kohaku3ブログ

カメラとレンズと子供たち・・・いつの間にか登山ブログと化してるし(゜o゜)

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

18-135

K-30に18-135を着けてとりあえず撮ってみました。

全て撮って出し(リサイズのみ)です。


まずは広角側18

イメージ 1



わりとイケますね。
必要十分な描写です。


続いて60

イメージ 2


レンズの描写のヌケは良いと思いますが、
まだK-30をほとんどいじっていません。
色がちょっと気に入らないかも。
調整が必要。


テレ側135

イメージ 4


背景の色がちょっと悪すぎましたね。
まぁしょうがないところでしょう。

ワイド側や中間距離に比べるとちょっとはっきりしない描写です。

短い方に比べると少し使いにくいかも。


室内でも1枚。
サイゼリヤです。
48

イメージ 3


大変いいですね。
雰囲気が出ています。


まだまだ全然使っていないので、あくまで第1印象ですが、
18-135という高倍率にもかかわらず最近のズームらしく
大変ヌケの良い安定した描写だと思います。

やっぱりイメージ的には以前持っていた★16-50と似た感じです。
16-45とは結構違うような。。。

あぁそういえば17-70F4も持っていましたが、
あちらも結構よかったのですが、
何と言ってもこちらは防塵防滴です。

17-70の方が使いやすいかな。
F4通しだし。

ワイド側や中間距離は良いのですが、
テレ側は今一つはっきりしない印象です。
高倍率だけあって万能というわけにはいかないようです。

ボディの設定を全くしていないので、
(「ナチュラル」で細かい設定はナシ。)
それを調整してからじゃないと結論は出しにくいです。

そのうちにじっくりと使ってみようかと思っていますが、
次の出番があるかどうかは不明だったり。(゜o゜)

開く コメント(8)

K-30(2)

さて、K-30購入の続きです。

店長さんは「K-30の18-135およびシグマ10-20のカカクコムの最安値で売ります」
と言いました。

そこでワタシは「面倒だから端数は切ってくださいね。」
と言ったところ、「いいですよ〜」と快く言ってくれました。

(^^♪ 素直でよろしい!

で、PCで調べてくれました。
「K-30の18-135キットが約74,500円、シグマ10-20が57,994円で
(正確な数字は忘れたので、今日の参考カカクです。ほとんど変わっていないと思います)
合計132,494円です。大マケで端数の494円はカットして13万2千円ですね」

う〜〜〜ん、悪くはない。
まぁそれなりに安い値段だと思います。
実店舗の値段としては。

しかし、ワタシは先ほど言った言葉を覚えていました。
昨日のブログをご参照ください。

久しぶりに、ちょっと高額なお買い物ですね」
こういうジャブを打ってくる人にはカウンターパンチを
浴びせなくてはなりません。

「ちょっとPC貸していただけますか?」と。
で、みました。
カカクコムを。
まずはK-30+18-135キット。

カカクって素晴らしいですよね〜。
発見しちゃいましたよ〜。

『価格推移グラフ』

ず〜〜〜っと7万円超なのですが、
1週だけ、なぜか前後の週から1万円も下がっていて、
3月22日に62,788円になっていました。


次にシグマ10-20です。
・・・ダメです。最安値が現在の価格です。残念。
しかし、やっぱり見つけちゃいました。!(^^)!

ニコンマウントの10-20
これまた1週だけやっぱり前後の週から1万円安くなっていて
昨年の8月20日に48,800円 ヒッヒッヒ(^^♪

そこで、店長さんに
「シグマ10-20ってマウントによって値段代わるの?」
と聞いたところ
「一緒ですよ〜」と答えが返ってきました。


そして店長さんに両方の画面を見せました。
「え〜〜〜と、K-30の18-135キットはカカクコムでの最安値は
62,788円だから端数を切って6万円ね。
で、10-20は48,800円だから端数を切って4万円
合計10万円ですね。ハイ、決定!!!」


えっ(@_@)という顔でワタシを見ました。
「それはおかしいでしょう!
当然今の最安値ですよ。それに両方ともたった1週あっただけじゃないですか。
それに、端数ってなんで万円切りなんですか、
しかも、合計してから切るんじゃなくてそれぞれで切ってるし。」
等々ワケのわからない反論をしてきました。

