江戸のガーデニング

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全45ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

信鴻のガーデニング天明四年
 天明四年の日記にどのような植物が記されているか、また、どのようなガーデニングしていたかを示す。なお、植物名にはガーデニングとは直接関係がないものがあり、判別に迷うが前後の関係や前年までの記述から判断した。
○一月
 一月の日記には10日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、10日ある。収穫の記載は3日ある。それら日記に記された植物名は13、5種である。この年の新たな植物の種類は5種である。信鴻が六義園に移って初めて記す種はない。また、植物を遣り取りした記録は、7日である。
 「梅」は、ウメ(バラ科)とする。
 「土筆」は、スギナ(トクサ科)とする。
 「蕗臺」は、フキ(キク科)とする。
 「山吹」は、ヤマブキ(バラ科)とする。
 「嫁菜」は、ヨメナ(キク科)とする。
○閏一月
 この月の日記には5日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、7日ある。収穫の記載は4日ある。それら日記に記された植物名は7、5種である。この年の新たな植物の種類は2種である。信鴻が六義園に移って初めて記す種はない。また、植物を遣り取りした記録は、4日である。
 「杏大樹」は、アンズ(バラ科)とする。
 「萩」は、ハギ(マメ科)とする。
○二月
 二月の日記には15日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、3日ある。収穫の記載は12日ある。それら日記に記された植物名は26、12種である。この年の新たな植物の種類は10種である。信鴻が六義園に移って初めて記す種は、タラノキ1種である。また、植物を遣り取りした記録は、1日である。
 「桜」は、総称名サクラ(バラ科)とする。
 「桜草」は、サクラソウ(サクラソウ科)とする。
 「松露」は、ショウロ(ショウロ科)とする。
 「薇」は、ゼンマイ(ゼンマイ科)とする。
 「たらの芽」は、タラノキ(ウコギ科)とする。
 「烏頭」は、トリカブト(キンポウゲ科)とする。
 「南天」は、ナンテン(メギ科)とする。
 「母子草」は、ハハコグサ(キク科)とする。
 「葡萄」は、ブドウ(ブドウ科)とする。
 「桃」は、モモ(バラ科)とする。
○三月
 三月の日記には12日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、9日ある。収穫の記載は10日ある。それら日記に記された植物名は26、11種である。この年の新たな植物の種類は8種である。信鴻が六義園に移って初めて記す種はない。また、植物を遣り取りした記録は、7日である。
 「五加」は、ウコギ(ウコギ科)とする。
 「車前」は、オオバコ(オオバコ科)とする。
 「楓」は、総称名カエデ(カエデ科)とする。
 「皀角」は、サイカチ(マメ科)とする。
 「忍冬」は、スイカズラ(スイカズラ科)とする。
 「蒲公」は、タンポポ(キク科)とする。
 「藤」は、フジ(マメ科)とする。
 「松」は、マツ(マツ科)とする。
○四月
 四月の日記には7日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、16日ある。収穫の記載は4日ある。それら日記に記された植物名は12、10種である。この年の新たな植物の種類は8種である。信鴻が六義園に移って初めて記す種は、イチハツとサンズンアヤメの2種である。また、植物を遣り取りした記録はない。
 「菖蒲」は、アヤメ(アヤメ科)とする。
 「十八」は、イチハツ(アヤメ科)とする。
 「岩檜」は、イワヒバ(イワヒバ科)とする。
 「姫菖蒲」は、サンズンアヤメ(アヤメ科)とする。
 「芹」は、セリ(セリ科)とする。
 「笋」は、マダケ(イネ科)とする。
 「三葉」は、ミツバ(セリ科)とする。
 「蕨」は、ワラビ(ウラボシ科)とする。
○五月
 五月の日記には12日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、14日ある。収穫の記載は7日ある。それら日記に記された植物名は15、7種である。この年の新たな植物の種類は3種である。信鴻が六義園に移って初めて記す種はない。また、植物を遣り取りした記録は、3日である。
 「菊」は、キク(キク科)とする。
 「霧島」は、キリシマ(ツツジ科)とする。
 「さつき」は、サツキ(ツツジ科)とする。
○六月
 六月の日記には8日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、13日ある。収穫の記載は4日ある。それら日記に記された植物名は8、2種である。この年の新たな植物の種類はない。信鴻が六義園に移って初めて記す種はない。また、植物を遣り取りした記録は、1日である。
 「菊」は、キク(キク科)とする。
