ここから本文です

書庫全体表示

大手マスコミ解体論 破壊暴力の在日は自公民社かも(世界平和50か国宗教者会議本部)

2013-06-22 18:48:08
テーマ:ブログ

http://okina.koiyk.com/clip_image001.jpg

≪救世主、リチャード・コシミズぶろぐより転載≫

2010.2.11_04/11 リチャード・コシミズ【メディア】独立党東京学習会  
    https://www.youtube.com/watch?v=ltY7inbNzac&index=9&list=PLBCC0455B7E11450F

▼オウム3死刑囚、公開尋問 東京地検が特別抗告
2013/06/22 17:23[
下へ]

オウム事件の真相隠蔽に活躍した東京地検が、オウム死刑囚の公開訊問を阻止しようと半狂乱で特別抗告。
「死刑囚の心情への悪影響や警備上の問題」を理由に挙げるが、もちろん、嘘である。死刑囚に「オウムの真相」を喋られては困るから必死に抵抗中。

「オウム事件の黒幕は、統一、創価、北朝鮮及びCIA。麻原は傀儡であり薬物で口封じされている。もろもろの事件の実行犯は別にいる。北朝鮮工作員や創価軍事部隊。冤罪である。」などと主張されては大変なことになる。

東京地裁への裏社会御用達裁判官の配置ができなかったのですか、ユダヤ朝鮮裏社会さん?皆さん、困りましたね。私どもは一向に困りませんが。w

オウム3死刑囚、公開尋問 東京地検が特別抗告

目黒公証役場事務長拉致事件などで起訴されたオウム真理教元幹部の平田信(まこと)被告(48)の裁判員裁判で、東京地裁が教団元幹部の死刑囚3人の証人尋問を公開の法廷で行うと決めたことについて、東京地検は21日、決定を不服として最高裁に特別抗告を申し立てた。ただ、特別抗告が認められるには憲法違反などの理由が必要で、決定が覆るのは困難な見通しだ。

検察側は、死刑囚の心情への悪影響や警備上の問題を指摘し、収容先の東京拘置所での尋問実施を主張したが、東京地裁は17日の公判前整理手続きで「現時点では必要が認められない」と退けた。東京地検は同日、異議を申し立てたが棄却されており、特別抗告するか最高検などと協議していた。

尋問される予定の元教団幹部は、井上嘉浩(よしひろ)(43)▽中川智正(ともまさ)(50)▽小池(旧姓・林)泰男(55)−の3死刑囚。尋問の日程は決まっていない。平田被告の初公判は年内にも開かれる見通し。

 検察特捜マスコミは誰のため
概要 脱原発派を追込む検察特捜マスコミは誰のために働く? 2014/11/8()
【NET TV ニュース.報道】"国家非常事態対策委員会 2014 1023" 鹿児島県阿久根市元市長の竹原さんとベンジャミンフルフォードの対談
     https://www.youtube.com/watch?v=da85CtTp9BQ
憲法改正をもくろむ安倍長期政権と米中蜜月とTPP弱体化、日本語の起源、こっそり改正された行政不服審査法 2014年11月18日すっぴんトーク
     http://www.ustream.tv/recorded/55577178
【拡散希望】311の犯人〜アメリカ政府は事前に東北大地震を知っていた! part 2
     https://www.youtube.com/watch?v=b87Rx4IV1no
【NET TV ニュース.報道】"朝堂院大覚 国会タイムス 2014 1027" 産業空洞化の原因
      https://www.youtube.com/watch?v=VtWlTiG1IRs
     
憲法改正をもくろむ
・<動物裁判>としての宮崎勤死刑判決精神鑑定批判
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/23193161.html

・野蛮な死刑廃止論と人倫に適った死刑肯定論
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/56484072.html

・応報刑思想の逆襲☆裁判員制度を契機に司法の「常識化」を推進せよ(1)〜(4)
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/58015397.html
 

1/11リチャード・コシミズ【売国奴小泉純一郎&オウム事件】(+ 再生リスト)

2013-12-20 22:57:09 | 日記

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事