ここから本文です
イメージ 1





















↑先日、某ホムセンさんに受け取りに行きました。
発注してもらわないといけないくらい人気なんでしょーか?
とまれ、
けっこうサイズ的に使いやすそうですネ。
13Lだから、
メダカちゃんを10匹は収容できます。
早くメダカシーズン来ないかな?
池を増やしたので、
うちにいる品種とは別のを、
2種類くらい追加したい欲求を抑えるのにひと苦労です。
今考えているのは、
紅白ラメと楊貴妃ヒカリスワロー。
やりたえよぉ〜
お財布と相談だわ(苦笑)

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1




















どうもヒーターで加温しての繁殖がうまくいかず、断念してしまいました。電気代が馬鹿にならないのと、孵化後1週間でなぜか稚魚が全滅する現象の原因がわからないのでとうとう...

ともあれ、今日は天気が良かったこともあって、モンテネグロのタネ親を選別してみました。秋に水換えで失敗した池に、運よく、この写真の子が居ました。ヒレも溶けてないし、痩せているのが若干気がかりでわあるものの、良いタネ親が居たのでほっと一安心といったところです。

タネ親の池にはミジンコを入れています。

来シーズン2018年は以下のラインナップで繁殖させる予定です。

■モンテネグロ
■ピュアホワイト幹之
■マルコ(紅白)
■オロチ
■黒ラメ

これと並行して、オロチのダルマ作りをします。F1が居るのですが、オスが居ないようなので、戻し交配をするしかないかなと。

力を入れたいのわ、モンテさんと黒ラメでしょうか。

うまくいけば、養殖場のスペースが増える予定があるので、ガンガンにメダカ道を突き進む所存です。

おっしゃあああああああ!
メダカ長者にオレわなる!

なんつって♪

いやコレ、
マジですから!

でわ

この記事に

開くトラックバック(0)

★んじゃねえぞー!

イメージ 1





















↑昨日見たら、
モンテさんが冬季加温施設で孵化していました。
もう失敗したくないので、
最初から広い容器で育てることにしました。
10数匹居るようです。
ミジンコを入れ、
スピルリナを入れ、
ゾウリムシを入れてと、
またやり過ぎてしまいそうですが、
分量を少なめにしました。
OD計画の採卵は順調です。
まだその稚魚は生まれていません。
大丈夫なサイズまで育てば、
こっちのもんですが、
どーも初回は失敗してしまいまして。。。
あと、
サーモの設定を1度下げてみました。
26度くらいに設定しています。
なんとしても、
冬季繁殖を成功させたいです!

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1




















↑説明のしようがないメダカを最近よく見かけますが、うちにもそんな子が居ましたヨ♪

無理にご説明するなら、白地に黒がマダラに入って、ホホが透けている透明鱗で、体長の短いダルマで、頭がなんか黄色っぽいです。。。

メダカはいったいどこまで進化してゆくのしょーか?

実に興味深いですネ♪

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1











↑片ホホなのが惜しいですが、カッコいーマルコス中尉とその部下です。。。どうすればカッコよく撮影できるか、コツがだいたいつかめてきました♪

どうするかというと、背景がない透明なアクリル容器に入れて撮影するだけです。。。あとはメダカちゃんが止まるタイミングでシャッターボタンを押せばよいです。。。しかし、やはり、よいポーズのを撮影するには何枚も撮らないといけませんネ。。。

私はいつよいポーズになるかは運頼みで、とにかくシャッターボタンを連打しております(笑)

メダカちゃんが止まったタイミングで連打あるのみ!

ただ、少し見た感じが3割マシになるくらいに画像補正をしております。。。

シーズンオフに猛々しくなるパティーンに陥っておりますが、

だって、

楽しいも〜ん (´∀`*)ウフフ

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事