 「霧島」は、キリシマ(ツツジ科)とする。
 「さつき」は、サツキ(ツツジ科)とする。
○七月
 七月の日記には植物名の記載がない。ガーデニング作業と思われる記述は、10日ある。収穫の記載はない。したがって、それら日記に記された植物名もなく、信鴻が六義園に移って初めて記す種もない。また、植物を遣り取りした記録はもない。
○八月
 八月の日記には21日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、12日ある。収穫の記載は20日ある。それら日記に記された植物名は41、12種である。この年の新たな植物の種類は、9種である。信鴻が六義園に移って初めて記す種は、スイカ、トウガン、ミズヒキの3種ある。また、植物を遣り取りした記録は、2日である。
 「栗」は、クリ(ブナ科)とする。
 「椎」は、総称名シイ(ブナ科)とする。
 「西瓜」は、スイカ(ウリ科)とする。
 「冬瓜」は、トウガン(ウリ科)とする。
 「同断躑躅」は、ドウダンツツジ(ツツジ科)とする。
 「初茸」は、ハツタケ(ベニタケ科)とする。
 「芙蓉」は、フヨウ(アオイ科)とする。                          「水引」は、ミズヒキ(タデ科)とする。
 「ぬかこ」は、ヤマノイモ(ヤマノイモ科)とする。
○九月
 九月の日記には15日間に植物名の記載がある。ガーデニング作業と思われる記述はない。収穫の記載は12日ある。それら日記に記された植物名は22、7種である。この年の新たな植物の種類は、4種である。信鴻が六義園に移って初めて記す種は、ジュズダマが1種ある。また、植物を遣り取りした記録は、3日である。
 「風車」は、カザグルマ(キンポウゲ科)とする。
 「珠数玉」は、ジュズダマ(イネ科)とする。
 「鼡茸」は、ホウキタケ(ホウキタケ科)とする。
 「柚」は、ユズ(ミカン科)とする。
○十月
 十月の日記には5日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、8日ある。収穫の記載はない。それら日記に記された植物名は5、5種である。この年の新たな植物の種類は1種である。信鴻が六義園に移って初めて記す種は、ノウゼンカズラが1種ある。また、植物を遣り取りした記録は、1日である。
 「凌宵花」は、ノウゼンカズラ(ノウゼンカズラ科)とする。
○十一月                                          十一月の日記には2日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、13日ある。収穫の記載は1日ある。それら日記に記された植物名は2、2種である。この年の新たな植物の種類はない。信鴻が六義園に移って初めて記す種もない。また、植物を遣り取りした記録は、1日である。
○十二月                                          十二月の日記には5日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、10日ある。収穫の記載は1日ある。それら日記に記された植物名は6、5種である。この年の新たな植物の種類は1種である。信鴻が六義園に移って初めて記す種はない。また、植物を遣り取りした記録は、4日である。
 「福寿草」は、フクジュソウ(キンポウゲ科)とする。
○信鴻のガーデニングを天明四年およびそれ以前との違いを見る。
 信鴻の天明四年のガーデニングを見ると、前年よりさらに活動が低下している。春の土筆摘みなどが少なくなり、芝焼などの作業もやや少ない。ただその後の作業は、夏にかけて秋口まで前年よりすこし多くなっている。増えたのは、「松を造る」作業で、「草刈」などは減少気味である。秋に入っての栗拾いや茸狩などは、前年とあまり変わらない。作業も前年同様に少ない。冬は例年同様、作業は減少し、収穫はほとんどない。この年は閏月があるけれど、収穫は78日(20%)と前年より7%も減少している。作業は125日と前年より15日増えているが、割合では2%弱しか増えていない。
★天明四年は、日記に植物名が記された日数は117日(31%)である。植物名は183で、閏月があるにもかかわらず66も減少している。植物名の最も多いのはクリ21である。次いでマツ17、ハツタケが15、ウメが14、スギナ12である。植物の種類は51種で、前年より5種少ない。そして、新しい植物は8種増え、これまでに記された種類に加えて260種となる。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

信鴻のガーデニング天明三年
 天明三年の日記にどのような植物が記されているか、また、どのようなガーデニングしていたかを示す。なお、植物名にはガーデニングとは直接関係がないものがあり、判別に迷うが前後の関係や前年までの記述から判断した。
○一月
 一月の日記には5日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、5日ある。収穫の記載は2日ある。それら日記に記された植物名は7、5種である。この年の新たな植物の種類は5種である。信鴻が六義園に移って初めて記す種はない。また、植物を遣り取りした記録は、3日である。
