ここから本文です
わっちゃんの出歩記録
イメージ 11

2017/08/15
今日はレンゲショウマの鼻曲山かキツネノカミソリの角田山のどちらかへ行こうと決めていたが悪天候の続く関東甲信を避けて新潟県の角田山に行く事に決め雨降りしきる5時に家を出ました。
関越トンネルを抜けても雨は止まず心配になって来たが小千谷を過ぎた辺りで止みました。後は越後平野を走って行くうちにどんどん天気は良くなり浦浜登山口に着いた時には薄日が差していた。
今日の計画書(手書き追記は実績時間ですがオイボレが休んでばかりのコースタイムです)
イメージ 1

50台程度以上置ける大きな駐車場にはトイレも設置されている、先客が30台位入っていました。
イメージ 2

登山口は駐車場奥の右から
イメージ 3

すぐに急な階段道になり20分ほどで東屋へ到着します。この頃には暑さと急登で汗が吹き出していましのでここで小休止です。
イメージ 4

東屋周辺からちらほら「キツネノカミソリ」が見られます。登って来た甲斐があったと奥様嬉しそうですね
イメージ 5

登山道沿いには他の花も増えて来た、「ヤブラン」
イメージ 6

「オトコエシ」
イメージ 7

東屋から10分ほどで最初の「キツネノカミソリ」群生地に着きました。
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

群生地あたりは道も平坦でしたが更に階段道が続きます、所々に見られる花が疲れを癒してくれます。
「ヤマアジサイ」咲き始め緑色そして白くなっていきます
イメージ 12

「ハギ」はもう終わりかな
イメージ 13

「ツリガネニンジン」
イメージ 14

そうこうして歩いているといつしか五ヶ峠からのコースと合流し道は平坦になり三望平まで来ました。
イメージ 15

小さなアップダウンを繰り返し道は木道に、ここまで来れば山頂はもうすぐ
イメージ 16

山頂です
イメージ 17

山頂には避難小屋と登山記録記帳書(通常登山口にある登山届提出書みたいですが)がありました
イメージ 18

イメージ 19

広〜い山頂にはキツネノカミソリ目当ての登山者が50〜60人程度休憩しているし、周囲は立木に覆われ展望もないそれに風が通らず暑い!! と言うことで500m位先の観音堂へ行って食事休憩しました。
観音堂前から眼下に見える越後平野の絶景、ガスが多くて通常見える会津・飯豊・朝日連峰は見えませんが日本海は見えました。
イメージ 20

観音堂にあった鐘
イメージ 21

ここから見える景色の案内板
イメージ 22

さあお腹もいっぱい、汗びっしょりの着物も大体乾いたので下山しましょう。
駐車場まで無事帰って来ました、でも今日は道はぬかるんで階段道が濡れていて尻もち一回ついてしまったケガはなくて良かったけど汗でパンツまでびっしょり、帰りに道の駅『久賀美』の裏にある温泉センターてまりの湯に浸かって着替えさっぱりして群馬まで帰って来ました。

書庫その他の最新記事

すべて表示

    記事がありません。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事