小江戸大鍬飼育記

2015年夏よりオオクワガタの飼育を始めました。
皆様新年あけましておめでとうございます!!

仕事は年度末から某マイナンバー絡みでほにゃららがありまして胃が痛い思いをしつつ新年を迎えました。新年明けて結果無事に完了していたので胸を撫で下ろした次第です。

10月頃から長男がかかとの痛みを訴えはじめ、柔道の稽古もフルでできないようなこととなり、親としては心配でしたが年明けには稽古を全て行うことができるようになりました。成長痛だったようですが、繰り返す可能性もあるので本人と相談しながら調整していこうと思います。

3本目の交換を行ったのでその記録を掲載したいと思います。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

自ブリ最大が 37g でした。Twitterでは先輩方が40gUPの幼虫をバンバン報告されていましてやはりブリードの難しさを痛感している次第です。
そんななかクマモンさんからの里子より40gUPが無事に出てくれまして、掘った時の大きさに驚愕した次第です。ど真ん中居食い。これぞ理想といった幼虫でした。

イメージ 4

イメージ 5

交換前半戦で出てしまったのでその後の交換が悲しいものになったのはご想像通りです笑
早期♀についてはおおむね順調に羽化に至り、今年1匹2匹つかってみようかな?と思っています。

先輩方のブリード報告を見ていると、久留米産オオクワガタについては大型の系譜となる血筋がより明確となり今後のベースとなるように思います。2017久留米は大きくステップアップした結果が予想されます。
またそんな中、首都圏久留米党の主水氏が2月にオフ会を開催されるということで自分も参加させていただきます。

それでは皆様本年も宜しくお願い申し上げます。

この記事に

開く コメント(12)

NIGHT FOREST2017

NIGHT FOREST 2017
行ってまいりました。どうもMJ@小江戸です。
スタートは地元埼玉県にあります川越の駅から今年より川越に引っ越していらっしゃったJuke2331さんと待ち合わせをしていざ品川へ!
1時間ちょっとで品川へ到着。目的地は目と鼻の先!!
だいぶ早く着いたのですが、第一発見ブリーダーは喫煙所でのyama-rayさん。んー豪快!
イメージ 1

会場にて主催者のチョネさんにご挨拶。
受付ではすーやんさんとクワガタ女子YAMAちゃんさん。んーイイネ!クワガタ女子!!

続々と参加者の皆様が集まられ、初めて参加の私は小さくなっていました。しかしながら、皆さん大変気さくで気軽に話しかけて頂き本当にありがたかったです。
いろんな方に別のMJさん(インクレディブルエムジェイさん)と間違われました笑。チョネさんのOOKUWABLOODに最近Yahooblogが飛んでいないようなので、知名度が・・・

そんな中、妻が来年度の育成会の役員決めで会長をくじ引きで引き当てたのとLINEが入り、来年は大変だから手伝えとのこと。(なんか育成会ってお母さん方にとっては凄い大変らしい。)まぁ今日私はそれどころじゃないんだ・・・と心の中で(ry

神奈川県のブリーダーtamu-shinさんや、twitterでフォローさせて頂いている肉球和哲さん、カレントワさん、タケセイヨウさん、九州からはREGAさん、skipさんやkazu君などお話が出来て本当に良かったです。なかなかあれだけの数がいると全員の方とはお話ができませんでしたがまた機会のあった際には是非にと思いました。


NIGHTFOREST内の催しでは、美形コンテスト、松野さんの2年前の若きブリーダーへ贈る言葉の動画放映、恒例の協賛品のじゃんけん大会。大変盛り上がりました。クマモンさんの早期メスを取りに行きましたが、負けてしまいました。しかしながら、元木さんの昆布づくしセットをGETできました!!
イメージ 2

イメージ 3

終盤ではB団さん会長さんの89.5、、ともさんの89.8、ワイドカウさんの91.4Bと、デカイ!!デカすぎる!!個体を見て、触って、と本当に良い機会を与えて頂けました。
イメージ 4

イメージ 5


NIGHTFORESTの締めはKAZU君の腹踊りいや人生で腹踊りって実際初めて見たよ!!