 「梅」は、ウメ(バラ科)とする。
 「土筆」は、スギナ(トクサ科)とする。
 「萩」は、総称名ハギ(マメ科)とする。
 「蕗臺」は、フキ(キク科)とする。
 「福寿草」は、フクジュソウ(キンポウゲ科)とする。
○二月
 二月の日記には16日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、14日ある。収穫の記載は15日ある。それら日記に記された植物名は26、8種である。この年の新たな植物の種類は5種である。信鴻が六義園に移って初めて記す種はない。また、植物を遣り取りした記録は、3日である。
 「つはき」は、ツバキ(ツバキ科)とする。
 「南天」は、ナンテン(メギ科)とする。
 「木瓜樹」は、ボケ(バラ科)とする。
 「もちの樹」は、モチノキ(モチノキ科)とする。
 「嫁菜」は、ヨメナ(キク科)とする。
○三月
 三月の日記には19日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、6日ある。収穫の記載は17日ある。それら日記に記された植物名は51、15種である。この年の新たな植物の種類は13種である。信鴻が六義園に移って初めて記す種はない。また、植物を遣り取りした記録は、4日である。
 「楓」は、カエデ(カエデ科)とする。
 「桜」は、総称名サクラ(バラ科)とする。
 「松露」は、ショウロ(ショウロ科)とする。
 「杉」は、スギ(スギ科)とする。                             
 「蒲公」は、タンポポ(キク科)とする。
 「躑躅」は、ツツジ(ツツジ科)とする。
 「彼岸桜」は、ヒガンザクラ(バラ科)とする。
 「藤」は、フジ(マメ科)とする。
 「松」は、マツ(マツ科)とする。
 「宮城野萩」は、ミヤギノハギ(マメ科)とする。
 「桃」は、モモ(バラ科)とする。
 「芳野の桜」は、ヤマザクラ(バラ科)とする。
 「蕨」は、ワラビ(ウラボシ科)とする。
○四月
 四月の日記には12日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、22日ある。収穫の記載は11日ある。それら日記に記された植物名は27、13種である。この年の新たな植物の種類は7種である。信鴻が六義園に移って初めて記す種はない。また、植物を遣り取りした記録は、3日である。
 「菖蒲」は、アヤメ(アヤメ科)とする。
 「夘木」は、ウツギ(ユキノシタ科)とする。
 「木耳」は、キクラゲ(キクラゲ科)とする。
 「杜鵑」は、サツキ(ツツジ科)とする。
 「石楠木」は、シャクナゲ(ツツジ科)とする。
 「母子草」は、ハハコグサ(キク科)とする。
 「艾葉」は、ヨモギ(キク科)とする。
○五月
 五月の日記には11日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、14日ある。収穫の記載は8日ある。それら日記に記された植物名は21、14種である。この年の新たな植物の種類は7種である。信鴻が六義園に移って初めて記す種はない。また、植物を遣り取りした記録は、5日である。
 「蕣」は、アサガオ(ナス科)とする。
 「芣菖」は、オオバコ(オオバコ科)とする。
 「燕子花」は、カキツバタ(アヤメ科)とする。
 「菊」は、キク(キク科)とする。
 「花菖蒲」は、ハナショウブ(アヤメ科)とする。
 「槙」は、総称名マキとする。
 「自然薯」は、ヤマノイモ(ヤマノイモ科)とする。
○六月
 六月の日記には11日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、11日ある。収穫の記載は4日ある。それら日記に記された植物名は15、13種である。この年の新たな植物の種類は7種である。信鴻が六義園に移って初めて記す種はない。また、植物を遣り取りした記録は、6日である。
 「紫陽花」は、アジサイ(ユキノシタ科)とする。
  「から橘」はカラタチバナ(ヤブコウジ科)とする。
 「秋海堂」は、シュウカイドウ(シュウカイドウ科)とする。
 「茄子」は、ナス(ナス科)とする。
 「初茸」は、ハツタケ(ベニタケ科)とする。
 「筍」は、マダケ(イネ科)とする。
 「百合」は、総称名ユリ(ユリ科)とする。
○七月
 七月の日記には3日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、2日ある。収穫の記載はない。それら日記に記された植物名は3、3種である。この年の新たな植物の種類は2種である。信鴻が六義園に移って初めて記す種はない。また、植物を遣り取りした記録は、2日である。
 「桔梗」は、キキョウ(キキョウ科)とする。
 「山吹」は、ヤマブキ(バラ科)とする。
○八月
 八月の日記には6日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述はない。収穫の記載は、7日ある。それら日記に記された植物名は12、5種である。この年の新たな植物の種類は3種である。信鴻が六義園に移って初めて記す種はない。また、植物を遣り取りした記録は、2日である。
