ねこおやじの写真アルバム

2010年7月24日 このブログは引っ越しいたしました。新ブログをよろしくお願いいたします。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

朝の422Dと同じ鉄橋を反対側から。朝は正面に日が当たりませんが、個人的には宮本築堤以上の好アングルだと思います。宮本踏切から真っすぐ中土側へ。148号線から直接来るのであれば、下里瀬交差点から橋を渡ってすぐ、上りアングル、下りアングルともに駐車スペースもあります。とくに下りスペースは広い駐車場?がこの線路と足場の間に広がっています。道路からも撮れますが、草薮を登る踏み分け道があるので、高い場所好きとしてはとりあえず登ってみました。勘は当たって草薮の中に小さなお立ち台を見つけました。


2009/8/20 南小谷→中土 425D キハ52 115

大糸線の非電化区間は南小谷から糸魚川まで35キロ、キハ52は1時間かけて走ります。道路は国道148号線がピッタリ並走します。このうち、頸城大野から糸魚川までの5キロは車も増えて交差点毎に信号がありますが、南小谷から頸城大野周辺までの約30キロは、信号もほとんど無い山間部、拡幅工事中の北小谷周辺以外は道路幅も広く、交通量は少ないので、追っかけには最適です。
特に、小滝〜平岩間、列車はトンネルで直線的に走っていますが、6.8キロに15分くらいかかります。車は姫川沿いに遠回りで約8キロ、トラックやダンプが時速50〜60キロで流れますが、所要時間は8〜10分。この区間だけで無理をしなくても5分以上稼げます。追い越ししようとしてもカーブが多く、少ない直線区間、追い越し禁止でない箇所でも対向車がほどほどに来るため、ほとんど追い越しも出来ませんが、列車を追いかけるには充分です。

南小谷発の下り一番列車は7時51分です。県境越えなので高校生の通学にも使われないのでしょう。
新潟県内では平岩折り返しで、平岩7時6分、糸魚川7時41分の通学列車がありますが、帰りは糸魚川17時37分発の次は20時1分発の最終列車になってしまいます。
単行気動車の輸送力ではバスと大差なく、道路がピッタリ並走する大糸北線。北陸新幹線開業後は新幹線に並走する在来線(北陸本線)が第三セクターに譲渡されると、大糸北線はJR西日本の飛び地になってしまいます。その時には廃止や第三セクター化が出てくるのでしょう。どうせなら、その時までキハ52を残して欲しいですけど。。。。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事