全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ヨーロッパと米国では3年程前から販売が開始され、600万円クラスのシステムキッチンには「オプション」で付けることもできる電動オープナー。

12年前にHettich(ヘティヒ)の金具を使用して、ドイツ ポーゲンポール風のシンプルでワイドな引き出しのものを作りました。
今では日本でもシンク下にゴミ箱引出があるようになりましたが、当時はまだ無かったので、個人的に先進的だったなと満足していたりします。

電動オープナーは少しの工事で後付も可能そうだったので、まずはパーツを購入しようと思ったのですが、日本の代理店は完成品として納品する前提で、しかも家電としての認可・認可に相応するような企業であることを求めてきました。

あれから構想2年・・・

日本でも手軽に入手し、かつ満足な動作をさせることができるようになりました。

とはいっても、モーターユニット自体が高価で、引出1つあたり150ユーロ(日本円で約1万8千円)ほどするので、とりあえずテストにと2段だけやってみました。

仕切りが無い段があって取り付けに苦労しましたが、回避方法もわかり、無事施工完了!

ちょっと押すをブイーンって出てくる可愛い引出になりました。

両手がふさがっているときでも、お尻でチョイっとしてもブイーンって出てきます。

金具はHettichですが、取り付け治具の良さから今回はBlum社製のSERVO DRIVEを選択しました。

ACアダプタで24Vにするので、100Vな日本でも大丈夫です。(120〜240V対応型)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事