 「栗」は、クリ(ブナ科)とする。
 「椎」は、総称名シイ(ブナ科)とする。
 「紫蘇」は、シソ(シソ科)とする。
○九月
 九月の日記には19日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、1日ある。収穫の記載は20日ある。それら日記に記された植物名は13、4種である。この年の新たな植物の種類はない。信鴻が六義園に移って初めて記す種はない。また、植物を遣り取りした記録は、2日である。
○十月
 十月の日記には18日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、8日ある。収穫の記載は6日ある。それら日記に記された植物名は12、8種である。この年の新たな植物の種類は3種である。信鴻が六義園に移って初めて記す種はない。また、植物を遣り取りした記録は、8日である。
 「柿」は、カキノキ(カキノキ科)とする。
 「八重桜」は、サトザクラ(バラ科)とする。
 「山椒」は、サンショウ(ミカン科)とする。
○十一月                                          十一月の日記には8日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、17日ある。収穫の記載は4日ある。それら日記に記された植物名は12、5種である。この年の新たな植物の種類はない。信鴻が六義園に移って初めて記す種はない。また、植物を遣り取りした記録もない。
○十二月                                          十二月の日記には3日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、10日ある。収穫の記載はない。それら日記に記された植物名は3、2種である。この年の新たな植物の種類はない。信鴻が六義園に移って初めて記す種はない。また、植物を遣り取りした記録は三日ある。
                                            
○信鴻のガーデニングを天明二年およびそれ以前との違いを見る。
 信鴻の天明三年のガーデニングを見ると、前年より全体的に活動が低下している。春から夏にかけてのツクシやタンポポなどの春草摘み、「傅芝を焼」「草根を掘」などはさほど変わらない。夏季はもともと収穫活動は少ないものの、前年多かった「傅芝を刈」は激減している。秋に入って、栗拾いはそこそこあるもの、初茸狩が増えず、収穫活動が減少した。なお、初茸が不作であった可能性も考えられる。例年なら秋に入ると、台風などの風による枝折れなどの処理をしているがほとんどなく、「傅芝を刈」もない。冬には例年同様、作業は減少し、前年よりも減少している。結果として、収穫は94日で27%と前年より5%減少している。作業は110日、31%と前年より15%も減っている。
★天明三年は、日記に植物名が記された日数は132日(37%)である。植物名は249で、前年の85%と減少している。少ない。植物名の最も多いのはスギナ30である。次いでショウロとタンポポが21、ウメが20、クリが15の順になっている。植物の種類は56種で、前年より5種少ない。そして、これまで必ずあった新しい植物は1種もなく、これまでに記された種類は変わらず、253種である。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

信鴻のガーデニング天明二年
 天明二年の日記にどのような植物が記されているか、また、どのようなガーデニングしていたかを示す。なお、植物名にはガーデニングとは直接関係がないものがあり、判別に迷うが前後の関係や前年までの記述から判断した。
○一月
 一月の日記には16日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、3日ある。収穫の記載は3日ある。それらの中から、記された植物名は19あり、これらの種名は6種である。以下順に示す。なお、信鴻が六義園に移って初めて記す種はない。また、植物を遣り取りした記録は12日である。
 「梅」は、ウメ(バラ科)とする。
 「松露」は、ショウロ(ショウロ科)とする。
 「土筆」は、スギナ(トクサ科)とする。
 「蕗臺」は、フキ(キク科)とする。
 「松」は、マツ(マツ科)類の総称名とする。
 「桃」は、モモ(バラ科)とする。
○二月
 二月の日記には19日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、13日ある。収穫の記載は18日ある。それら日記に記された植物名は29、11種である。この年の新たな植物の種類は8種である。以下順に示す。なお、信鴻が六義園に移って初めて記す種はない。また、植物を遣り取りした記録は、3日である。
 「桜」は、総称名サクラ(バラ科)とする。
 「八重桜」は、サトザクラ(バラ科)とする。
 「芹」は、セリ(セリ科)とする。
 「薇」は、ゼンマイ(ゼンマイ科)とする。
 「蒲公」は、タンポポ(キク科)とする。
