若田光一 宇宙ブログ

国際宇宙ステーションに長期滞在している若田光一が日常を語る

全体表示

[ リスト ]

2009年7月12日

3月から始まったISS長期滞在では、「きぼう」日本実験棟をはじめ各国の実験モジュールの中で、ライフサイエンスや材料科学などの興味深い実験を行いました。

特に「きぼう」での実験については飛行中、「JAXA軌道上実験主任」(JAXAサイエンス・オフィサー)として実験運用に参加してきました。

軌道上実験運用での宇宙飛行士の役割は、実験装置のセットや試料の交換などが主な仕事で、「きぼう」での多くの実験はつくば宇宙センターから遠隔操作で行われます。

私たち宇宙飛行士には、実験提案者の方々や地上の実験運用チームの皆さんの軌道上での「手」となって、実験の準備や実施を確実に行うことが要求されます。

これまで私が参加した「きぼうで」の実験のいくつかをご紹介しましょう。

「きぼう」の細胞培養装置を使った、生物の形態形成における重力影響(両生類培養細胞による細胞分化と形態形成の調節(Dome Gene))実験。
これは、組織形成と遺伝子の働きを重力環境と微小重力環境で比較することで、生物の組織形成における重力の影響について手がかりを得る事を目的としています。

イメージ 1

細胞培養装置

先端材料の結晶成長実験(ファセット的セル状結晶成長機構の研究)。
これは、酸化物など最先端材料に使われるファセット結晶(平らな面を持つ結晶)の界面の成長過程や形態を詳細に観察し、結晶成長メカニズムを解明することが目的で、「きぼう」の流体ラックに組み込まれている溶液結晶化観察装置を用いて実験が行われました。

氷結晶成長におけるパターン形成(Ice Crystal)実験は、微小重力下で氷の結晶を成長させ、なめらかな形をした円盤状結晶から凹凸ができる過程を解明する実験で、溶液結晶化観察装置(SCOF)を使用して行われました。

イメージ 2

溶液結晶化観察装置

宇宙放射線計測実験では、「きぼう」船内の宇宙放射線環境の計測と私自身の宇宙飛行時の放射線被ばく線量を計測しています。

先日ご紹介した、ビスフォスフォネート剤を用いた骨量減少・尿路結石予防対策に関する研究には、自ら被験者として参加しています。

また、軌道上遠隔医療の技術検証(軌道上における簡易型生体機能モニターの検証)では、ホルター心電計とハイビジョンカメラの実用性を検証し、軌道上の遠隔医療の充実を図る事を目的としており、私も被験者として参加しています。

これらの実験は、日常生活をより豊かにできる新しい技術に応用されたり、人間が宇宙での活動領域を拡大させていくために必要な新たなデータと知見を与えてくれるものです。

「きぼう」は世界に誇れる優れた実験能力を持つ宇宙の実験室であり、「きぼう」を利用した様々な実験への参加は宇宙飛行士として最もやりがいのある仕事の一つです。

宇宙滞在も120日目となり、ISSに搭載されているJAXA宇宙日本食28種類の私の分の残りが少なくなってきました。

さばやいわし、カレーやラーメン、お吸い物など美味しい和食を宇宙でも楽しんでいます。

閉鎖環境のISSで長期に渡って慌しいスケジュールの中で仕事を続けている毎日ですが、やはり幼い頃から慣れ親しんだ食事をいただける事は、心理サポートの点からもとても効果が高い事を実感します。

「宇宙(そら)の旅、帰還遅れも至福かな、僅かな和食の残り見つけし」 若田光一

(アメリカ上空にて)

この記事に


.


みんなの更新記事