三国志のお話し

久方ぶりにのぞいてみたら使い方がよくわからなくなってる。ちょっとリハビリが必用かな…。

全体表示

[ リスト ]

鴎外の恋人

鴎外の生誕150年とかで文京区でいろいろと記念行事があるそうです。
鴎外というとドイツ人エリーゼとのアバンチュールぐらいしか思いつかない^^;
エリーゼのことについては通説が数転している、長い間通説とされてきたものは喜美子のエリス像、事実が明るみに出だしたのは昭和四十九年の小金井良精の日記の公開と、翌五十年の石黒忠悳の日記の公開以降。
残された最期の謎はエリーゼの素性。
これは昨年六草さんが明らかにした。
以下、鴎外とエリーゼとのアバンチュールの大筋。
鴎外は、ドイツ留学中の最初の頃は、みんなと同様プロの人と遊んでいた。
当時、こういうプロの人と関わりを持つのはコーヒーショップであったとのこと。
その後、鴎外はエリーゼという町娘とねんごろになる。
上司の石黒は鴎外を「森最多罪」と非難している。これは町娘に手を出したが為である。
恋愛を経て鴎外はエリーゼを結婚目的で日本に呼び寄せることになるが、日本の森家ではそれとは別に婚約話を進めていた。
もちろん鴎外も承知の助であるが、優柔不断な態度でどっちつかずな返答を繰り返していたようだ。
鴎外は母には弱かったので断りきれなかったのだろう。
本当に好きな人を連れ帰れば、母もあきらめてエリーゼとの結婚を認めてくれると甘い考えだったのかもしれない。
ところが現実はやはり厳しかった。
最初は鴎外有利で話が進んでいたが、最期は母の気持ちが勝った。
エリーゼはドイツに帰らされることになる。
鴎外はエリーゼを帰国させてから後も文通をしていたようだ。
死ぬ前に妻に命じてこれらエリーゼとの思い出の品や手紙をほとんど燃やさせている。
型金だけは残っていて、今鴎外記念館に展示されているとのこと。
ーーーーーーーーーー
【参考】
高島俊男『お言葉ですが…⑤』/森鴎外のドイツの恋人

閉じる コメント(2)

顔アイコン

鴎外のことあまり知りません。
親に押し切られて恋人を返してしまうなんて、時代に負けたとも言えるのでしょうが、女性から見ると情けない男と言えますね。
ちょっと悲しい。。。

2012/11/11(日) 午後 7:59 mokusei arrow 弓

顔アイコン

森鴎外にはそんな方がいたんですね。

男性は母親にはそういうものなのでしょうか(^^’)

2012/12/12(水) 午前 10:39 cantiknesia


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事