 「椿」は、ツバキ(ツバキ科)とする。
 「南天」は、ナンテン(メギ科)とする。
 「娵菜」は、ヨメナ(キク科)とする。
○三月
 三月の日記には22日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、12日ある。収穫の記載は21日ある。それら日記に記された植物名は73、23種である。この年の新たな植物の種類は15種である。以下順に示す。信鴻が六義園に移って初めて記す種はない。また、植物を遣り取りした記録は、2日である。
 「五加」は、ウコギ(ウコギ科)とする。
 「海老根」は、エビネ(ラン科)とする。
 「楓」は、総称名カエデ(カエデ科)。
 「菊」は、総称名キク(キク科)とする。
 「雰島」は、キリシマ(ツツジ科)とする。
 「黄山蘭」は、キンラン(ラン科)とする。
 「山椒」は、サンショウ(ミカン科)とする。
 「砂参」は、総称名シャジン(キキョウ科)とする。
 「忍冬」は、スイカズラ(スイカズラ科)とする。
 「杉」は、スギ(スギ科)とする。
 「躑躅」は、ツツジ(ツツジ科)とする。
 「鳥頭」は、トリカブト(キンポウゲ科)とする。
 「南天」は、ナンテン(メギ科)とする。
 「藤」は、フジ(マメ科)とする。
 「三葉」は、ミツバ(セリ科)とする。
 「もみ」は、モミ(マツ科)とする。
○四月
 四月の日記には20日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、23日ある。収穫の記載は7日ある。それら日記に記された植物名は38、16種である。この年の新たな植物の種類は8種である。以下順に示す。信鴻が六義園に移って初めて記す種は、シャクヤクとヒノキの2種である。また、植物を遣り取りした記録は、4日である。
 「卯木」は、ウツギ(ユキノシタ科)とする。
 「杜鵑花」は、サツキ(ツツジ科)とする。
 「勺薬」は、シャクヤク(ボタン科)とする。
 「柘植」は、ツゲ(ツゲ科)とする。
 「母子草」は、ハハコグサ(キク科)とする。
 「檜樹」は、ヒノキ(ヒノキ科)とする。
 「譲葉」は、ユズリハ(トウダイグサ科)とする。
 「艾葉」は、ヨモギ(キク科)とする。
○五月
 五月の日記には13日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、18日ある。収穫の記載は10日ある。それら日記に記された植物名は22、11種である。この年の新たな植物の種類は5種である。信鴻が六義園に移って初めて記す種は、オトギリソウ1種である。また、植物を遣り取りした記録は、4日である。
 「杏子」は、アンズ(バラ科)とする。
 「隠元さゝげ」は、インゲン(マメ科)とする。
 「劉奇奴草」は、オトギリソウ(オトギリソウ科)とする。
 「石竹」は、セキチク(ナデシコ科)とする。
 「木芙蓉」は、ムクゲ(アオイ科)とする。なお、ムクゲは前年「木朝顔」、その前には「槿」と記している。そのため、「木芙蓉」をムクゲとすることに不安があった。
○六月
 六月の日記には9日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、10日ある。収穫の記載は6日ある。それら日記に記された植物名は6、3種である。この年の新たな植物の種類は1種である。信鴻が六義園に移って初めて記す種はない。また、植物を遣り取りした記録は、4日である。
 「釣荵」は、シノブ(ウラボシ科)とする。
○七月
 七月の日記には7日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、16日ある。収穫の記載は4日ある。それら日記に記された植物名は10、10種である。この年の新たな植物の種類は6種である。信鴻が六義園に移って初めて記す種は、ニチニチソウ1種である。また、植物を遣り取りした記録は、1日である。以下順に示す。
 「梨子」は、ナシ(バラ科)とする。
 「茄子」は、ナス(ナス科)とする。
 「日々草」は、ニチニチソウ(キョウチクトウ科)とする。
 「葡萄」は、ブドウ(ブドウ科)とする。
 「むかこ」は、ヤマノイモ(ヤマノイモ科)とする。
 「夕顔」は、ユウガオ(ウリ科)とする。
○八月
 八月の日記には20日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、18日ある。収穫の記載は17日ある。それら日記に記された植物名は29、10種である。この年の新たな植物の種類は6種である。信鴻が六義園に移って初めて記す種は、ヘチマ1種である。また、植物を遣り取りした記録はない。
以下順に示す。
 「樫木」は、総称名カシ(ブナ科)とする。
 「栗」は、クリ(ブナ科)とする。
 「椎」は、総称名シイ(ブナ科)とする。
 「竹」は、総称名タケ(イネ科)とする。
 「糸瓜」は、ヘチマ(ウリ科)とする。
 「もみ」は、モミ(マツ科)とする。
○九月
 九月の日記には22日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、11日ある。収穫の記載は19日ある。それら日記に記された植物名は47、14種である。この年の新たな植物の種類は5種である。信鴻が六義園に移って初めて記す種は、ホウキタケ1種である。また、植物を遣り取りした記録は、1日である。
