リハビリ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全207ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

大分県へ

出張していました。


18日と19日の事です。


全国頸髄損傷者連絡会の全国総会が開催され、全国から僕と同じような電動車椅子の頸髄損傷者が集まりました!


なかなか珍しい光景です




ただ、今日本全国に大雨をもたらしている雨雲が当日も快調で、晴れ男の僕も、今回は完全にやられていました


大分県のところに別府市は、比較的重度の方がリハビリの為に入院する脊損センター等がある為、バリアフリーはかなり進んでいます。


バリアフリーツアーセンターなんかもあったりして…


そして、さすが観光の町と言うだけあって、外国人も沢山いました。


なんかいろんな人が共存してる感じでした。


久しぶりに大学時代の親友(=悪友)とも会えて良かった…


ただ、少し寒くて、今風邪気味です



毛利公一オフィシャルウェブサイト↓↓



社会福祉法人ラーフHP↓

開く コメント(0)

今日テレビを見ていると、慶應大学のミス慶應コンテストの話題が出ていました。


ファイナルに選ばれた女性学生さんが…


「選ばれたみんなはそれぞれの思いを持っているので、グランプリを決めて傷付けあうようなことはしたくない」


というようなことを話していました。


コンテストでグランプリを決めることも傷付けあうことなのか…


何か新しい感覚でした




確かにうちの息子も、競うコトより仲良くすることを重視しているみたいです。


最近の若い人達の感覚?


争う=競う


このような方程式でしょうか!


陸上競技で秒単位、数 cm 単位で競っていたので、少しじっくり考えてみようと思います


確かにみんなでここまで選ばれて良かったね〜ってやるのも悪くないですけどね



毛利公一オフィシャルウェブサイト↓↓



社会福祉法人ラーフHP↓

開く コメント(0)

皆さんは10連休楽しんでいますか


僕も5月1日まで頑張ったら、3日間程御休させていただこうと思います


さて、昨日平成最後の大コケをしました。


僕もびっくりしましたが、妻も相当びっくりしたと思います…


どんな状況だったかというと…


いつもの感じで、電動車椅子で車に乗る為に、リフトに上がろうとしたところ、いつもよりえらく傾きが強いことを感じました。


一度リフトから降りて、もう一度上がろうとしたのですが、いつもよりやっぱり後に傾いてしまいます。


「まあこのまま行ってみるか」


と楽観的に上がろうとしたところ、前のタイヤが浮いて後へ…


後には転倒防止バーがあるので、ある程度で止まるだろうと、2回目の楽観的な観測。


少しだけ転倒防止バーで支えたものの、支えきれず、また真後ろにいた妻も支えきれず、その後完全に倒れてしまいました。




幸い、地面に挟まれた妻も、倒れた僕も大きな怪我もなく、少し体を打っただけで助かりました。


それにしても怖かった


ある福祉イベントを訪問していた時だったので、近くに居たラーフのスタッフさんと妻と父親で起こしてくれました。


2回連続の楽観主義はやめようと思います


と言うか、倒れた原因は、ティルトリクライニングの倒しすぎと、後に荷物をかけていたことと、僕が太った?!事が重なったのかもしれません


平成最後の大コケだったかもしれません





毛利公一オフィシャルウェブサイト↓↓



社会福祉法人ラーフHP↓



リール(モーニング&ランチ、美容室、産直、カルチャースクール、 A 型就労支援)

開く コメント(0)

平成天皇陛下のお言葉

平成天皇陛下の退位まで今日を入れて1週間となりました。


毎日、朝の報道番組で特集が組まれているのですが、その中でとても意味がある言葉がありました。


もちろん他にも、沢山素晴らしい言葉があるのですが…




平成天皇陛下が、昭和天皇陛下から言われた心に残っている言葉。


・いつも相手のことを考えなさい


・まずは自らが変わりなさい




この言葉通り、実際の行動で示してくれていたように思います!


この言葉は、経営者としての自分にも、親としての自分にも、人間としての自分にも当てはまるのではないかと思います


皆さんはいかがでしょうか?


特に僕も心がけたい言葉です。


ただ、何事も心がけるだけでは何も変わりません。


今日、まさに自分の行動に移して実践して行こうと思います




社会福祉法人ラーフHP↓




毛利公一初出版本『夢をかなえる挑壁思考』はこちらから↓↓



リール(モーニング&ランチ、美容室、産直、カルチャースクール、 A 型就労支援)

開く コメント(0)

とかく暗いニュースが流れがちの福祉業界。


介護人材不足、低い賃金、重労働、不規則な勤務…


確かにそのような現状は否定できません。


ただこれも様々な業界にも当てはまる同じ問題です。




福祉のお仕事は臨機応変さがかなり求められます


実はこれは AIやロボットが一番苦手とする領域


だから介護は、将来残る仕事、必要性が高い仕事、求められる仕事等の切り口では必ず上位にいます。


介護の仕事と言っても、正直かなりの時間事務作業が占めていますし、ロボットがやった方がいいところは沢山思いついてしまいます。


来年からの5G、それから自動運転、これまでの ICT やロボットや AI の部分的な活用で、かなり輝いたものが僕には想像できます
イメージ 1


ただネックになるのは、上記のものたちを活用した介護サービスを、利用者様がストレスなく受け入れられるかどうか…


要するに、人間と機械やテクノロジーが共存できるか…人間が認めるか…


このあたり課題だろうなあ!


難しい課題はあるけど、これから楽しみです



社会福祉法人ラーフHP↓




毛利公一初出版本『夢をかなえる挑壁思考』はこちらから↓↓



リール(モーニング&ランチ、美容室、産直、カルチャースクール、 A 型就労支援)

開く コメント(0)

全207ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事