kohaku3ブログ

カメラとレンズと子供たち・・・いつの間にか登山ブログと化してるし(゜o゜)

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
さて、皇海山登山の2回目です。
ちょっとタイトルを変えてしまいましたが、気にしないでください。

鞍部に来ました。
ココはT字路になっていまして、
右は鋸山、左が皇海山です。

この鞍部に至るまでの数10分がかなりの急登でした。
なかなか参りました。

で、ここからは左の皇海山へ稜線歩きです。

この皇海山は森林限界がないようです。
高さ的に。
標高は那須よりも高いのですけどね。



イメージ 1



頂上近くに青銅の剣が出てきました。
男体山の鉄の刀に対抗しているのでしょうか?

で、登頂成功!(*^。^*)

イメージ 2



久々の2000m超えです。
昨年の富士山以来かな。(^^♪
1900m超えはその後も那須の山々や谷川岳等何度かあるのですけど。

おっとっと尾瀬の至仏山は2228mでした。
どちらにしても結構久しぶりです。

まぁ、富士山は2400m近くまで車だったんですけどね。


さて、今回から先日zoffで作った度付サングラスの登場です。
息子がかけているモノです。

実は息子は今一つサングラスが気に入らないようです。
その理由がちょっとひどいです。

昨年男体山に登った時のことです。
息子はワタシのサングラスをかけて登っていたのですが、
それを見た見知らぬ大人の人たちが、みな
「おっ、ボク、カッコいいな!」
と褒めてくれたのです。

息子はそれが気に入らなかったようです。
なぜか?
「だって、ボクがカッコいいんじゃなくて、サングラスがカッコいいんでしょ!」
などとわけのわからないことを言っていました。

「イヤイヤイヤ、サングラスがカッコいいんじゃなくて、
サングラスをかけたお前がカッコいいと言ってくれているんだよ」
というと
「でも、サングラスをかけているからカッコいいってことでしょ!」
などと・・・
オヘソが曲がっております。(゜o゜)

今回は他の人にサングラスのことは言われませんでした。

でも
「あの子、本格的なザックと登山靴だ!」
などと言われていました。

ふっ、青いな。
このお子ちゃまは単なるお子ちゃまじゃないんです。

実を言うと昨年から息子はニュータイプになっているんです。
恐ろしく強力になっています。
今やワタシたち3人の中では完全にエース的存在です。


悔しいから、重い荷物は息子のリュックに入れるようにしています。
(#^.^#)


イメージ 3


この山なのですが、かなりきつい傾斜のところがいたるところにあります。

上の写真でわかるでしょうか?
わかりにくいですか?

木の根っこの方を見てください。
角度が急なので、斜面の谷側の根っこが地面に入っていません。
笑っちゃうくらいの角度です。
岩山で、急な角度のところはいくつかあったのですが、
土のところはあまり記憶にありません。
むちゃくちゃ歩きにくいです。

さらに枯れた沢では悲惨です。
枯れていても沢なので、ちょっと大きめの石というか岩というかがゴロゴロ。
登りは良いのですが、下りは物凄く大変です。
踏む石がすべて浮いています。
固定されていません。

あと、コケも怖いですね。
ズルッと行きます。

ちょっと強烈な山でした。

イメージ 4


息子はこの笹薮がイヤだと言っていました。
ココはまだマシです。
完全に息子の背丈以上のところもありました。

残念ながらそういう場所は写真が撮れません。
息子が見えなくなるから。(゜.゜)


イメージ 5


そうこうしているうちに下山完了です。

ちょっときつめの山でした。


「またいずれ、もう1度登る?」
と聞かれたら
「う〜〜〜ん、パス!」と言ってしまうかも。

で、また強烈に困難な林道を1時間以上通って帰って行ったのでした。

おしまい。

開く コメント(0)

Mt,Sky

栃木県と言えば・・・

宇都宮のぎょうざ!

もちろんそれもありますが、
何と言っても全国ナンバーワンのいちご「とちおとめ」でしょう!!!
(*^。^*)

これはおいしい (^^♪

たまりません。


このとちおとめが世に出る前の栃木の主力いちごは
「女峰(にょほう)」といういちごでした。
これもおいしかったのですが、
とちおとめの方が大きくて甘い!

ということで、「あっ!」 という間に女峰はとちおとめに駆逐されてしまいました。
それはホントに見事なまでにほんの2年くらいだったでしょうか、
ビックリ仰天のスピードで主役交代となりました。


ところで、とちおとめにかわる次の主役候補が登場しました。

その名は「スカイベリー」

詳しくは
http://matome.naver.jp/odai/2134741181209582701
をご覧ください。

とにかく大きい!
食べたことがないので、味はわかりませんけれど・・・(^_^;)


で、上のURLの記事を読んでいただけましたでしょうか。

栃木県には日本100名山は4つ存在します。

男体山
日光白根山
那須岳(???そんな山ないぞ、茶臼岳のことか???)
そしてそして
スカイベリーの名前の元にもなった
皇海山

「スカイさん」と読みます。
名前がカッチョいい〜〜〜 !(^^)!


