シンデレラ症候群

異常気象の昨今・・・皆さま、いかがお過ごしですか???

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

受験真っ盛り

ただ今、受験真っ盛りですね(^−^)
 
この日の為に「血のにじむ努力」をしてきた諸君に、力の限り、頑張ってほしいと願う。
 
インフルエンザや、体調を崩してボウに振らないように・・・・・・
 
ところで、中学受験は、一月で終わってしまうのだが、取り敢えず、我が子も行くところが決まり、
 
4月からは、兄と同じ学校に通うことになる。
 
ということは、また、我が家から、一人、出て行き、さみしくなるということだ・・・・・・
 
もう、二度と一緒に住むことはないだろう・・・とさみしく送り出した長男に引き続き、次男まで・・・・・・
 
寮生活で、苦しくとも、楽しく自分の力で困難を乗り越えてほしいと願うばかり・・・・・・
 
さて、受験の合否についてだが・・・・・・
 
合格者にしか通知が来ない学校もある(−−〆)待ち続けるこちらにとってはとてもつらい・・・・(−−〆)
 
やっぱり来なかったか・・・みたいな・・・( 一一)
 
それから落ちても合格しても、出来たら、何人中何番でしたという結果が、できれば教えてほしい。
 
我が子もそう言っていた・・・・
 
自分は、受験者の中でどのくらいだったんだろうと????
 
落ちても、何番かが知りたい・・・・たとえドンケツでもそれはそれでいい(^−^)
 
教えてほしいなぁ〜

開く コメント(11)

昨日は、小学校最後の親子レクレーション参観だった。
 
毎年、いろんな企画があるが、今回は、運営委員の子供たちが考えた企画らしい。
 
まぁ、例年通りの「長縄大会」・・・・それにいつもなら、ゲームみたいなやつだった。
 
しかし、今回は「ドッチビー」と書いてある。私は「ドッチボール」の間違いと思ってウキウキ参加(^O^)
 
我が子を、コテンパンにたたきのめしてやろうと、張り切って参加した。
 
ところが・・・・ふたを開けてみると、なんと、「ドッチビー」とは、スポンジのフリスビーをつかって投げ合うのだ。
 
フリスビー????かい( 一一)だって、フリスビーは、どこに飛んでくるかわからないという意外性はあるものの
 
迫力もなく、子供たちの投げ方は下手にもほどがあり、あたっても痛くない・・・・フワッと上がれば誰にでも
 
簡単にキャッチできる・・・・(−−〆)
 
「こんなんじゃいいかんやろぉ〜〜〜〜!!!!!」と叫んでいた私。
 
観ていても、特別に「俺が俺が!!!」も「私が私が!!!!」の子供が見当たらない・・・・・
 
一応、キャーキャー騒いでいるとはいうものの・・・(−−〆)何が楽しいのか・・・・(−−〆)
 
今は、競争させたり、強い子が目立ったりということがないように、「皆、一同に・・・」という志向であることは
 
知っていたが、こんなことでいいのだろうか????
 
運動ができる子は、こんなときに出しゃばって目立ってイイと思うし、勉強ができる子は、勉強で目立って
 
みんなに教えてあげてイイと思う。
 
ある意味、競争は必要なこと。サバイバルな世の中を生きていかねばならない、横並びじゃいけない。
 
「自分には、これはできないけど、これだけはできます。誰にも負けません」的な強い想いが必要だと思う。
 
こんなんじゃ、さっぱり、個性が光らない・・・・観ていて楽しくもない・・・・・
 
「仲良く」が目的だったのかもしれないが、我が子をコテンパンにたたきのめす機会を失って残念だった。
 
やる以上は手加減はしない!!!!という強い意志で臨んだ私が子供だったのかもしれないが・・・(..)

開く コメント(13)

戦国が皆、好きなのは、なぜだろうか・・・・
 
大河ドラマの視聴率は、毎回、只者ではない。
 
みんな、きっと、どこかしら「共感」するところがあるのか?はたまた、現代と比べて、「今は、このような、
 
一国一条の主は居ない」と嘆いているのか・・・・(..)
 
