介護相談承ります。

介護ショップミズタニ http://www.kaigomizutani.com/

今後の経済動向

現在、特に大企業中心に景況感は改善に向かっている。

ただ社会保障の充実・消費税増税での景気の影響・法人税の引き上げ検討等を中心に

課題は山積している。

企業が潤えば、設備投資、賃金のベースアップへ等を行い経済に好循環を与える。

しかし、今の日本の経済はそう単純ではない。

特に中小企業は、まだ景況感は改善されていないのが現状で、中々設備投資・賃金のベースアップに

踏み切れないでいる。

また円安・原料高の影響で物価が上昇し、インフレが起きる事は間違いない。

中小企業は、賃金のベースアップに踏み切れず、生活における支出が増え、

個々の家庭は逼迫する事は間違いないだろう。

今後弊社は、賃金のベースアップを目標に、経費削減・売り上げの向上に努めなければいけない。

そして目標を達成しなければ、社員の生活を逼迫させてしまう事になるだろう。

達成することで、私の使命でもある。

目標を達成するには、優秀な社員と共に切磋琢磨して顧客をさらに創造していかなければならない。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

インフレ

インフレへの期待と懸念

株高・円安が進み、日本経済は潤ってきた。

潤いを継続させなければ、また経済は疲弊してしまう。

インフレを目標に掲げ、デフレ脱却が現実になっても

国民の給与が上がらなければ、物価も上がる事で、国民の生活が

更に逼迫する恐れがある。企業は労使交渉を通し、労働者に

還元しなければならない。

しかし、経営者側も社員の給料を上げることは容易ではない。

好景気が持続してくれればよいが、短期間で失速してしまうと、

再度社員の給料・設備投資等を削減しなければいけなくなる。

さらに会社が赤字経営になり、社員の雇用までもを削らなければいけなくなる。

今後、会社の成長率及び損益分岐点等を確りと予測した上で、慎重に設備投資及び

社員の給料を検討していかなければならない。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

心境

今後の日本はどうなってしまうのだろう。

電気代の値上げ・消費税の増税・国内需要の低迷・円高・・・・・。

企業にとってマイナス要因がありすぎて、既に是正の余地がない。

その中で企業は業績をあげなければいけない。

日本の企業は市場の場所を変え、海外市場へ進出。

国内総生産は減り、通貨・日本の先端の技術が海外に流出。

国の赤字国債が増え、最悪の場合、デフォルトを余儀なくしなければいけない可能性もでてくる。

企業が失速すれば雇用もうまれない。雇用がうまれなければ、消費もうまれない。

負の連鎖を早急に止め、早期に景気回復への政策を懇願したい。

今後介護分野も引き締めが起こるだろう。

弊社は、今やるべき事を遂行し、顧客満足度をあげるため、顧客志向を徹底しなければ

いけない。

私は常にこう思っている。

ピンチが無ければチャンスもない。

ピンチの時こそ、チャンスだと思い、全力プレーで頑張っていきたい。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

日本の銀行

日本の銀行が優等生になっている。

ムーディーズによる格付けを見ると一目瞭然だ。

欧州からも国債を買い取ってもらうよう要望もきている。

今こそ日本の銀行は、グローバル化を急速に進め、海外での融資を増やさなければいけない。

ただ日本の銀行はバブル崩壊時の不良債権問題は絶対に忘れてはいけない。

不良債権を処理するため、公的資金を注入した事。

公的資金は国民が汗水流して働いた「結晶」でもあるから。

海外の銀行に対してのM&A行い、各国の顧客を増やす事も一つの方法かもしれない。

今後、日本の企業が注目をされていく事は間違いは無いだろう。

日本の企業の成長は銀行の企業に対する支援策により左右されることは間違いないだろう。

不良債権問題という傷を忘れる事無く、出来る限りの企業の支援に着手してほしい。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

日本の矜持とは

政府が新市場と掲げた医療・介護分野。

雇用不足を敏速に是正し、介護分野の充実を実現してほしい。

消費税増税という政策を無駄にせず、有意義な予算として
使ってほしい。

私達企業は限られた予算の中で、赤字を出さず
必死に経営を行っている。
電気料金の値上げ・法人税の引上げ・勿論消費税の増税
も含め、日本で会社経営をするメリットが無くなってきている。

日本企業は海外に拠点を移し始めた事で日本の技術は海外に流出し、韓国・中国にも技術の追随を与え、日本の強みが欠落してしてきている。
今こそ日本技術の矜持を保ち、世界経済を牽引してほしい。

