シンデレラ症候群

異常気象の昨今・・・皆さま、いかがお過ごしですか???

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全45ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

生活保護の不正受給について、ワイドショーは持ちきりだ。
 
人が、どれだけ稼いでいようが、その人の財布を覗き込んでまで
 
メディアにワーワー訴える必要があったのか???
 
年収5000万円???
 
いいじゃないですか。自分の力で稼いだお金。
 
他人にどうこう言われる筋合いないでしょう。
 
確かに、不正受給と言われたらそうかもしれませんが、もっと悪いやつはたくさんいます。
 
役所に勤めている友達は「不正とわかっていても怖くて言えない」「やくざとわかると言わない」
 
などなど、適当に見過ごしているらしい。
 
そんでもって、真面目な人には結構突っ込み入れて、なかなか受給させないようにするらしい。
 
その地区だけが突出して受給が多くなるのもいけないらしいから・・・(;一_一)
 
意味がわかんない・・・
 
病院への受診でも、「この人が生活保護???」と思える人、多数・・・・
 
反対に、「役所に行って相談してはいかがですか?」と言いたい人も、多数・・・・・
 
有名人だから仕方ないのかもしれませんが、全国区であんなに血祭りに上げる必要がありますか?
 
お母さんの気持ちを考えるといたたまれません・・・
 
制度の在り方が問題なのでしょう???
 
河本さん、個人の問題ですか???
 
明日の生活を誰も保証してくれない人気商売には、「もしも・・・」が付きまとうのは当然。
 
一度、打ち切ると再度入るのが難しい生活保護・・・・
 
河本さんの気持ちがわからないでもない・・・・
 
一生懸命生きている人ばかりがバカを見る世の中。
 
国会議員か何か知らないけど、それだけの権力をお持ちなら、もっと、本当の弱者の為に、
 
そして本当の悪に対して、声高々に頑張ってほしい。
 
 
 
 

開く コメント(7)

何か、不思議な気持ちで大学のキャンパスに足を踏み入れた。
 
ワクワク・ドキドキで緊張のおももち・・・
 
まず、教室の読み方が分からず、右往左往・・・
 
どうにか把握して、教室にたどり着くも、どの席に座っていいかわからない・・・
 
しょうがなく、一番前の席の、ドアの近くに座って・・・
 
始まったと思えば、目の前にスクリーンが「ガーーーッ」と降りてきて、またビックリ(;一_一)
 
講義が始まり、「聴きたい!」「学びたい!」と思う気持ちで臨んでいると、何かが違う・・・・
 
ん〜〜〜・・・何だろう・・・・この物足りなさは・・・・・・(-_-;)
 
単調で、今ひとつ、内容に引き込まれない、話している声が小さくて聴き辛い講師・・・・
 
生徒の顔色ばかりうかがって、何を教えたいのか?伝えたいのか?が不明な講師・・・・
 
「テスト問題にはこう答えてください」と講義の中で言い始める講師・・・・・
 
高校生までは、「正しい答えの導き方」が中心だったかもしれないが、大学という場所は
 
「先生も、生徒も、互いに、問いに対して応えていく」のが中心ではないのか?????
 
一つの問題に多方面から、各々が考え、議論していく・・・
 
そのための基礎的な講義かと思っていたが、聴き手が情報として欲していることと、教える側の
 
教えたい内容にはズレがあるのだろう・・・
 
セミナーなどで熱弁をふるう、「カリスマ講師」のように、引き付けられるような、しびれるような感覚には
 
なれない私であった。
 
これも、ひとえに、歳のせいだろうか・・・(-_-;)
 
人間は学び続ける生き物で、いつまでも学び続けられる職種の一つである教師に、もっと、熱意を感じたい私も
 
やはり、変な人生経験のせいで、学生のように「素直」でなくなっているのか・・・
 
しかし、授業中に出入りが多い学生に木を取られるのも事実・・・
携帯が鳴れば、持って出て、終わり次第また戻ってくる。
 
何もなく出ていき、また帰ってくる生徒もいる。
 
トイレか?
 
