政治監視委員会

青年よ、政治を監視せよ!

全体表示

[ リスト ]

<<日本の刑事司法制度に世界の目を!!>>

〜取調べの全面可視化と、自由権規約の個人通報制度に入ることを求めるウェブアクション 〜

2008年、国連の自由権規約委員会は、日本政府に対して、国連自由権規約の個人通報制度に入るよう

勧告しています。

この制度は、個人が国連の人権機関(自由権規約委員会)に対して、自らが受けた人権侵害を通報し、

侵害した国家の責任を問い、権利の救済を求めることができる制度です。

1977年からスタートしたこの制度は、すでに世界111カ国が加入しています。

この制度の下で、不公正な裁判などで死刑判決が出されたケースについて、

「公正な裁判を受ける権利」の侵害であるとして、権利の救済を求める通報が世界中から

行われています。

そうしたケースの中には、自由権規約委員会が、不公正な裁判で死刑判決を下すことは

人権違反であるとして、死刑囚の釈放や刑の軽減、さらにその国の司法制度の見直しなどを

勧告したケースがあります.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<委員会メンバー談> 日本の司法制度について....

「私が驚いたのは、警察はもちろん犯人が誰であるか知っている、被疑者が罪を犯したか否かを

知っている、という(日本政府)代表団の発言です。これは警察の役割ではありません」

                         (2008年、国連自由権規約委員会より)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2008年、ジュネーブで行われた日本政府報告書審査の席上、国連自由権規約委員会は、

日本政府代表に対し、日本の刑事司法が国際人権基準に明らかに違反していると厳しく批判した。

詳細は http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=2700 にて

---------------------------------------------------------------------------------------

誰かさんが、世界に冠たる日本警察なんて豪語してたけど、実情はまったく違うね。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

火曜日の日刊ゲンダイで大阪府枚方市元副市長の小堀隆恒氏のケース
が紹介されちました。小堀氏は、談合容疑をかけられて逮捕・起訴
されましたが裁判で無罪を勝ち取り、結局冤罪でした。
小堀氏に対する検察の取り調べは、常軌を逸していて
「ごみ野郎、くず野郎」と怒鳴り
「白状しろ。カネはどこに隠したのか」という尋問が深夜まで
続けられ、奥さんを調べるとか、介護施設にいる90歳の母親を
連れてきて調べると攻め立てられ、パイプいすを取り調べ室の
壁にぶつけて脅かされ、「これが法治国家の日本なのか」と
心底思われたそうです。
小堀氏は当時腎臓ガンを患っており、手術の段取りがつけられて
いたそうですが、それは取り調べでは一切考慮されなかったそう
です。血尿が止まらないのを、介護用の紙おむつをたった1枚
与えられ、それを20日間乾かしては使い続けることを強いられて、
生きて取調室を出られるかと本気で思ったと、ゲンダイに語って
おられたそうです。
このような状況を放置してはなりません。

2010/2/11(木) 午前 11:11 [ オレンジトマト ]

顔アイコン

たたけば、誇りが出るのが多いのは誰だ!

2010/2/11(木) 午後 10:40 [ 政治監視委員=国民 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事