ここから本文です
koh*u53*2のブログ
子や孫の世代に負の遺産を残さないために政治ブログ活動を展開しています。

書庫全体表示

1900年、中国北京にある各国の公使館区域が義和団と呼ばれる無数の暴徒に包囲され、無数の外国居留民の生命が危機に瀕する事態が発生しました。世にいう北清事変です。

義和団という宗教集団に属する無数の中国人が中国各地でキリスト教会を襲撃したり、欧米人を多数殺害する事件を起こします。義和団の乱は瞬く間に中国全土に拡大し、その勢いは留まるところを知らず、遂には義和団によって北京が制圧される事態となります。

北京を制圧した義和団は各国の公使館区域を包囲し、あろうことか攻撃を開始したのです。しかも、清国政府は義和団を鎮圧しないどころか、列強各国に宣戦布告し、義和団と共に各国公使館への攻撃をはじめてしまったのです。

北京にあった公使館はイギリス・アメリカ・フランス・ロシア・ドイツ・オーストラリア・イタリア・オランダ・ベルギー・スペイン・日本の11か国でしたが、各公使館とも恐怖のどん底に突き落とされたことは言うまでもありません。

各国の守備兵は果敢に善戦するも、数の圧倒的な差によって徐々に追い詰められていきます。ですが、日本軍人の活躍によって救援軍が駆け付けるまで、北京の公使館区域は持ちこたえることができました。

日本公使館付き武官であった柴五郎中佐が指揮する日本軍の活躍は凄まじく、自らの受け持ち地区を防御するだけでなく、イギリス公使館が襲撃されたときも救援に駆けつけ、清国兵を撃退したのでした。

イギリス公使館に救援に駆けつけた安藤大尉以下8名の日本軍兵士は敢然と清国兵に切り込み、20名ほどをあっという間に切りつけたといいます。余りの強さに日本軍兵士はイギリス公使館に居た兵士や婦女子の賞賛の的になりました。

当時を取材したピーターフレミングは日記に記しています。「日本軍を指揮した柴中佐は、籠城中のどの士官よりも勇敢で経験もあったばかりか、誰からも好かれ、尊敬された。当時、日本人とつきあう欧米人はほとんどいなかったが、この籠城をつうじてそれが変わった。日本人の姿が模範生として、みなの目に映るようになった。日本人の勇気、信頼性、そして明朗さは、籠城者一同の賞賛の的となった。籠城に関する数多い記録の中で、直接的にも間接的にも、一言の非難も浴びていないのは、日本人だけである。」

避難していた各国の婦女子が恐怖に震えているとき、戦いながら日本軍兵士は優しい笑顔とおどけた格好で婦女子の笑顔を取り戻し、各国の女性や子供は日本軍兵士のファンになっていました。

柴五郎中佐が指揮する日本軍の活躍によって、北京の公使館区域は55日の籠城戦を持ちこたえ、1万6千人の救援部隊が北京に到着し、義和団の乱は鎮圧されました。

この救援部隊の半数も日本軍兵士が占めており、山口中将率いる日本部隊は欧米連合軍の中で常に先頭に立ち、力線奮闘し、義和団が占拠する北京を開放したのでした。

北清事変に際して、欧米列強は日本軍兵士の勇猛果敢さに感嘆するわけですが、更に感嘆させたのが日本軍の規律の正しさでした。日本軍だけが占領地域のおいて略奪行為を行わなかったのでした。

戦争時における略奪・強姦は欧米兵の間では常識でした。特に悪質だったのがロシア兵でロシア軍そのものが略奪集団だったのです。ロシア兵の規律のなさは第二次大戦末期、満州・樺太において日本人に対して悪逆非道な鬼畜のような振る舞いを行ったことでも明らかです。葛根廟事件は最たるものです。

北清事変で日本は文明国の模範生として行動し、欧米列強から認められたのでした。そして柴五郎中佐が指揮する日本軍の活躍によって、イギリス人に親日的感情が生まれ、「日本は信頼できる国」と認められ、日英同盟に繋がっていったのです。

北清事変当時、イギリス公使として北京に駐在していたマクドナルド公使は「北京籠城の功績の半ばは、とくに勇敢な日本将兵に帰すべきものである。」と本国に報告しています。

当時、イギリスは世界の超大国として君臨し、『栄光の孤立』を誇りに、どんな事があっても他国と同盟を結ぶと言う事はありませんでした。そうした国が黄色人種の東洋の小国日本と同盟を結ぶのです。当時の外交常識では考えられないことでした。

この日英同盟が北清事変から4年後に日本が強国ロシアを打ち破る力となったのです。柴五郎中佐が指揮する日本軍の活躍が日英同盟という奇跡を生み、日本を列強の一員に押し上げることにつながったのです。

北清事変から数十年後、日中戦争時に日本軍は中国大陸において、狼藉の限りを尽くしたと非難されますが、規律正しい日本兵がそのようなことをするわけがないのです。北清事変時の日本兵の規律正しさをみれば、そうした非難が如何に史実を歪めているかが分かります。

義和団に属する無数の中国人が各地で無法な振る舞いをしたように、日中戦争時に狼藉の限りを尽くしたのは中国兵だったのです。通州事件、黄河決壊事件、堅壁清野と呼ばれる焦土作戦がそれを証明しています。中国軍には略奪・暴行・強姦は兵士の当然の権利だという概念が染み込んでいたのです。

柴五郎中佐が指揮する日本軍の活躍は日本が誇るべき史実です。反日勢力が振りまく自虐史観から日本人は脱却して真実の歴史を知るべきです。かつての日本は偉大だったのです。日本人は歴史を取り戻すべきです。
          イメージ 1→日本ブログ村に参加しています。
          この記事に賛同頂ける方、クリックをお願いします。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事