 「柑子」は、総称名ミカン(ミカン科)とする。
 「初茸」は、ハツタケ(ベニタケ科)とする。
 「猟茸」は、ホウキタケ(ホウキタケ科)とする。
 「木犀」は、総称名モクセイ(モクセイ科)とする。
 「もみ茸」は、モミタケ(マツタケ科)とする。
○十月
 十月の日記には8日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、10日ある。収穫の記載は6日ある。それら日記に記された植物名は13、7種である。この年の新たな植物の種類は1種である。信鴻が六義園に移って初めて記す種はない。また、植物を遣り取りした記録は、3日である。
 「青桐」は、アオギリ(アオギリ科)とする。
○十一月
 十一月の日記には3日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、13日ある。収穫の記載はない。それら日記に記された植物名は4、3種である。この年の新たな植物の種類はない。また、信鴻が六義園に移って初めて記す種はない。また、植物を遣り取りした記録は、3日である。
○十二月
 十二月の日記には2日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、17日ある。収穫の記載は1日ある。それら日記に記された植物名は4、3種である。この年の新たな植物の種類は1種である。信鴻が六義園に移って初めて記す種はない。また、植物を遣り取りした記録は、3日である。
 「福寿草」は、フクジュソウ(キンポウゲ科)とする。
                                             
○信鴻のガーデニングを天明元年およびそれ以前との違いを見る。
 信鴻の天明二年のガーデニングを見ると、一月の活動は少ないもの二月からは、土筆などの春草摘みが前年並になる。春から夏に入ると「草を払」、ツツジ類の芽を差すなどの作業が多くなり、収穫は減少する。夏から秋への作業は前年より多くなるものの、栗拾いや茸狩りなどの収穫は減少している。冬には例年同様収穫が少なくなり、作業も減少するが前年よりやや多い。結果として、収穫は110日で31%と前年とほぼ同じくらい。作業は155日、44%と前年より多くなる。この年の特徴は、芝に関する記述の変化で、顕著になった「傅芝を刈」や「傅芝を焼」が大半を占め、「傅」のない芝の作業が急減する。
★天明二年は、日記に植物名が記された日数は165日(47%)である。植物名は294で、前年より24%少ない。植物名の最も多いのはウメで25である。次いでスギナ23、ショウロが22、タンポポが20、クリが19の順になっている。植物の種類は61種である。天明元年までに記された種類に加えて、新たなに6種が加わり、253種に増えた。
 以上のガーデニング作業を総合的に見ると、天明二年は、植物名を日記に記す日数が前年より少なくなるものの、収穫と作業を合わせた活動ではやや多くなっている。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

信鴻のガーデニング天明元年2
○閏五月
 閏五月の日記には13日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、22日ある。収穫の記載は2日ある。それら日記に記された植物名は24、13種である。この年の新たな植物の種類は5種である。以下順に示す。なお、信鴻が六義園に移って初めて記す種は、チョウセンアサガオの1種である。また、植物を遣り取りした記録は、5日である。
 「隠元さゝげ」は、インゲン(マメ科)とする。
 「秋海裳」は、シュウカイドウ(シュウカイドウ科)とする。
 「仙翁花」は、センノウ(ナデシコ科)とする。
 「朝鮮蕣」は、チョウセンアサガオ(ナス科)とする。
 「木蕣」は、ムクゲ(アオイ科)とする。
○六月
 六月の日記には4日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、16日ある。収穫の記載は4日ある。それら日記に記された植物名は6、5種である。この年の新たな植物の種類は4種である。以下順に示す。なお、信鴻が六義園に移って初めて記す種は、アズキの1種である。また、植物を遣り取りした記録は、1日である。
 「小豆」、アズキ(マメ科)とする。
 「女郎花」はオミナエシ(オミナエシ科)とする。
 「ムカコ」は、ヤマノイモ(ヤマノイモ科)とする。
 「柚」は、ユズ(ミカン科)とする。
○七月
 七月の日記には14日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、9日ある。収穫の記載は13日ある。それら日記に記された植物名は20、8種である。この年の新たな植物の種類は5種である。以下順に示す。なお、信鴻が六義園に移って初めて記す種はない。また、植物を遣り取りした記録は、3日である。
 「栗」は、クリ(ブナ科)とする。