そこで、
「当然一つ一つの端数です。
だって片方買うのをやめたらどうするんですか?
繰り上がったモノを切るんじゃ、別々に買うよりも損しちゃうじゃないですか。
せっかく2つ買うんだから、2つ買って損するのはダメです。
それに過去の1週でも『カカクコムの最安値』でしょ!」
と勝ち誇って当たり前の主張をしました。
当然論理的にワタシの勝ちです。

店長さんはしばらくうつむいて何かを考えていました。

・・・・・・・・・・

そうですね、30秒くらい固まっていたでしょうか。

それから原価が入っているPCのところに行って、
原価を調べ、かつ難しい顔で電卓をたたいていました。

何と5分くらいず〜〜〜〜っと。

ということで、10-20を着けた姿を。

イメージ 1



ぶつぶつ言っています。
「むちゃくちゃな!」とか「今月は売り上げが少ないからなぁ」とか。
小声で一人つぶやいています。

そしてうなだれながら
「わかりました・・・」と。

うん。完全勝利ですね。

さて、支払いです。

カメラの入ったハコを紙袋に入れようとしていました。

「ちょっちょっと、まさかそのまま袋に入れるつもりですか」
と聞きました。

ビクッとして「えっ?」という反応。

「ハ・ク・バ」

意味は通じたようです。
もうすでにノーガードですね。
何も言わずにK-30用のハクバの液晶保護シートを持ってきて、
K-30レンズキットの箱を開けて無言で貼り始めました。

もうこうなれば言うがままです。

「忘れていないと思いますけど、
18-135と10-20の保護フィルターも入れておいてね」

それまで下を向いて黙々と作業をしていたのですが、
突如充血した眼を見開いてワタシの方を見ました。

「49个筍毅記个犬磴覆い鵑任垢茵
62个硲牽沖个任垢茵!
いったい82个諒欷逎侫ルターがいくらするか知っているんですか?」

ハハハ、おバカですね。
知ってるわけないじゃないですかね。
保護フィルターはレンズを買うとついてくるものなんですから。

でも、さすがにワタシもちょっとかわいそうになってしまいました。
なので、
「でも、レンズが傷つくとイヤだし。お願い。」(#^.^#)
と優しく言いました。

強い反論が来ると思ったのでしょう。
ひょうしぬけしたのか、素直に付けてくれました。


「K-30って連写はどうなの?」と
聞くと、
「いや〜、エントリークラスとは思えない連写ですよ。
jpegだったら、ものすごい勢いでず〜〜〜っと写し続けます」
と嬉しそうに答えてくれました。

「ワタシ、書き込み速度の速いSDカードって持っていないんですよね〜」

表情がまた変わりました。

イチイチめんどくさいですね。(゜-゜)

でも、何も言わずに持ってきました。
シリコンパワーだかAデータだかわからないような16GBのSDを。


「え〜っ、いまどき16ギガとか信じられない。
最低32ギガでしょう。
それにワタシは『書き込み速度の速い』SDって言いましたよね。」
と言って自らSDカードがいっぱいおいてあるところに行き
その中の一つのカードをむんずっとつかんでカウンターの上に置きました。

イメージ 2



本当は64ギガが欲しかったのですけどね。
無かった・・・(ToT)


何やら念仏を唱えるように口の中でモゴモゴ言っていましたが、
紙袋の中に入れてくれました。

で、10万円をカードで支払いました。

いや〜〜〜〜、高いお買いものしちゃったなぁ〜。
まぁしょうがないですよね。
これが精一杯です。
これ以上はちょっとかわいそうで。。。


しかし、そんな優しいワタシの心を知らずに
「今度は645Dでも買ってくださいね」
などと捨て台詞を吐いてきました。


カチ〜〜ン (-_-メ)



先ほどカカクコムの値段を見るときにカウンターの中に入ったのですが、
その時下取り品があるのを見ました。
ほとんど売り物にならないヤツが。

で、
「そのカウンターの下にある
ほとんどタダ同然で下取った白い18-55をこの袋に入れなさい!」<`〜´>

イメージ 3



ボディがクリスタルホワイトじゃなかったのですが、
クリスタルブルーに白いレンズってのも、悪くはないかも。
たぶん使わないけど。

ということで、この日のお買いもの。

ペンタックスK−30 18−135レンズキット
シグマ 10-20mm F3.5 EX DC HSM ペンタ用
ハクバ K−30用液晶保護シート
マルミ レンズ保護フィルター 62个硲牽沖
サンディスク SDHCカード 32ギガ 95MB/S
ペンタックス キットレンズ ホワイト18―55

