ここから本文です
koh*u53*2のブログ
子や孫の世代に負の遺産を残さないために政治ブログ活動を展開しています。

書庫全体表示

高速道路の整備が進んでいます。東名〜中央〜関越〜東北〜常磐〜東関東道を結ぶ圏央道が開通し、北九州と宮崎を結ぶ東九州自動車道も開通しました。

着実に高速道路の整備が進んでいるわけですが、全国各地にはまたまだ、高速道路のミッシングリンク(未整備区間で途中で途切れている区間)が存在しています。

特に酷いのが山陰です。鳥取・島根各県と中国自動車道を結ぶ高速道路は整備されていますが、山陰の日本海側を結ぶ高速道路の整備は遅々として進んでいません。それどころか、山口と島根、鳥取と兵庫の県境区間は未だに計画区間であり、いつ事業着手されるのか見当もつかない状況です。

更に言うと、日本海側を結ぶ高速道路自体が真面に整備されていません。新潟と青森を結ぶ日本海東北道の全通時期は未定であり、完成しているのは北陸道と若狭道だけという散々たる状況です。太平洋側とは比べ物にならないくらい整備率が低い状況です。

日本海側は太平洋側に比べて人口密度が低いのだから高速道路など整備する必要がないという暴論も聞こえてきますが、日本海側が一本の高速道路で繋がれば太平洋側が寸断された場合の代替ルートとなります。また、太平洋側で大災害が起きた時、重要な救援ルートともなります。

首都直下地震や南海トラフ地震の発生が懸念されていますが、こうした大災害によって一本しかない高速道路が遮断された場合、物流が遮断され、甚大な影響が出ることは東日本大震災が証明しています。

山陰道にしても中国道や山陽道が遮断された場合の重要な迂回ルートとなりますし、南海トラフのような巨大地震が発生した場合、最重要救援ルートとなる中国道を補完する重要な役割を果たすことになります。

多重複層的な高速道路ネットワーク整備は、災害でネットワークが寸断された場合の迂回路を構築して国民生活への影響を最小限度にすると共に救援ルートを確保することに繋がるのです。

地方創生が重要なテーマとなっていますが、地方創生のためには、高速道路ネットワークの整備が大前提となります。ヒト・モノ・カネという血液を地方に行き渡らせる手段である高速道路が整備されていなかったら話にならないからです。

山陰地方の衰退は人体でいう血液を循環させる役割を果たす血管=高速道路ネットワークが山陰はあまりにも貧弱なのが大きな要因でもあるのです。太平洋側は日本海側と比べて大きく発展し、人口が集中していますが、それは高速道路ネットワークが既に整備され、発展する土台が強固であるからなのです。

いくら地方創生だと叫んでも、発展する土台=インフラがなかったら、発展するキッカケすらつかめないのです。高速道路は既に十分整備され、人口過疎地域にこれ以上インフラ資金を投入のは無駄遣いだという意見がありますが、こんなものは暴論でしかないのです。

それに、高速道路が全通して1本に繋がると地域経済だけでなく日本経済全体に大きなプラス効果となります。地方の農産物・水産物は高速道路ネットワークを使って都市に運ばれますし、日本の製造業を支える部品工場のほとんどは地方にあります。この部品も高速道路ネットワークを活用して全国各地の工場に運ばれます。

そうして完成した工業製品が日本の国力の源となっているのです。高速道路が地方と都市、各地方同士を結ぶことによって、個々に存在する成長エンジンが有機的に結合し、国富が増大していくのです。

高速道路ネットワークは一旦完成させて適切なメンテナンスを定期的に行えば未来永劫使用できるストックになります。そのストックが日本の経済力そして国力を支え続けるものとなるのです。

高速道路整備への投資は将来世代に大きな遺産を残す未来への投資なのです。こうした公共事業はどんどん整備していくべきです。決して無駄な投資ではありません。

この財政赤字の時に、高速道路整備に莫大な費用を投じるのは無理であり、財政破綻に繋がるという批判が必ず沸き起こりますが、その心配は無用です。

今は空前の低金利で金利はゼロ、あるいはマイナスという状態です。国債を発行しても払う利息はゼロに近く、国は容易に資金調達することができます。逆に今、高速整備をやらないでいつやるのかという話になります。

しかも、公共事業費は国の一般会計歳出予算の5%を占めているにすぎません。最も大きなウエイトを占めているのは社会保障費(30%)です。次いで利払費と債務償還費を賄う国債費(24%)、地方交付税交付金(18%)となっています。

公共事業費のウエイトは低く、これを削減しても財政健全化にはほとんど寄与しないのです。逆にインフラが整備されないことによって、成長の糧がなくなり、日本国が衰退する一方となります。そうなれば、税収が減っていくのでいずれ確実に財政破綻となります。

そもそも日本の道路は先進諸国と比べてとても貧弱です。日本の保有自動車1万台当たりの道路の長さは先進国の中でも低い水準となっています。日本は138kmですが、アメリカは763km、フランスは414kmなのです。高速道路となると先進国の中で最下位となっています。
 
マスコミは日本の道路整備水準は高く、これ以上の道路投資は不要であると報道しますが、全くの的外れなのです。もしそうなら、あちこちで渋滞が頻発することはないはずです。マスコミ報道のいい加減さは目に余るものがあります。

地方創生や災害に強い国づくりのため、これからも着実に高速道路ネットワークの整備を進めていくべきです。それが生きた金の使い道であり、将来世代に残す遺産となります。
                               イメージ 1→日本ブログ村に参加しています。
          この記事に賛同頂ける方、クリックをお願いします。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事