 「椎」は、総称名シイ(ブナ科)とする。スダジイと思われるが確証はない。
 「茄子」は、ナス(ナス科)とする。
 「葡萄」は、ブドウ(ブドウ科)とする。
 「夕顔」は、ユウガオ(ウリ科)とする。
○八月
 八月の日記には26日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、6日ある。収穫の記載は26日ある。それら日記に記された植物名は49、24種である。この年の新たな植物の種類は10種である。以下順に示す。なお、信鴻が六義園に移って初めて記す種は、キンカンとダイダイ、ツクネイモの3種である。また、植物を遣り取りした記録は、4日である。
 「燕子花」は、カキツバタ(アヤメ科)とする。
 「きん柑」は、キンカン(ミカン科)とする。
 「九年母」は、クネンボ(ミカン科)とする。
 「杉」は、スギ(スギ科)とする。
 「橙」は、ダイダイ(ミカン科)とする。
 「つく芋」は、ツクネイモ(ヤマノイモ科)とする。
 「躑躅」は、ツツジ(ツツジ科)とする。
 「番椒」は、トウガラシ(ナス科)とする。
 「何首烏」は、ドクダミ(ドクダミ科)と推測する。 
 「初茸」は、ハツタケ(ベニタケ科)とする。
○九月
 九月の日記には16日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、5日ある。収穫の記載は14日ある。それら日記に記された植物名は35、12種である。この年の新たな植物の種類は2種である。以下順に示す。なお、信鴻が六義園に移って初めて記す種はない。また、植物を遣り取りした記録は、1日である。
 「梨」は、ナシ(バラ科)とする。
 「もみ茸」は、モミタケ(マツタケ科)とする。
○十月
 十月の日記には15日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、2日ある。収穫の記載は10日ある。それら日記に記された植物名は16、5種である。この年の新たな植物の種類は1種である。以下順に示す。なお、信鴻が六義園に移って初めて記す種はない。また、植物を遣り取りした記録は、7日である。
 「山茶花」は、サザンカ(ツバキ科)とする。
○十一月
 十一月の日記には4日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、9日ある。収穫の記載はない。それら日記に記された植物名は8、6種である。この年の新たな植物の種類は2種である。以下順に示す。なお、信鴻が六義園に移って初めて記す種はない。また、植物を遣り取りした記録は、2日である。
 「桑」は、クワ(クワ科)とする。
 「水仙」は、スイセン(ヒガンバナ科)とする。                      ○十二月
 十二月の日記には7日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、3日ある。収穫の記載はない。それら日記に記された植物名は11、4種である。この年の新たな植物の種類はない。なお、信鴻が六義園に移って初めて記す種もない。また、植物を遣り取りした記録は、7日である。
 信鴻の天明元年のガーデニングを見ると、春先に芝焼、次いで春草摘みが加わり、草の根堀り。夏に入ると枯枝折、ツツジ等の挿し、マツなどの造り、秋が近づくと芝刈、栗拾い、茸狩りなどの収穫となる。冬に入ると、作業が少なくなる。なお、この年の作業で気になるのは、「傅芝を刈」「傅芝を焼」などの記述が表れることである。「傅芝」は、匍匐する芝を挿すものであろう。となると、ノシバとコウライシバであろう。これまでの「芝」は、必ずしも匍匐しないシバ類も含んでいたのであろうか。そしてさらに、例年なら記される「芝を刈」「草を刈」「芝を焼」などがないこと。作業に関する記述が一変している。天明元年の時点では、まだ結論できないので後の記述に注目したい。
植物名を日記に記す日数は、197日で、月平均15.2日とほぼ半数である。植物名の記載は、前年と数は同じだが閏月があるので実質は少ない。植物種類は85種と前年より少ない。植物名の記載が最も頻度の高いのは、安永三年より連続してスギナで35である。次いでマツ33、クリが28、ショウロが20、ウメが18、キクが16の順になっている。
 安永九年までに記された種類に加えて、新たなに6種が加わり、247種に増えた。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

信鴻のガーデニング天明元年1
 天明元年の日記にどのような植物が記されているか、また、どのようなガーデニングしていたかを示す。なお、植物名にはガーデニングとは直接関係がないものがあり、判別に迷うが前後の関係や前年までの記述から判断した。
○一月
 一月の日記には9日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、7日ある。収穫の記載は3日ある。それらの中から、記された植物名は12あり、これらの種名は6種である。以下順に示す。なお、信鴻が六義園に移って初めて記す種は、カンボタンの1種である。また、植物を遣り取りした記録は6日である。
 「梅」は、ウメ(バラ科)とする。