計10万円也。 以上です。 

開く コメント(10)

K-30

先日ちょっとお話しましたがK-30を買いました。
色はクリスタルブルー。

K-7と比べると
持った感じや操作性、見た目などは
お話にならないくらいK-7圧勝です。

中級機と入門機違いでしょう。
が、エントリークラスとはいえ、スペックは物凄いです。
かなりビックリ。

まぁ、だから買ったんですけどね。

αもレフ機は300という結構古い機種しか持っていないので、
α57か37を買いたいな〜、と思っていました。

昨日書いたように、山関係でお金が飛んでいるため
カメラに投資するお金はあまり残っていません。

そのためαかペンタのどちらか、ということで
見に行ったのですが・・・

迷ったのですけど、結局は必要性です。

αAレンズはソニーの純正アダプタをNEXに着ければ
位相差AFでバシバシ撮影可能ですが、
ペンタのレンズでは完全MFです。
しかもDAレンズの絞りは適当だし。(数値がわからない)

そして決め手は「色」です。
ソニーは黒しかないし。。。
K-30のクリスタルブルーがかわいかったんです。


もちろんボディ単体で十分です。
ところが困ったことに
K-30はボディ単体がなぜか高い!
18-55のレンズキットの方が安いというわけのわからない状態です。
18-55なんて全然要りません。
持ってるし。しかも使ったことないし。
そういえばシグマの安っすい18-50だかもあったかも。(゜o゜)
16-45F4があれば十分です。

かと言ってレンズキットよりも高いボディ単体を買うのは
耐え難い苦痛です。

ということで結局

イメージ 1


18-135のレンズキットを買いました。
防塵防滴レンズ。

う〜〜〜ん、全然要らないかも。(゜.゜)

この18-135だけで結構な範囲が写せそうです。
(使わないと思うけど。)
でも、ちょっと待てよ、と。

あまり使う機会はない、というか持っていないので撮れないというか・・・(*^。^*)
広角が寂しい。

いや、実際には16-45の広角側で十分なんですけどね。

でも、見てたら欲しくなってしまいました。
超広角レンズ。
ズームですけど。

シグマの10-20mm F3.5 EX DC HSM

F3.5通しっていうのが良いですよね。

以前と同じように店長さんに
「あわせていくら」と聞いたところ

久しぶりに、ちょっと高額なお買い物ですね」
などと『それほど安くしないぞ〜〜!』
という意識ミエミエの言葉をかけてきました。

まぁワタシは「ふ〜〜〜ん」と思いましたけどね。
さて、『いくらを提示してくるだろう。(*^_^*)』と。

店長もちょっと殺気を感じたのか、
急に弱気になって
「kohaku3さんですから、特別にギリギリまで安くします」と言ってきました。

おなじみのパターンですね。
全然変わらない!
安くするしない、ではなくて『いくらで売るのか』を聞いているんです。
なので、ちょっと「ハァ?」という感じで
「で?」と。

ますます弱気になってきたようです。
「ズバリ、レンズキットもシグマのレンズもカカクコムの最安値で良いです。」
などと言ってきました。


おバカですよね〜!
また、です。
何度言ってもわからないようです。
「いくらか」を聞いているのに、
なかなか具体的金額を言わないんですよ。
余計に怒りを買うだけなのにね。(-_-メ)

わざとちょっとムッときた顔をしました。

さすがに何度も経験しているせいか気が付いたようです。

「い、今すぐぐぐぐに、しっ、調べてきますから。ネットで」

と言ってPCの置いてあるお店のカウンターの中に
いそいそと移動していきました。
ワタシもついていきましたけどね。

これもちょっと店長さんの失敗だったかもしれません。


と、書いているうちに長文になってきてしまいました。
まだ、ブログリハビリ中です。
続きは明日。
m(__)m

開く コメント(12)