若者の失業も懸念材料としてあり、若者の仕事へのモチベーションを低下させることが
日本の衰退に繋がる事は言うまでもない。
企業側も雇用を創出し、会社を伸ばしたいという
意欲はある。ただ上記で述べたように赤字を出さない経営をしなければいけないと思う事で
中々設備投資が出来ないのも現状だ。

日本の課題は山積しているが、この課題を一つ一つ
解決していき、日本の明るい未来を創造しなければいけない。


弊社の社員は、優秀で仕事に対してのモチベーションが高い。
僕はこのような社員に恵まれて本当に嬉しい。

本当は僕が社員に仕事へのモチベーションを与えなければいけないのに
社員が僕にモチベーションを与えてくれる。

現在失業中の若者も僕よりもポテンシャルが高い方は沢山いると思う。

弊社も利益をさらに追求し、ポテンシャルの高い社員を雇わなければいけない。

その実現が、お客様のサービス向上に繋がるのであるから。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

最近、ギリシャ問題が後を立たない。

ユーロ国(特にフランス・ドイツ)がギリシャに対して

どのような政策を打ち出すのか。世界が注目している。

そもそもギリシャ問題がなぜそこまで重要視されているのか。

ギリシャがもしユーロを離脱すれば、IMF・ユーロの力を

借りずに経済を立て直さなければいけない。現在債務超過であるギリシャは

勿論不可能な課題で、その先にはデフォルトが待っているだろう。

デフォルトがおきると、ギリシャの国債は価値がなくなり、ギリシャの国債を保有していた

銀行が不良債権を抱え、経営悪化は勿論、経済衰退という最悪なシナリオになるのは

間違えない。

ドイツ・フランス他ユーロ諸国が打ち出す政策で、世界経済が揺らぐ事は間違いない。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

脳血管障がい

脳血管障がい

原因・症状
脳血管障害は、脳の血管が破れる「クモ膜下出血」と「脳出血」、脳の血管が詰まる「脳梗塞」
の3種類に大きく分けられる。

クモ膜下出血の場合は突発性の激しい頭痛に襲われるのが特徴である。脳出血・脳梗塞の場合は
脳のどこの部位に損傷を受けたかによって症状が異なる。


現在、介護の仕事に携わっているが、上記障がいを持っている片が非常に多い。

福祉用具レンタル会社として、脳血管障がいの方の日常生活動作を安全に行えるように

全力で支援する必要がある。特に脳梗塞はご利用者よって、症状が異なるため

用具の選定が非常に難しく、慎重に行わなければいけない。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

企業買収(M&A)

日本企業による海外企業のM&Aが活発化してきた。

上記背景には買収額の抑制・震災後の企業経営の危機感・海外企業の追随

が挙げられる。

今回、上場企業だけではなく、中小零細企業もM&Aを行っている。

買収資金は、銀行等からの借り入れ・株式・社債発行でまかなっている企業が

多い。その理由は、資金を外部から調達した方が投資効率が良くなるためだ。

日本国内のみでの利益確保に向けた戦略はもう存在しない。

世界での利益確保に向けた戦略に移行していく時代に乗り遅れないように

最善の努力を尽くしたい。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

復興増税の行方

復興増税の母体とされる法人税は引き下げの方向になった。

企業側としてはまずは一安心だ。

今後の海外企業に対しての日本誘致にも一歩前進したのかもしれない。

ただ、直接的な法人税は引き下げになったとしても、間接的な法人税は

引上げになる可能性が高い。

日本の企業間では、ものづくり部門の工場は海外に移転するよりも

日本で行いたい企業はまだ根強く存在する。

上記企業の希望も考慮した復興増税対策も考えなければいけない。

今後日本はGDPを引き上げるため、経済を刺激し、グローバル化に対応できる

強い日本を創造しなければ未来は無い。

海外企業に対しての日本誘致をなくして上記目標は達成できない。

復興増税として挙げられる、所得税・相続税・消費税・法人税。

慎重に検討し、今後の日本の未来を創造してほしい。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

最重要課題!!

日本の農業の発展は日本経済にとって最重要課題である。

日本の農業を守り、グローバル化に乗り遅れないように

するにはどうしたらよいのか。

まずはTPPに意欲的に参加をし、日本のグローバル化をアピールする事だ。

同時に、農地法を緩和し、企業が農業に進出し易くしなければいけない。

戸別補償制度の充実も忘れてはいけない。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事