何かの本で読みました。

「二度と登りたくない日本百名山は?」

「すかいさん (^^♪」
1位だそうです。(ToT)

そんな・・・


ということで、登ってきました
Mt.Sky!!!
スカイ山です。

ちなみに案内看板に
「皇海山 Mt.Sukai」 って書いてあった。。。
ちょっと寂しい。「Sky」にしてヨン・・・


いやいやいや、前置き 長!!(*_*)


イメージ 1



前置きも長いのですが、
この山、登山口に行くまでが恐ろしく長い。
車で行けるのですけど、無舗装林道。
落石してきたとがった岩がゴロゴロ。
しかもその道がひたすら1時間以上続きます。

いやいやいやいや、ビックリしました。
詳しくは検索してみてください。
みなさん かなり手こずっているようです。
登山する前に。

イメージ 2


あまりにも林道の印象が強烈なため、
山の記憶が薄れています。

が、コース自体はかなり面白いです。
展望はよくないけれど。

上の写真のような川を何度も横切ります。

今年から投入したハイカットの登山靴が威力を発揮します。
娘の靴もワタシの靴も!
息子のは・・・
モンベルの新品なのですが、防水は。。。無念(+o+)

まぁいいや!

で、枯れた沢を登ることも多いです。

こんな感じ。
イメージ 3


ほとんどは枯れているのですが、
さすがにこの季節は水がチョロチョロと流れている場所も多かったですね。

イメージ 4


それなりに流れているところもありましたけど。

ということで、2時間近く歩いて鞍部にでました。

イメージ 5



ココからは気持ちの良い稜線歩きです。

バックに見えるのは「鋸山(のこぎりやま)」です。
こちらも行こうと思ったのですが、
結局は疲れたのでやめました。
鋸山はかなり面白いらしいのですけどね。
なが〜〜〜〜い鎖やロープがいっぱいあって、
「ザ山登り」という感じらしいです。

今度機会があったら登ってみます。

ということで、長くなったので続きは次回に。

開く コメント(4)

度付きサングラス

梅雨明けしました。

そろそろ山登りを再開しようかと思っています。
というか、本当は登りたかったのですが、
土日は雨が多くて・・・


夏に山登りをしていると日差しが半端じゃないです。

娘とワタシはサングラスをするのですが、
息子は目がかなり悪いため、
メガネをはずしてサングラスをするとちょっと危険。
なので、度付きのサングラスを作りました。


イメージ 1



ゾフで。(*^。^*)


これでももう安心。(^^♪


イメージ 2



娘も目が悪いのですが、
息子ほどではなく、裸眼でも一応見えることは見えます。

それにメガネの上から着けるサングラスもあります。
子供用はそういうのがない。(ToT)

この息子のサングラスでも1万円近くはしました。
本当はスポーツグラスというか、ゴーグルというか、が欲しかったのですが、
メチャクチャ高いので無理。


イメージ 3



K-30に18-135を着けて撮ったのですが、
この3枚目の写真は思いっきり太陽が入っています。
でも、さすが最新のズームレンズです。
結構頑張りますね。

逆光性能はどう逆立ちしても
古いレンズは最新レンズにはかないませんね。

開く コメント(6)

α37にA09

α37にワタシの大好きなズームレンズA09を着けて撮ってみました。


イメージ 1



撮って出しなのですけど、
やっぱりA09の画が出てきます。


イメージ 2



「高値安定」という感じで信頼度抜群です。
もう今となっては結構古いズームレンズなんですけどね。
凄いレンズだと思っています。

買った時に気に入らなくて、
1度タムロンに調整してもらってからはスーパーレンズになっています。

開く コメント(4)

α37に85F1.4

今日はα37に85F1.4を着けて撮ってみました。


イメージ 1



やっぱり使いやすいレンズです。
重いけど・・・(゜o゜)


ワタシの場合はスイングパノラマ以外はほぼ絞り優先AEで撮るのですが、
絞り値でなんとなくイメージがわきます。


コシナプラナーは全然イメージ通りにいかない。(ToT)

ライブビューでの撮影はさすがにNEXやE-PL3で慣れたので、
全く違和感を感じないのですが、
縦位置になるとボディやレンズが重いので、
ミラーレスよりはるかに撮りにくいです。

やはり縦位置だとファインダーを覗いた方がしっくりきます。

イメージ 2



トランスルーセントミラーでのシャッターは
まだまだ違和感を感じています。

開く コメント(7)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事