二次会では主水さん、
mindor先輩!、yymarvericさんとお話しさせて頂きました。大変興味深い話やチョメチョメな話など本当に私のような若輩者には有難い限りでした。

NIGHTFOREST参加された皆様、本当にありがとうございました!!

この記事に

開く コメント(14)

2本目交換と管理表

皆さんこんにちは。どうもMJです。
すっかり秋になって朝晩の冷え込みと日中の温度差に頭を悩ませている方も多いかと思います。皆様体調管理には十分に気をつけてください。
Blogももう少し更新できるよう頑張ります。最近ではTwitterでの情報収集及び発言が多いです。

さて我が家でも2本目への交換を8月下旬から10月中旬にかけて行い昨年に比べれば飛躍的に良い結果でした。勿論諸先輩方に比べたらまだまだなのですが

イメージ 1

イメージ 2

この二本については800瓶の横半分から中がごっそり無くなっている感じで食いあげてきているという他とちょっと異質な食い上げをしていた瓶でした。1本目初めての35gUPは嬉しかったです。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

全体的には♂は30g付近に集中しておりまずまずの管理かなと。6月〜7月は24.5℃〜25.5℃、8月は25.5℃〜26.0℃付近で管理していました。昨年は床下でのノーコントロールでしたが、エアコンによりそこそこ安定した温度管理ができました。
温度に関しては、24℃付近から徐々に3か月間で上げていくのと、25.5℃位で3か月通すのとどういった違いがでるのか・・・と疑問が浮かんでいます。「成長曲線をどう描いていくか。」というとこに繋がると思っています。
クワガタの幼虫の成長は積算温度が一定値を超えると成長限界を迎えるはずなので、幼齢に適した温度、3令の成長期に適した温度についての考察はにはもう少し経験を積む必要がありそうです。
幼虫への温度だけでなく、菌糸瓶への温度管理とも合わせて考えないといけないですね。こういうところが奥が深くて面白くてはまってしまったのですが笑。

さて、早期も数本を仕込み、4頭が蛹化、3頭が前蛹、10月にはいってからこうかんした2匹はまだ蛹室も作っていないという状態です。
早期については九州久留米党党首のクマモンさんがTwitterにて詳しく解説されていたのでそれにならって初となる早期チャレンジを行いました。

イメージ 6

最後に毎年チョネさんが企画されている、NIGHT FOREST 2017に参加いたします。若輩者ですが参加される方よろしくお願いいたします。

次回予告 NIGHT FOREST に行ってきました!!

この記事に

開く コメント(15)

2017 1本目投入完了

どうもMJです。更新が滞っております。
仕事は6月末に一山超えたところでありまして、またこれから炎上盛り上がっていく感じです
6月11日より五月雨で投入してまいりましたが、7月1日に最終の投入を終えました。

イメージ 1

①♂83.0 クマモン氏  × ♀53.5 B団とも氏 ⇒ 39本
②♂83.0 クマモン氏  × ♀53.5 sendo氏   ⇒ 10本
③♂83.5
B団とも氏  × ♀51.5 masuko氏 ⇒ 26本
④♂83.5 B団とも氏  × ♀52.0 masuko氏 ⇒ 17本
クマモン氏からの里子
 9本
計 101本となりました。
菌糸はLEVINGSP、E24、S8、GGT(Blue)となっています。

今年よりエアコンでの管理となりますが、エアコンでの管理もなかなか難しいと感じています。ここ数日は関東では30℃超えで、エアコンを持ってしても室内温度に結構なブレが生じます。エアコンにサーモスタッド+自動復帰や、加温器具の設置をすれば改善できるのでしょうが、ちょっとそこまでは今年は出来そうにありません。我が家のエアコンだとリモコン設定温度の−2℃付近の室温になります。日中の暑い時間帯は
リモコン設定温度の−1℃くらいまで一時的に上昇します。

ぶっちゃけ1本目の温度は何度がいいのか?!
なかなか難しい問いなのかもしれませんが、これって答えがあるようで無いような?割り出し〜プリカのときは25℃〜25.5℃で管理していましたが、菌糸瓶1本目は現在、24℃〜25℃付近で管理中です。今月中頃に1度上げて25℃〜26℃付近で管理しようと思ってます。本当はもっと高めのほうがいいのかもしれないし、そうじゃないかもしれない・・・。
昨年の高温による管理の反省を活かして、やや低めからスタート。
菌糸の種類や、血統や、産地によっても違うでしょうからこれがBEST!!っていうのは難しいとこですよね?