先日のあるコラムに、このような記事があった。
 
「妻は、武田信玄の末裔ではなかろうかと心底疑っている・・・・・
 
 はやきこと、風のごとく。静かなること、林のごとく。侵略すること、火のごとく。動かざること、山の如し。を
 
 常に意識しているに違いない。現代に言いかえれば、手のはやきこと、風のごとく。二人っきりの食事の
 
 静かなること、林のごとく。突然怒り狂うこと、火のごとく。何を頼んでも動かざること、山の如し。」
 
 
ふと、気がつけば、殿様と家来のような関係になっているのだろうか・・・???
 
もし、前世というものがあったというならば、この関係は、どこかの武将と足軽???くらいの関係・・・・
 
今まで、威張り散らしてきたせいじゃないのかぁ〜〜〜〜っと言いたい(^O^)
 
男と女・・・・どちらが上でどちらが下もない・・・・・
 
現代は互いに想いやらねば生きていけない世知辛い世の中であることを認識しなければ・・・・
 
しかし、この、コラム・・・・よく思いついたなぁ〜と笑ってしまった私だった・・・・

開く コメント(10)

昨日、日韓戦を観た方は多いと思います・・・・
 
そのうちの、一人の私・・・・(^−^)
 
いや〜、盛り上がりましたね〜〜〜〜(^O^)
 
疲れました疲れました・・・・・
 
っていうか、興奮しすぎてほとんど眠れないまま仕事・・・・・・( 一一)
 
でも、すごかったぁ〜
 
いい試合でした(^−^)
 
試合後の、両選手の握手もよかった(^−^)
 
みんな、死力を尽くして頑張った証拠ですね(^−^)
 
いやぁ〜よかったよかった!すばらしい試合でした。
 
土曜日は、またまた、寝むれませんよ〜(^O^)
 
頑張れニッポン!

開く コメント(10)

巷では、「善意の輪」が広がっている(^−^)
 
とても、いいことだと思うし、このまま、一過性のもので終わらずに、ずっとずっと続いて欲しいと願う。
 
ただ、ちょっと気になっていたことがある。
 
それは、とくに今タイガーマスク運動が始まったわけではなくて、以前から、ずっとあっていた。
 
とくに、取り上げられることはなくても、善意でたくさんの方々が、いろんな形でいろんな行為を尽くしてきた。
 
だから、これといって「タイガーマスク」がヒーローでありことはおかしいと思う。
 
何年も、人目に触れず、し続けてこられた方はたくさんいらっしゃるわけで・・・・・・・・
 
そこだけをクローズアップするのは、きっとタイガーマスクも「そういうつもりじゃなかったのに」と思っているかも
 
しれない。
 
困難を抱える人と共感したいといい、路上生活者を支援している「南風」精神科医もいる。
 
路上生活者に「具合は悪くないですか?」と一人一人に声をかけ、耳を傾ける。
 
待ちかねていたように話し出す人たちに、じっくりと耳を傾ける。
 
仲間と一緒に弁当や使い切りカイロを配ったり・・・・・
 
段ボールを敷いて眠るのを防ごうと、ビルの前の軒下のはわざとプランターを並べる企業もある。
 
排除せずにほっといてくれたらいいのにと森川さんは話す。
 
森川さんを知る、路上生活者は、「学生さんなどのボランティアは卒業して一年くらいしたら皆、こなくなるけど、
 
森川さんはずっと来てくれる。なかなか、できることじゃないよ」と語る。
 
 
そう・・・・
 
継続することは難しいことなのだ・・・・・
 
森川さんは言う・・・・・「診療と路上での支援の間に区別はない。人間対人間。困っている人の本音が聞けて
 
共感できた時は最高に幸せ」と言っていた(^−^)
 
こんなふうに、自らの意思で、行動を起こした方は、ずっとずっと続くんだろうが・・・・・・
 
流行りに流されて始めると、きっとそこには「強い自分の確固たる意志」がないから、続かないのか・・・・・
 
みんなの流れに流されなくても、それはそれでいいと思う・・・・・・・
 
自分にできることから始めたら・・・・・
 
周りに何かきっとあるはずだから・・・・・・・
 
 

開く コメント(13)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事