稲荷山

昨日のブログのコメント欄に
さざんさんが「どんな山に登ったのか」というご質問がございました。

色々と登りましたよ〜。

で、とりあえずひとつご紹介します。


今年もやっぱり3月に京都に行ってきました。

で、最終日の午後に時間が余ったので
こんなところ ↓ に行ってきました。


イメージ 1



伏見稲荷です。

2008年 まだ山登りを始める前に1度登っています。

その時のブログはこちらです。



物凄くナキが入っています。

「なんでこんなつらい目にあわなくちゃならないんだろう」
などとも書いていますね。

往復2時間ちょっと。だそうです。


さて、今のワタシはあの時とはかなり違います。
何と言っても「世界のアルピニスト(予定)」です。

「もう二度と行かない」と心に固く誓った決心も
たった5年で反故です。

登りはじめました。
「あぁ、そういえばこんな風景だったなァ〜」と思い
写真を撮りながらゆっくり上っていました。

でいつの間にか頂上

イメージ 2



40分弱。(゜o゜)

本気で歩いたらたぶん30分もかからないでしょう。
頂上まで登るのに。


「う〜〜〜ん、なんで5年前は往復で2時間以上かかったんだろう(゜-゜)」
という感じです。
全然平気です。

もう一度最初に戻りましょう。
この時は旅行の最終日。
4日間の旅行でした。

それまでの3日半、奈良の西ノ京や西大寺付近のお寺を駆けずり回ったり、
なんと伊勢神宮まで足を延ばしたり、
修学院離宮や桂離宮を拝観したり
でメッチャ歩いていました。

そして最終日の午後3時過ぎです。


稲荷山をあっという間に登り切ってしまいました。

「全然ラクじゃん!」などと思って降りてきたところ
来た道とは違う方面(北の方)へ行ける分岐の場所がありました。

「まだまだ歩き足りないから歩いてみよう!!」と思って
北の方角へ歩き出しました。

ふと気が付くと・・・

イメージ 3


みたころのある風景が。

そう、紅葉の超名所東福寺です。

圧倒的な速さでそんなところまで来てしまいました。

一瞬「そうだ、清水方面まで東山を歩いてみようかなぁ」
とも思ったのですが、すでに午後5時過ぎ。
日が落ちる頃です。

知らない山道を歩くのは、ちょっと気が引けますし、
栃木まで帰らなければならないし、
ということで、清水への道はあきらめて
京都駅まで歩いていきました。(*^^)v


一昨日のこのブログのコメント欄に
時平さんが
「子供たちが大きくなりましたね まぁそれだけ親は年老いてる」
と書かれていらっしゃいましたが、

と〜〜〜〜〜んでもない!!!

ワタシはドンドンどんどん若返っています。
ふぉっふぉっふぉっふぉっふぉ
(V)o¥o(V)

開く コメント(6)

支出先

休んでいる間にはほとんどカメラ関係の出費を行っていません。

何に使っていたかというと・・・

やっぱり山です。


世界のアルピニスト(予定)としては三浦雄一郎さんには負けていられません。

雪山にも挑みました。
しかもかなり急。

イメージ 1



昨日の2枚目の写真を見て分かるかと思いますが、
娘の足には長靴のようなゴッツイ靴が見えます。

3人とも靴を新調しました。
娘のが一番高級品。
メレル

私と息子はモンベルです。
娘のよりは安いですが、かなりの出費。


次には

イメージ 2


寝袋。
モンベルです。
ココには2つしか映っていませんが、もちろん3つ


寝袋だけで山で寝られると思ったら大間違いです。
寝るための入れ物が必要。


イメージ 3


テント!

これは試しに1泊でキャンプに行った時の写真です。

しかしこれはキャンプ用のテントではありません。
山用のテント。
軽量です。
3人用。

メチャクチャ高いです。(ToT)

さらにマットやその他諸々。


寝袋やテントを買っても、それを運ぶ入れ物が必要です。

娘用とワタシ用に大きなザックも買いました。
娘用はモンベル。
ワタシのはカリマー。

等々ものすごい出費です。
ビックリするくらい。

軽く「ライカM」が買えてしまいます。


・・・
いや、それはちょっと大げさかも。(*^。^*)

でも、645Dは買えたかな。


・・・
う〜〜〜ん、それもちょっと盛りすぎ (#^.^#)

ですけど、10万円以上は余裕でかかっています。


ということで、今年は本格的に世界のアルピニストとしての道を歩むことになっています。

う〜〜ん、タイヘン!!

開く コメント(10)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事