ここから本文です
イメージ 1

どーも、ご無沙汰しておりました。2018年の7月に西日本豪雨で被災したため、メダカ飼育に対する情熱がそがれて以降、いい加減にメダカを飼育しておりました。しかし、それでもメダカたちはちゃんと育ってくれたのです。これは来年もやれとゆー神仏のおぼしめしととらえ、2019年は復活の年にしたいと思っています。写真はモンテさんです。モンテさんは白黒のブチを目指していたのですが、どーもうまくゆかず、ただの黒っぽい透明鱗になってしまいました(汗)。なんとか次の代につなげることができそうなので、もう少し頑張ってみよーかと思っております。今年導入した松井ヒレ長紅帝にも来年は活躍してもらわねば。ぼちぼち種親の選別をしておるところでございます。ほんとーに来年は頑張ろうと思っておりますが、毎年毎年、冬になるといつもこのパティーンなのであります(大汗)。よろしくお願い致します。

この記事に

開くトラックバック(0)

















↑モンテネグロは面白いメダカです♪
…と、自信満々なのであった。。。
いやもとい、
つづく

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1
↑モンテさんの仔の中に、
白黒マダラのダルマタイプが何匹か観られる。。。
ダルマは観賞価値はあるが繁殖には使えないので、
専ら副産物としてしか見てない。。。
とまれ、
モンテさんの仔は今年は大量に採れたので、
どんなふうに模様が変化していくか、
満足に観察できそうである。。。

イメージ 2
↑こちらもモンテさんだが腹が黒い。。。
なぜこうなったか、
もしかしてブラインを与えていたからかと勘繰るも原因はわからず。。。

モンテさんは概してメダカ遊びをするにはもってこいの面白いメダカである。。。

ぜひ

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1
↑今年、春に採ったモンテさんの固定率がヒジョーに高いです。。。大きい仔で1センチくらいに育ってますが、8、9割がたがこんな表現の仔ばかりです。。。ただ、これから模様がどうなるか、もう少し様子を観なくてわ、なんとも言えません。。。また、透明鱗か否かも選別するとなると、固定率は下がることになるでしょう。。。

イメージ 2
↑こちらもモンテさん。。。1センチくらいに育っている大きいのだけを選別して別舟に移したのが20匹くらいでしょうか。。。楽しみな仔たちです。。。ミジンコ、アカムシ、ボウフラがいっぱいわいている中に小さい稚魚を泳がせていると不安になってきたのも移した理由の一つです。。。ブラインシュリンプが今のところ供給できているし、粉エサも併用しているので、かなり良いメダカちゃんができると思います!

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1
↑100均のガラス(?)の容器にて、ブラインをわかしております。。。加温せずにやっておりますが、気温が低いので2日くらい置いたれと、塩やエッグの分量とかもテキトーにやってみたら、結構うまくイっております。。。最近、「皿式」とゆーわかしかたがあるのを知りましたが、こっちのほうがたくさんわかせるにわ良いとのことで、今のところ、やってみよーとわ思いません。。。もちろん、メダカに与えるためにわかしているのですが、今年は金魚(琉金)の稚魚が採れたので、最初わそっちに与えるつもりでした。。。金魚は尾開きが始まる頃になるのですが、フナ尾がめちゃくちゃ多い(大汗)。。。ガックシです。。。肝心のメダカちゃんたちは大きいので1センチくらいのサイズに育っております。。。今年はブラインを与えているので出来がいーのでわと期待大です。。。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事