授業中の私語もまぁ多い・・・かな・・・(-_-;)
 
セミナーと授業は違うとわかってたものの(*^。^*)
 
他人や環境のせいにしたって仕方がない。自分がやるかやらないかだ(^O^)
 
頑張れ頑張れ・・・
 
まぁ、まだ始まったばかり(^O^)
 
頑張って講義を聴いて、一つでも自分の身になることを考えよう(^−^)
 
そんな答えを確かめるとか、見つけ出すためにチャレンジすることもあっていい(^−^)
 
そして、間違っていたらまた次の試みをして見ればいい(^O^)
 
 
 
 
 
 

開く コメント(4)

3月3日 ひなまつり・・・
 
皆さま、お元気でしょうか???
 
大変、久しぶりに、ここ、ブログにやってきました。
 
又、気持ちを新たに、書き始めたいと思います(^−^)
 
大学に行くことになりました。
 
取り敢えず、やってみます。前途多難はわかっていますが、やってみます。
 
ダメなときに、また、新たな方法を考えます。
 
子どももいますので、ないがしろにはできませんから(^−^)
 
取り敢えず、自分のペースで無理せずスタート!
 
仕事もありますから、亀よりのんびりかもですね〜・・・
 
チャレンジ精神が、どこまで維持できるか?????
 
厳しい年齢ですが、年齢はこの際無視で・・・(-_-;)

開く コメント(13)

心の声と行動の勇気

先月、死去した米アップル社の創業者、スティーブ・ジョブズ氏の本が本屋に所狭しと並んでいる。
 
流行りもの好きの私も手には取ってみたものの・・・
 
なかなか難しい内容で・・・とても購入には至らなかった。
 
以前、流行った、ドラッカーの本のようで(;一_一)
 
結局「もしドラ」は読んだが、本物は読まなかった私。
 
しかし、ジョブズ氏がかつて、米スタンフォード大学の卒業式で述べられた祝辞をある記事で読んだ。
 
「他人の言いなりになるな。
    周囲の雑音に惑わされてはいけない。
        最も大切なのは、自分の心の声や直感に従い、勇気を持って行動することだ。
           心や直感は、皆さんが本当に望んでいる姿を、すでに知っている。」
 
と・・・・
 
さすがと言っていては、情けないのだが(^O^)
 
「今日も○○をせずに終わってしまった」
 
「今週も」
 
「今日も」
 
「今年も」
 
・・・・と人生の最後を迎えかねない私(-_-;)
 
よく、「私はやる意思が弱くて・・・」と言うのだが、
 
ある方から 「実はやらない意思が強いのでは?」と言われた・・・(-_-;)
 
まさしく・・・・ですね〜(−−〆)
 
いいわけしている暇があったら、素直に現実を認めて、素直にシンプルに生きていけばいいのに
 
何かと複雑にしてしまっている私(;一_一)
 
今年も、課題を残したまま、また、新しい年を迎えそうだ・・・・

開く コメント(10)

秘かなたくらみ・・・

去年から、秘かに温めていること・・・
 
それは、大学受験・・・・
 
もちろん、いまさらながらの受験で、一般入試は幼稚園児と高校現役生との戦いになるので
 
そんなだいそれたことは考えてないが、社会人枠を狙っての話・・・
 
そう思ったきっかけは、「10年後の自分はいったい何をしているだろう???」だった。
 
今の仕事をすることで、手一杯なのだが、10年後は???と考えると怖くなった。
 
出来たら、心理学を学んで、人の話に心を傾けたい。ボランティアをしたい。
 
しかし、そうするには、やはり、それなりの、心の引き出しが必要だ。
 
だから、基礎から学びたいと願っている。
 
でも、現状はそうはいかないのだ。。。。。(-_-;)
 
仕事はしなければならない。我が子たちはこれから大学受験へと次々に・・・・(−−〆)
 
私の学費どころではない(-_-;)
 
はぁ〜・・・・
 
やはり、これは難しいことなんだろうか・・・・・
 
無理だと思えば無理・・・・出来ると思えば出来る・・・・
 
10年後の自分の人生を思い描き、大学から取り寄せた願書を眺めている。
 
もちろん、まだ、受かってもいないのに、学費の心配は無用なのだが・・・・(−−〆)
 
今日、大学の元先生という方に会った。
 
「今の学生は、自分で獲得する能力が欠けている。それを援助するのが自分の仕事だ」と
 
おっしゃっていた。
 
学生さんは・・・羨ましいなぁ〜(^−^)こんなに思っていただけて、教えていただいて(^−^)
 
私も、学びたいですね〜

開く コメント(12)

全45ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事