三国志のお話し

久方ぶりにのぞいてみたら使い方がよくわからなくなってる。ちょっとリハビリが必用かな…。

全体表示

[ リスト ]

孫皓の灌仏

衛兵が後宮の土の中から金像をひろってきたので、孫皓はこれを廁に置き、四月八日に灌佛と称してオシッコをひっかけたところ、タマタマが腫れ上がって絶叫した、とある。これが有名な孫皓の灌仏^^
→『出三藏記集傳上卷第十三』/康僧會傳第四
衛兵入後宮治園。於地中得一立金像。高數尺。以呈使著廁前。至四月八日。至廁污穢像云。灌佛訖。還與諸臣共笑為樂。未暮陰嚢腫痛。叫呼不可堪忍。太史占言。犯大神所為。群臣祷祀諸廟。無所不至。而苦痛彌劇。求死不得。綵女先有奉法者。聞病。因問訊云。陛下就佛圖中求福不。舉頭問。佛神大耶。綵女答。佛為大聖。天神所尊。心還悟。具語意故。綵女即迎像著殿上。香湯洗數十遍。燒香懺悔。於枕上叩頭自陳罪逆。有頃所痛即間。

これはなかなか大事な記録で、正史である『呉書』劉繇伝には、陶謙配下の
笮融が仏寺を建立。銅人を造り、黄金を塗り、錦の衣を着せたとあり、仏像の記録としては最古の部類なのだとか。
六朝時代というのは、儒家伝統の政治や道徳といったものへの感心が著しく低下し、総体的に文学や芸能といった世界に傾倒する者が多くなっていったとのこと。三国時代の建安七子はまさに草分け的存在で、さらに三曹といえば漢詩の土壌を固めた始祖的な存在でもある。
後漢を通じて潜伏を余儀なくされていた仏教が、怒濤のごとく社会に浸透して行くのもこの時期なのだとか。
孫皓の灌仏の記録もそんな世相を反映してのものか。

【参考】
樋口隆康先生『大陸からみた古代日本』
森三樹三郎先生『中国思想史(下)』

閉じる コメント(4)

顔アイコン

これは知りませんでした。たいそう罰当たりなことをしたものですね。
そうですね。神秘的な奇跡とかが喧伝されて江南は仏教色に染められていきますね。

2012/9/17(月) 午後 2:13 harumachigusa

顔アイコン

ネット検索で「孫晧の灌仏」を調べてみました。
この痛みを解消するのに仏像を香湯で洗って焼香懺悔してやっと治ったとありました。
罰当たりなことをしたからか、それとも誰かに恨まれて毒でも塗られたのか。。。?
六朝時代に仏教が著しく普及するのですか。
武侠小説には欠かせない少林寺とか全真教とかが、この頃普及したと聞くと、いっそう興味深いものがあります。

2012/9/17(月) 午後 3:07 mokusei arrow 弓

顔アイコン

春待ち草さん、
神秘的な奇跡というと、僕の引用した文には、ゆみさんが挙げている部分が無く、尻切れトンボでしたので、修正しておきます f^^;

2012/9/17(月) 午後 3:31 こういち

顔アイコン

ゆみさん、
ご指摘の箇所、追加で挙げておきました。大事な部分が抜けてましたね^^;
六朝時代というのは、中国史にとって文化の様相がガラッと変わる時期でもあるようですね。
僕は思想史的なところは全くの無知なので、森三樹三郎先生の入門編で勉強しているところです^^

2012/9/17(月) 午後 3:40 こういち


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事