ここから本文です

三橋貴明が言う「国の借金」は本当!? マスコミが報道できない不都合な真実、日本はカモ? 今すぐ国の借金の正体を暴く、マスコミから流れてくる情報には「国の借金が1049兆円を超えた」「一人当たり840万円の借金」「次世代にツケを払わせるのか」「このままだと日本は破綻する」 きっとあなたはこんなニュースを見たことがあるはずです。「借金!」に怯え、不安や罪悪感を覚え、考える力を奪われた日本国民に残された道は、消費税増税などの「痛みをともなう改革」。しかし、改革の裏には、マスコミが国民に伝えない不都合な真実がたくさんあることを知っていますか? そもそも「国の借金」とは何なのか?(三橋貴明が関東のテレビ局で、「国の借金」が100%日本円建てである話をすると必ずカットされます。←誰かにとって不都合な真実だからカットされているのですが、テレビすべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事