ここから本文です
ちょいとひとこと♪
日々色々なことに遭遇します。【お初の方は、トップページの注意書きをお読みください】

書庫全体表示

東郷調整池(2011/02/19)

既に1年8ヶ月も経ってしまいましたが、東郷調整地です。
愛知用水の池ですが、結構大きいところです。
この界隈はよく来てたのですが、ここへやってくるのは初めて。
ということで早速うろついてみたいと思います。
 
イメージ 1
駐車場から上がって、まず見えたのが堤体。
県内のダムもアースダムが何故か随分残ってるので、ここへも漸く来たわけですが・・・。
うーむ、やっぱり萌えない(・ω・`)
 
イメージ 2
やはり水は大切。
この愛知用水が出来たおかげで、知多半島方面の水不足も解消されたようです。
 
イメージ 5
取水塔。
機能優先なのでいいんでしょうが、実に味も素っ気もないですな〜(・ω・)
 
イメージ 6
天端は近所の人の散歩やジョギングのコースになっているようです。
 
イメージ 7
余水吐には一丁前wに立派なゲートが付いてました。
 
イメージ 8
引いて撮影。
こんな感じになってます。
間近なのでよく観察ができました。
 
イメージ 9
ダム湖側から余水吐を見ました。
でも真後ろから見えないので、どんな感じになってるのかは不明。
 
イメージ 10
調整池だけあって、かなり広いですね〜(・ω・)
 
イメージ 11
天端からの風景。
山の中とは違うので、周りには家も多いです。
堤体の下では、何人か遊んでました。
 
イメージ 3
堤体下の余水吐の先が気になったので、車で移動してみました。
こんなトンネルのようなものがあり、そから小さな川となってましたよ。
よく見ると「調整池余水吐」と書いたプレートが取り付けられてます。
ここまでが一応「余水吐」ということになるのかな?(・ω・)
 
イメージ 4
余水吐の先は澱んだ水が・・・。
お世辞にも綺麗とは言えません。
 
 
◆ダム概要◆
左岸所在:愛知県愛知郡東郷町大字諸論
河川:境川水系前川
目的:AWI
型式:アース
堤高:31m
堤頂長:975m
堤体積:1040千m3
流域面積:2.3km2(直接:2.3km2)
湛水面積:97ha
総貯水容量:9000千m3
有効貯水容量:8600千m3
ダム事業者:愛知用水公団
本体施工者:鹿島建設
着手:1959年
竣工:1961年
ダム湖名:愛知池

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事