ここから本文です
わっちゃんの出歩記録
2017/10/11
山行には明日行く予定でしたが12日以降の天気予報が悪い、それではと行く先も決まっていないまま11日に行きましょうと決めました。
行く先は玉原高原の鹿俣山・志賀高原の焼額山と比較していましたが、先週東北へ行って来たばかりなので今回は近い所へと言うことで前夜に赤城の最高峰黒檜山登山と決定しました。

それではまず計画書です(実績時間は上段に手書き追記)
イメージ 1

朝から素晴らしい青空、赤城に着くと白樺林の紅葉は見頃にはまだ少し早いが色づき始めていた。
大沼湖畔を走って行くと周囲の山の紅葉がキレイなので大洞で湖畔に立ち寄って見ました。
南側には地蔵岳が湖面に逆さ地蔵を映している
イメージ 2

そして北側にはこれから登る黒檜岳の雄姿
イメージ 3

チョット寄り道しましたがおのこ駐車場に到着です。
赤城にはたくさんの駐車場がありそれぞれにトイレなど整備されている。私達のように黒檜山〜駒ヶ岳と周回してくる人はでここに置くのが便利です。
イメージ 4

登山口までは湖岸の舗装路を歩いて行きます。左手には青い空の下の青い湖面に掛る真っ赤な赤城神社への橋、良い景色絵になりますね
イメージ 5


駐車場から20分で黒檜山登山口へ、いきなり急登の始まりが見えてます。
イメージ 6

しばらくはダケカンバやミズナラの薄暗い森の中の石ゴロ道の急登が続きます。
くたびれジィとバァにはこたえるね〜
イメージ 7

やっと猫岩付近で眼下の展望が開けた、足元の紅葉、赤城大沼突き出した半島にある赤城神社、対岸には地蔵岳綺麗ですがガスが気になりますね
イメージ 8

猫岩?ここからは見えない、湖畔からから見るとここが猫の顔の様に見えるのだそうです
イメージ 9

そのすぐ上には富士山が望めると言うポイントの案内板が、でも今日は見えない
イメージ 10

この辺りから紅葉の色づきは良くなって来た、標高1500m位かな、鮮やかな赤い葉アカヤシオかな
イメージ 11

ダケカンバの黄葉も混じると更にキレイ
イメージ 12

紅葉は素晴らしいけど足元の道は相変わらず石だらけの急登路、見とれている場合ではない、見上げる時はキチンと立ち止まってと
イメージ 13

なんとか急登も登り切って駒ヶ岳への分岐、ここから山頂へは平坦な道を5分足らず
これで急登終わりと喜ぶ愚妻です
イメージ 14

さて山頂到着、展望は良くないので記念写真を撮ってランチは山名板にある絶景スポット2分のところへ行ってしましょう。
イメージ 15

こちらもガスで絶景は見えない、ガスがなければ見えるはずの百名山、燧岳・武尊山・谷川岳それに日光白根山など見えてるつもりでランチします
イメージ 16

ランチを終えようかと言う時なにやら山頂がにぎやかになって来た、こちらにも来た、保育園児が30名弱えーあの急登登って来たの、そしてピンピンはしゃぎ回って走ってる考えられないスゴイですね園児パワー‼ 太田市の保育園の年長組だそうです。この後山頂に戻ってランチすると言うので巻き込まれないよう早めに下山開始しますす。
イメージ 17

黒檜登山口への道を右に見て下山は駒ヶ岳へ向かいます。するとすぐ黒檜大神と言う小さな神社、石祠と鳥居がありました
イメージ 18

下山も急坂ですがこちらは木段が整備されて歩き易い。行く手にはガスに煙る駒ヶ岳が見えて来ました。
イメージ 19

小さなピークを一つ越えて登り返すと駒ヶ岳
イメージ 20

この辺りは駒ヶ岳登山口から花見が原への「関東ふれあいの道」です
イメージ 21

駒ヶ岳からの下りで少しガスが切れた時前方に半分ガスが掛かった小地蔵岳とその右に小沼が見えた
イメージ 22

駒ヶ岳〜下った鞍部にはベンチがあったのでここでコーヒータイムとしました。この辺も紅葉は見頃
イメージ 23

のんびりコーヒーしていたら、例の園児軍団が追い付いて来てここで休憩、一緒に行きたくないのでゆっくり休憩し園児たちが下山してから10分後位に下山開始しました。ここからは尾根を外れて急な山腹下りですが、急な所には鋼板製の階段が付いていたりするので安心して歩けます。
イメージ 24

下るにつれ段々緑が増えて来た、
イメージ 25

前に舗装路が見えた駒ヶ岳登山口まで降りて来ましたた
イメージ 26

登山口から駐車場までは100m程度、駐車場にゴールです
イメージ 27

今日も無事下山出来ました、かわいい登山者にいっぱい逢っていい山旅でした。

書庫その他の最新記事

すべて表示

    記事がありません。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事