ここから本文です

作家集団工芸京都

書庫新着情報

記事検索
検索
吉水絹代 ―織―

イメージ 1

楽空間 祇をん小西
京都市東山区祇園花見小路四条下る西側

2013年5月25日(土)〜6月2日(日)
11:00〜19:00(最終日17:00=無休)

日展出品委嘱 / 京都嵯峨芸術大学名誉教授(写真=神崎順一:部分)


2013年5月8日(水)〜14日(火)
高島屋京都店6階美術画廊
(最終日は16時閉廊)

イメージ 1


【ごあいさつ】漆の道を志して三十余年、漆の持つ魅力は創作意欲をますます掻立て、日々制作に精を出しております。
 近年は「光」を漆の技法で表現しております。天空よりも遥か彼方にある光を感じることができるならば、美しい煌めきに人の心は自然と明るく澄んでいくことでしょう。
 今回はそのような思いを込めて、より人の心に触れるような作品の制作を志しました。
(案内DMから抜粋)
 

2000年  京都市芸術新人賞受賞
2007年  日展100年記念展で特選受賞(2009年に再受賞)
2011年  日工会展で内閣総理大臣賞を受賞
日展委嘱出品・京都工芸美術家協会理事・京都精華大学非常勤講師
参照:高島屋京都店
5月1日(水)〜26日(日)
京都市中京区室町通錦小路上ル、明倫ビル6階「染・清流館」
(毎週月曜休館・入場有料)

京都市立美術大学(現・京都市立芸術大学)同窓の染色作家3人の作品展。
井隼のほかは加藤正二郎(元成安造形短期大学教授)と内藤英治(日展会員)で、加藤は2002年に死去。
イメージ 1


2013年4月30日(火)〜5月5日(日)
10:00〜18:00(最終日は17:00まで)
京都府立文化芸術会館1階
京都府上京区河原町広小路角・府立医大病院前
市バス「府立医大病院前」下車
京阪三条から37・59番
京都駅・四条河原町から17・205番
参照:京都府立文化芸術会館・交通のご案内


 工芸京都同人の荻野美穂子主宰の染色スタジオ「染翔会」が恒例のグループ展を開きます。
(写真は荻野美穂子作「回帰6」)

 皆様のお陰で染翔会は31歳を迎える事ができました。永きに渡り多大なるご厚情、ご支援を頂き深く感謝申しあげます。広範囲の方々からのご批評を頂き、心新たに制作に取り組むことは各人の一層の向上と意欲の糧となっております。今年は26名のメンバーに依って、タピストリー、パネル、染額等の型染作品、及びテーマ作品「窓から見れば」も展覧させて頂きます。ご高覧、ご批評をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

  染翔会 主宰      荻野美穂子
片山雅美陶展 人・陶・時

2012・04/16(火)〜28(日)=月曜休み

イメージ 1


京都市中京区三条通り堀川西入る 075-841-0561

open 12:00〜19:00  最終日17:00まで

片山雅美は赤陶を得意とし、2012年の日展出品作「赤器=浮上」は特選を受賞。
今回の個展は作陶生活40年、ギャラリー開設15周年を記念して開かれます。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事