《女性限定》片付けヘルパー日記

片付け本を買っても、パワフル掃除機を買っても、美しくならないお部屋をサポート

引っ越しは、断捨離の好機

こんばんは。

残暑の中、いかがお過ごしですか?

マキマキ、夏の疲れもなく、ハッスルハッスル!

ただ、新しいことには時間がかかる…

10月から新職場。

新たなマキマキを見出すことができるのか?!





さて、週末は、長い長いお付き合いのあるお客様の、お引っ越し。

ご結婚のため、彼の所へ。

頭の中で流れる、

瀬戸は離れて〜夕波小波〜♪

瀬戸の花嫁も、身軽にお嫁に行きました。

ここは身軽になって、新生活を!




勿体無い

と思うことは素晴らしいこと。

ただし、「片付けが苦手」の自覚がある場合、「勿体無い」は危険です。

これも勿体無い、あれも勿体無い…

気がつくと、荷物はどんどん増えていく。




新生活ですから!

ご依頼主さま、期限切れの食材はどんどん処分。

期限という数字で、はっきりするものはいいですが、

雑貨は期限はありませんね。

形は買った時のまま。

古いものは、新生活に似合いません。

ご依頼主ご自身のお部屋で、ホコリが被っていたものはサヨウナラ…

と、なかなか思い切れない。難しいですね。

そこで、お話ししました、

「思い」が「重い」になってしまう。

思い出、記念。その日の思いを大切にする気持ちが、



重い



新生活に邪魔になってしまうのなら、ご自身が潔く踏ん切りつけないと、です。

思いは、誰かに譲ることも、委ねることもできない。

今回は、引っ越しが迫っていましたので、新居で箱から出しつつ、要不要をしていただきましょう。

お一人では難しいことでも、今度は助けてくれる人がいます。

新生活で、スッキリ!スタイリッシュ!に!



ステキな結婚生活でありますように!



.


みんなの更新記事