さあ、始めよう pLaTeX2e Blog

◆ホームページ◆ http://www.khotta.org/

pLaTeX2e

すべて表示

新学期

■ 2017.04.22 更新

4月に入り,新学期が始まりました。

大学では4月1日(土)入学式,そして新入生オリエンテーションと続き,4月4日(火)から大学での講義が,いよいよ始まっています。

このような早い授業の開始には,JABEE 認定・審査 に依るものであり,前期及び後期の講義回数15回分を確実に確保する為です。

年々の事なのですが ( 筆者が年取ったせいもあります ),新入生に講義で接して感じるのは,大学生への無垢な幼さです。

そして,数学の学力で申せば,週休2日制で学習内容が極めて減少している為に,筆者の時代と比較すると2年間程の遅れが有ると実感致します。

現在の高等学校では数学の授業は毎日1回の月から金の5コマ,筆者の時代では月から金までは午前・午後1コマずつで土曜に1コマの合計11コマが普通でした。

当然の事として,現在の教科書は当時の半分程と薄いものになっていますね。

そして,当時の理系で学習する数学 には,現在の理工系大学2年生で学習する 定数係数の2階線形微分方程式の解法 までもが入っていました。


 閑話休題 


ところで,もう一つ 述べると,最近の小学校,中学校,高等学校の算数・数学教科書を閲覧して感じるのは,全ページがカラー印刷で綺麗になったものだと感歎することです。

黒一色の専門書&論文を読んでいる者にとり少々の違和感は持ちますが,中学校での 三平方の定理の証明 ではカラフルな色感で表現された図形の移動のみでの証明法 ( 図上に補助線を引いてみたり,合同の概念を利用しないと言う意味で ) が取られて居り感銘致します。
きっと,多くの中学校の皆さんが楽しい雰囲気の中で三平方の定理を理解されることでしょうね!



イメージ 2


イメージ 3



これを更に, アニメーションでの証明 を見てみましょう :



イメージ 1





【 Coffee Break 170420 】
本日は大学の帰りに,名古屋駅前に17日(月)に開業しました高層ビル JRゲートタワー8階の三省堂書店・名古屋本店へ初めて立ち寄りました (めっちゃ〜広いですね!)。 お目当ては本日発売の次の一冊です :


イメージ 4



月刊誌のレコード芸術を購入するのは何年振りのことでしょうか?
今回は創刊800号と併せて,別冊付録には何と 1952年3月 創刊號(表紙画 トスカニーニ) が有ります。



イメージ 5



今から65年程も前の,この 120ページの雑誌は,当時での定価九十八円であった!

筆者が購入した後には3冊のみが残っていましたので,きっと今日中には目出度く完売することでしょう。



イメージ 6



【 Coffee Break 170422 】
本日は,昨年に亡くなりました母の納骨に 京都の東大谷 ,正式名は 大谷祖廟(おおたにそびょう) へ家族と一緒に行って参りました。

京都では,まだ桜が咲いているのには驚きましたが,タクシーの運転手さんの話では京都には色々な種類の桜があり一ヶ月程のあいだ楽しめるそうです。



イメージ 7



大谷祖廟の総門へと続く石畳の入口にあります 石碑の「大谷御廟」の御廟とは真宗大谷派の宗祖である親鸞聖人のお墓を意味します。




イメージ 8




一般に,火葬後の骨上げは小さい骨壺 (本骨とか分骨と言います) と大きい骨壺 (胴骨とか総骨と言います) に分けて収骨します。
そして,小さい骨壺の骨は本山 (ほんざん) に,大きな骨壺の骨はお墓に納めることになります。




イメージ 9




詳細は 真宗大谷派の大谷祖廟とは を御覧なさってください。



また宗教に就きましては,以前の ブログ記事『 神の存在 』 も参照してくださいませ。




イメージ 10


.


みんなの更新記事