間の作法 インテリアデザインのつくりかた

カフェ・レストランなど飲食店や美容室、アパレル店舗を中心としたデザインにおける日常の仕事と出来事 マッキーナデザイン

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

JR万世橋の旧駅舎をパブリックエリアとして、リノベーションされた空間
マーチエキュートhttp://www.maach-ecute.jp/内に
カフェ オブスキュラ 神田万世橋店をデザインさせていただきました。

わずか4坪(8帖)の空間に立ち飲みと物販のコーナーを設けた多面的な構成です。
5センチ単位で空間の割り振りを打ち合わせながら考察、調整、変更と繰り返し
ようやくたどりついたパーフェクトな導線と配置。

三宿のファミレスや三軒茶屋の既存店舗でのミーティング、21時スタート→27時解散、

全体イメージ  ブルックリン、バウハウス、インダストリアル、クラシック、新しい空気感
素材の選択   オーク材 スチール黒皮 ビアンコ大理石 ステンレス
予算に合わせた調整  什器の各見積を検証
使い勝手の検証  スタッフ導線、来客の居心地、商品の見せ方 メンテナンス性 ストックスペース
ディティールの確認  カウンター垂直部分凹凸をサンプルで比較 床パーケット 石の小口形状
最終イメージの共有 CGパース 手描きスケッチ 近いイメージの画像(海外の店舗)

施主のみなさんと、完成形を目指して、おそらく延べ100時間以上を共有したのではないでしょうか。
狭い空間だからといって、数時間の話合いではありきたりのモノしか出来ないと思います。

本質的な部分を理解せず、デザイナーがイメージ優先で提案した中身の薄い空間ではなく、施主との対話から生まれたリアルな空間こそが僕の理想とする仕事の進め方。

7月中旬から始まった実際の工事は順調に進み、こちらで手配した木製什器、スチール什器、ガラスショーケース、大理石天板も8月末に問題なく設置完了、ひとまず安心。

その後、LEDの間接照明やスポットを設置、調整し、それらの配線整理をし、完成。
2013/9/14オープン

神田万世橋(秋葉原)の新名所として、皆さんに訪問していただけると嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
空間設計など、ご質問がございましたらこちらまでご連絡ください。
マッキーナデザイン 前田 maeda@m-dl.co.jp

この記事に


.


みんなの更新記事