  「唐橘」はカラタチバナ(ヤブコウジ科)とする。
 「冬牡丹」は、カンボタン(ボタン科)とする。
 「土筆」は、スギナ(トクサ科)とする。
 「つはき」は、ツバキ(ツバキ科)とする。
 「福寿草」は、フクジュソウ(キンポウゲ科)とする。
○二月
 二月の日記には22日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、19日ある。収穫の記載は18日ある。それら日記に記された植物名は28、11種である。この年の新たな植物の種類は3種である。以下順に示す。なお、信鴻が六義園に移って初めて記す種はない。また、植物を遣り取りした記録は、4日である。
 「柿」は、カキノキ(カキノキ科)とする。
 「五葉松」は、ゴヨウマツ(マツ科)とする。
 「茅」は、チガヤ・スゲ・ススキなどを総称する名称である。ここでは、『牧野新日本植物図鑑』からススキ(イネ科)とする。
 「南天」は、ナンテン(メギ科)とする。
 「萩」は、総称名ハギ(マメ科)とする。
 「蕗臺」は、フキ(キク科)とする。
 「松」は、マツ(マツ科)類の総称名とする。
 「緋桃」は、モモ(バラ科)とする。
 「連翅」は、レンギョウ(モクセイ科)とする。
○三月
 三月の日記には24日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、16日ある。収穫の記載は22日ある。それら日記に記された植物名は77、35種である。この年の新たな植物の種類は28種である。以下順に示す。なお、不明な植物名として、「解夏草」がある。「解夏草」は、キチジョウソウ(ユリ科)との説もあるが、「あちさいに似て黄たる花の草、解夏草一面」とあることから、キチジョウソウとは判断しにくい。信鴻が六義園に移って初めて記す種はない。また、植物を遣り取りした記録は、4日である。
 「青木」は、アオキ(ミズキ科)とする。
 「海老根」は、エビネ(ラン科)とする。
 「万年青樹」は、オモト(ユリ科)とする。
 「海棠」は、総称名カイドウ(バラ科)とする。
 「楓」は、総称名カエデ(カエデ科)。
 「くこ」は、クコ(ナス科)とする。
 「桜」は、総称名サクラ(バラ科)とする。
 「桜草」は、サクラソウ(サクラソウ科)とする。
 「八重桜」は、サトザクラ(バラ科)とする。
 「椒」は、サンショウ(ミカン科)とする。
 「春蘭」は、シュンラン(ラン科)とする。
 「松露」は、ショウロ(ショウロ科)とする。
 「忍冬」は、スイカズラ(スイカズラ科)とする。
 「芹」は、セリ(セリ科)とする。
 「狗背」は、ゼンマイ(ゼンマイ科)とする。
 「蒲公」は、タンポポ(キク科)とする。
 「柘植」は、ツゲ(ツゲ科)とする。
 「野韮」は、ノビル(ユリ科)とする。
 「彼岸桜」は、ヒガンザクラ(バラ科)とする。
 「藤」は、フジ(マメ科)とする。
 「牡丹」は、ボタン(ボタン科)とする。
 「茗荷」は、ミョウガ(ショウガ科)とする。
 「もみ」は、モミ(マツ科)とする。
 「単桜」は、ヤマザクラ(バラ科)とする。
 「棣棠」は、ヤマブキ(バラ科)とする。
 「娵菜」は、ヨメナ(キク科)とする。
 「棆子」は、リンゴ(バラ科)とする。
 「蕨」は、ワラビ(ウラボシ科)とする。
○四月
 四月の日記には18日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、15日ある。収穫の記載は12日ある。それら日記に記された植物名は52、22種である。この年の新たな植物の種類は8種である。以下順に示す。なお、信鴻が六義園に移って初めて記す種はない。また、植物を遣り取りした記録は、2日である。
 「藩より芋種来る」との記述、サツマイモかもしれないが、特定できないので総称名イモとする。
 「卯木」は、ウツギ(ユキノシタ科)とする。
 「ゑにした」は、エニシダ(マメ科)とする。
 「黄山蘭」は、キンラン(ラン科)とする。
 「砂参」は、キキョウ科 ツリガネニンジン属の多年草を指しているものと思われ、ツリガネニンジンと推測するが、確信がないので総称名シャジンとする。
 「鳥頭」は、トリカブト(キンポウゲ科)とする。
 「三葉」は、ミツバ(セリ科)とする。
 「艾葉」は、ヨモギ(キク科)とする。
○五月
 五月の日記には24日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、23日ある。収穫の記載はない。それら日記に記された植物名は44、9種である。この年の新たな植物の種類は5種である。以下順に示す。なお、信鴻が六義園に移って初めて記す種はない。また、植物を遣り取りした記録は、3日である。
 「蕣」は、アサガオ(ヒルガオ科)とする。
 「菊」は、総称名キク(キク科)とする。
 「雰島」は、キリシマ(ツツジ科)とする。
 「杜鵑花」は、サツキ(ツツジ科)とする。
 「花菖蒲」は、ハナショウブ(アヤメ科)とする。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全45ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事