2017は久留米表年とのことで、少しでも大きく育てられるよう管理をしていきたいと思います。久留米は裏年、表年が存在するそうです。裏は産卵の減少や、大型化しにくいといったことだと思います。違ったらご指摘下さい。

昨日ビークワ入荷のお知らせがあったので、ネットにて購入しました。
イメージ 2

日本のクワガタムシ特集ということで、親しみやすく、記事もいつもにも増して良いです。またこれから買う人もいらっしゃると思うので多くは書きませんが、美形コンテストの優勝の個体がすっごいです。かっこいいです。

イメージ 3

家の軒下で飼育していたカブトムシの幼虫が成虫になっていました。しかしながら、もっと中にいるーと息子が衣装ケースをかきまわし、蛹をいくつか潰しry 2♂2♀が無事成虫となりました。

こどもももうすぐ夏休みですが、スタートと同時に柔道の合宿、長男は林間学校、日本武道館での錬成大会等、7月から予定満載です。お父さんは引率を頑張ります。

この記事に

開く コメント(6)

幼虫投入開始

皆様こんにちは!どうもMJです。読み逃げばかりしてすいません。
さて、仕事が絶賛炎上中でありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

久留米オオクワガタブリードですが、産卵セットを経て、割り出し、投入とステージを徐々に進めております。
ブリードスペースが無いので、今年は菌糸プリカをLGSPで作成し、
卵割り出し⇒マットプリカ⇒孵化4〜5日⇒菌糸プリカ⇒2令に加齢⇒菌糸瓶
の流れです。2016が蛹〜羽化中なのでほんとスペースがryそれでなくとも菌糸詰めのブリード用品やら何やらで部屋が狭くなっていきます。妻の目が怖いです。

産卵状況ですが
①♂83.0 クマモン氏  × ♀53.5 B団とも氏 ⇒ 40超え
②♂83.0 クマモン氏  × ♀53.5 sendo氏   ⇒ 8 +(孵化待 4)
③♂83.5
B団とも氏  × ♀51.5 masuko氏 ⇒ 24
④♂83.5 B団とも氏  × ♀52.0 masuko氏 ⇒ 17

②ラインが空砲、赤玉が多く、稀に普通の卵が発見できるという状況でした。再ペアリングし、10日程再産卵させましたが、結果は芳しくありませんでした。この場合は♀の異常と考えていいのか、如何せん経験が無い為判断もつかないのが厳しいとこです。

今年度は親種をほとんど入手することが出来なかったため、クマモンさんに里子をお願いしました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

クマモンさんいつもありがとうございます。

今年の菌糸はエクシードクラフトのLGSPを軸にE24を数本、神長S8(S3とS5を自分で混ぜる)、Grand-G(ブルー) 基本は夏季を経る為我が家の環境では高温になってしまうことが予見される為、高温に強いオオヒラタケ系の菌糸を軸にしようと考えました。今年度は日中はエアコンつけっぱ管理の予定なので昨年の床下よりは温度管理が出来る・・・はず。

エクシードクラフトさんの菌糸ブロックは、まとめ買いすると割引がかかるのと、1ブロック800ccに瓶込みで600gで詰めてほぼ4本取れます。神長さんのとこは3.5本くらいですね。Grand-Gは安いのですが、1ブロックからは3本ちょっとしか取れません。あとすっごい微粒子だと思います。崩すとふかふかになるくらいです。
本日は20本ほどプリカから菌糸瓶へ行ってもらいました。

そして2016の羽化状況ですが、30g台はとにかく羽パカ羽パカ羽パカと2016年度、オオクワブリード初年度は最後にトドメを刺された感じですOTL.。

菌糸瓶の早期劣化や、体重がなかなか乗らない、そして無事羽化にたどり着けないと、オオクワガタめっちゃ難しいと痛感しています。反省点を少しでも活かし、今年度改善していきたいと思います。

イメージ 4

夕方羽化し始めだったので、先程撮影。羽はパカってない・・・。29g〜なので大きくはないけど、無事に羽化してくれ!!と祈る今日この頃です。

この記事に

開く コメント(10)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事