことを大事にいこうと思います。

この記事に

開く コメント(6)

メリークリスマス!

メリークリスマス!!
皆様クリスマスはいかがお過ごしでしょうか?どうもMJです。
クリスマスを一人で過ごすことを「クリぼっち」と言うらしいです。ニュースで知りました。なんか卑猥な響きだなと思った私は頭がおかしいのでしょうか。

皆さんはクリスマスに聞きたい一曲ありますか?私はJohn Lennon - Happy Christmas War Is Over  を聞くのが毎年の恒例です。12/25も朝からyoutubeで音楽を垂れ流しながら午前中は菌糸詰めを行いました。

さて我が家のクリスマスですが、長男の誕生日が23日なのでケーキを食べるのは毎年23日。あとは惰性でクリスマスっぽい何かを食べ、24日の夜はこどもが寝てからプレゼントを仕込んで寝るという感じです。

イメージ 1

ケーキはいつもの如く祖父・祖母の差し入れ。この時期はクリスマスケーキしか注文できないのでたまには違うケーキがいいと長男はボヤいていました。(チョコレートケーキとかが食べたいらしい。)
長男は10歳になりました。大きくなったものです。それでもクラスでは背の順で一番前なんですがね
今年は長男はベイブレードのセット、次男はモモンガが欲しかったらしいですが流石に用意できないので3DSのポケットモンスター(ムーン)となりました。プレゼントの後は1週間後にお年玉ですね。年の瀬恐るべし。

イメージ 2

クリスマスの朝は早朝(4時頃)より起きだしてクリスマスプレゼントで遊んでいたようです。私は爆睡してましたが。

さて以前、ご厚意のコメント頂いた九州久留米党党首のクマモンさんより着弾がありました!!

イメージ 3

キター!!大人のクリスマスプレゼントォォォ!!
ぬぉぉぉぉ!!
クマモンさん。あなたは神ですか?サンタですか?


イメージ 4

体重が乗りそうなペアを選定して頂きプレゼントして頂きました。本当にありがとうございます。しっかり越冬させ来期に使用させて頂きます。アゴが長く内歯に厚みがあり非常にカッコイイ!!といじくり回したい心を抑え越冬セットに入れ低温部屋に移動しました。

皆様良いクリスマスを!!

この記事に

開く コメント(8)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事