ここから本文です
koh*u53*2のブログ
子や孫の世代に負の遺産を残さないために政治ブログ活動を展開しています。

書庫全体表示

「日本遥かなり〜エルトゥールルの奇跡と邦人救出の迷走〜」はノンフィクション作家門田隆将氏の著書で、エルトゥールル号遭難事故とイランイラク戦争という二つの事件によって深く結びついた日本とトルコの友情が描かれています。

イラン・イラク戦争の最中の1985年、当時のイラクのサダム・フセイン大統領は、イラン上空の航空機に対する期限を定めた無差別攻撃宣言を行い、イラン在留の外国人を恐怖のどん底に突き落としました。

各国政府は期限までにイラン在住の国民をメヘラーバード国際空港から軍用機や旅客
機で救出しましたが、日本だけは自衛隊の海外派遣不可の原則のために、航空自衛隊
機による救援を行いませんでした。

日本政府は日本航空(JAL)にイランの滞在する在留邦人の救援のため、特別機を出すよう要請しましたが、JAL労働組合の強い反対のため、JALは拒否しました。取り残された日本企業社員やその家族約250名がパニック状態に陥ったことは言うまでもありません。

この在留邦人の窮地を救ってくれたのがトルコでした。トルコ政府がトルコ航空をイランのテヘランへ派遣し、日本人を無差別攻撃期限ギリギリで救出してくれたのです。機長の「ウェルカム・トゥー・ターキー(トルコへようこそ)の声は危機を脱したことを教えてくれました。

何故、トルコは自国民より優先して日本人を救出してくれたのか。爆撃されるかもしれない緊迫した状況下でトルコ航空の機長をはじめとする乗務員は来てくれたのか。それは「エルトゥールル号の恩義を今こそ返すとき」というトルコ国民の合言葉があったからでした。

エルトゥールル号遭難事件が発生したのは1890年(明治23年)でした。当時のオスマントルコ皇帝はオスマンパシャ提督を特使として親善使節団を日本に派遣しました。一行は3カ月ほど日本に滞在し、熱烈な歓迎を受けました。

軍艦エルトゥールル号に乗って日本からトルコに帰国しようとしましたが、その途中で和歌山県串本町の沖で台風により座礁し沈没してしまったのです。オスマンパシャ提督を含む587人が死亡する大惨事でした。

エルトゥールル号遭難事件の生存者は69人で、岸に流れ着いた人々は地元大島の人々に救われました。食糧が不足する中、それを割いて分け与え、非常食として取っておいた分まで分け与えたといいます。

エルトゥールル号遭難事件の大惨事に対して日本は生存者の救助、介護、犠牲者の遺体・遺品の捜索、船の引き揚げなど事後処理を官民挙げて手厚く行いました。明治天皇も大いに心を痛め可能な限りの援助を行うよう指示したといいます。

エルトゥールル号遭難事件の生存者69人は軍艦「金剛」「比叡」で丁重にトルコに送り届けられました。トルコの人たちは感激したのは言うまでもありません。だからこそ、トルコは世界有数の親日国であり、トルコと日本は固い友情で結ばれているのです。先人たちに感謝です。

エルトゥールル号遭難事故とイランイラク戦争時のトルコ航空機による邦人救出は非常に感動する物語ですが、一方で、自国民を自力で救出することができない日本国は何と情けない国なのでしょうか。

イランイラク戦争や湾岸戦争のように一番肝心な時に、自衛隊を海外に派遣して自国民を救出できないような国が先進国と呼べるのでしょうか。憲法の制約で自衛隊を海外に派遣できないのも異常ですが、派遣しようとすると左派勢力や野党、マスコミによって妨害されるのはもっと異常です。

限定的ながら集団的自衛権の行使を可能にする安保法制が国会で議論されている時、左派勢力や野党、マスコミは安倍政権を徹底的に攻撃していました。

集団的自衛権とは、自国が武力攻撃された場合だけでなく、自国と密接な関係がある他国が武力攻撃された際に、加勢・救援として武力を行使する権利のことです。

1国では抑止力が不十分で対処が難しくても、複数の国が集団で対処することによって抑止力を高めて、不当な武力攻撃を行う国を封じ込めようという考え方です。その名の通り、集団で自衛するもので、個別より集団の方が抑止力が高まるという考え方です。

集団的自衛権という日本を守る上で欠かせない当たり前のことを実行するだけで、苛烈な反対運動がおこるのが日本という国なのです。有事の際、世界中にいる在留邦人を救出するため、何時なんどきでも自衛隊を普通に海外派遣できるような法整備を行おうとしたら、どれだけの騒ぎになるのでしょうか。

「日本遥かなり」の著者:門田隆将氏も、「いざという時の自国民の救出を他国に委ねるという異常事態に終止符が打たれるかどうか注目していたが見事に裏切られた」と書いていたのが印象的でした。

海外において日本国民を救うための活動を自衛隊が行う際、その活動の障害となる日本国憲法とは何なのでしょうか。自国民を守れない憲法を平和憲法として崇めている日本は普通の国ではないのです。

自衛隊が自国民を救出できるようにするためにも憲法改正は不可欠です。ただの紙切れである平和憲法で日本の平和が保たれるわけではないのです。逆に、平和憲法は自国民を救出する障害となっているのです。

「日本遥かなり〜エルトゥールルの奇跡と邦人救出の迷走〜」(門田隆将著)を読んで、日本の安全保障を改めて考えさせられました。そして、エルトゥールル号遭難事件を日本人はもっと知るべきです。そうすれば、自らの国の歴史に誇りをもち、自虐史観を払拭することができるでしょう。
          イメージ 1→日本ブログ村に参加しています。
          この記事に賛同頂ける方、クリックをお願いします。
イメージ 2


この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事