シンデレラ症候群

異常気象の昨今・・・皆さま、いかがお過ごしですか???

私のこと

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]

何か、不思議な気持ちで大学のキャンパスに足を踏み入れた。
 
ワクワク・ドキドキで緊張のおももち・・・
 
まず、教室の読み方が分からず、右往左往・・・
 
どうにか把握して、教室にたどり着くも、どの席に座っていいかわからない・・・
 
しょうがなく、一番前の席の、ドアの近くに座って・・・
 
始まったと思えば、目の前にスクリーンが「ガーーーッ」と降りてきて、またビックリ(;一_一)
 
講義が始まり、「聴きたい!」「学びたい!」と思う気持ちで臨んでいると、何かが違う・・・・
 
ん〜〜〜・・・何だろう・・・・この物足りなさは・・・・・・(-_-;)
 
単調で、今ひとつ、内容に引き込まれない、話している声が小さくて聴き辛い講師・・・・
 
生徒の顔色ばかりうかがって、何を教えたいのか?伝えたいのか?が不明な講師・・・・
 
「テスト問題にはこう答えてください」と講義の中で言い始める講師・・・・・
 
高校生までは、「正しい答えの導き方」が中心だったかもしれないが、大学という場所は
 
「先生も、生徒も、互いに、問いに対して応えていく」のが中心ではないのか?????
 
一つの問題に多方面から、各々が考え、議論していく・・・
 
そのための基礎的な講義かと思っていたが、聴き手が情報として欲していることと、教える側の
 
教えたい内容にはズレがあるのだろう・・・
 
セミナーなどで熱弁をふるう、「カリスマ講師」のように、引き付けられるような、しびれるような感覚には
 
なれない私であった。
 
これも、ひとえに、歳のせいだろうか・・・(-_-;)
 
人間は学び続ける生き物で、いつまでも学び続けられる職種の一つである教師に、もっと、熱意を感じたい私も
 
やはり、変な人生経験のせいで、学生のように「素直」でなくなっているのか・・・
 
しかし、授業中に出入りが多い学生に木を取られるのも事実・・・
携帯が鳴れば、持って出て、終わり次第また戻ってくる。
 
何もなく出ていき、また帰ってくる生徒もいる。
 
トイレか?
 
授業中の私語もまぁ多い・・・かな・・・(-_-;)
 
セミナーと授業は違うとわかってたものの(*^。^*)
 
他人や環境のせいにしたって仕方がない。自分がやるかやらないかだ(^O^)
 
頑張れ頑張れ・・・
 
まぁ、まだ始まったばかり(^O^)
 
頑張って講義を聴いて、一つでも自分の身になることを考えよう(^−^)
 
そんな答えを確かめるとか、見つけ出すためにチャレンジすることもあっていい(^−^)
 
そして、間違っていたらまた次の試みをして見ればいい(^O^)
 
 
 
 
 
 
3月3日 ひなまつり・・・
 
皆さま、お元気でしょうか???
 
大変、久しぶりに、ここ、ブログにやってきました。
 
又、気持ちを新たに、書き始めたいと思います(^−^)
 
大学に行くことになりました。
 
取り敢えず、やってみます。前途多難はわかっていますが、やってみます。
 
ダメなときに、また、新たな方法を考えます。
 
子どももいますので、ないがしろにはできませんから(^−^)
 
取り敢えず、自分のペースで無理せずスタート!
 
仕事もありますから、亀よりのんびりかもですね〜・・・
 
チャレンジ精神が、どこまで維持できるか?????
 
厳しい年齢ですが、年齢はこの際無視で・・・(-_-;)

秘かなたくらみ・・・

去年から、秘かに温めていること・・・
 
それは、大学受験・・・・
 
もちろん、いまさらながらの受験で、一般入試は幼稚園児と高校現役生との戦いになるので
 
そんなだいそれたことは考えてないが、社会人枠を狙っての話・・・
 
そう思ったきっかけは、「10年後の自分はいったい何をしているだろう???」だった。
 
今の仕事をすることで、手一杯なのだが、10年後は???と考えると怖くなった。
 
出来たら、心理学を学んで、人の話に心を傾けたい。ボランティアをしたい。
 
しかし、そうするには、やはり、それなりの、心の引き出しが必要だ。
 
だから、基礎から学びたいと願っている。
 
でも、現状はそうはいかないのだ。。。。。(-_-;)
 
仕事はしなければならない。我が子たちはこれから大学受験へと次々に・・・・(−−〆)
 
私の学費どころではない(-_-;)
 
はぁ〜・・・・
 
やはり、これは難しいことなんだろうか・・・・・
 
無理だと思えば無理・・・・出来ると思えば出来る・・・・
 
10年後の自分の人生を思い描き、大学から取り寄せた願書を眺めている。
 
もちろん、まだ、受かってもいないのに、学費の心配は無用なのだが・・・・(−−〆)
 
今日、大学の元先生という方に会った。
 
「今の学生は、自分で獲得する能力が欠けている。それを援助するのが自分の仕事だ」と
 
おっしゃっていた。
 
学生さんは・・・羨ましいなぁ〜(^−^)こんなに思っていただけて、教えていただいて(^−^)
 
私も、学びたいですね〜
誕生日を迎えるにあたり、とくにないと言えばないのだが・・・
 
友人が、次のようなメールを送ってきた(^−^)
 
「自分の考えに気をつけよう。それは言葉になる。
 
 自分の言葉に気をつけよう。それは行動になる。
 
 自分の行動に気をつけよう。それは習慣になる。
 
 自分の習慣に気をつけよう。それは人格になる。
 
 自分の人格に気をつけよう。それは運命になる。」
 
かくして、人は思っているようになるのだろう・・・・
 
さぁ、いいことを考えよう〜素晴らしいことを考えよう〜(^−^)
 
それが私の運命を決定するのなら〜(^−^)・・・と、前向きになりたい自分がいる・・・(..)
 
さぁ・・・また、新しい年齢にさしかかる・・・
 
いい年にしたいものだ(^−^)

新年になりました

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
 
今年も、例年通り、ボチボチ・・・行こうと思っています。
 
新年冒頭、「ボチボチ」というのもなんですが・・・(..)一年が、早いような短いような・・・
 
淡しいくらいに時が過ぎて、朝が来るのが怖かった毎日から、怖くない朝にやっと慣れたような気がします。
 
周りのことが気になって、自分の立ち位置がわからなくて、自分の居場所が見つけられなくて、何がしたいのか、
 
何がしたくないのか、何ができないのかすら考えられない毎日・・・・・・
 
私にはいい試練だったのでしょうと前向きにとらえられるようにもなりました(*^。^*)
 
不思議なもので、何かをやりたいと願い、それが実現するときというのは、不思議なくらい他人が気にならない。
 
自分の意識の中から「他人」という概念がそっくりそのまま抜け落ちて、後はもう、自分しかいない。
 
自分が何かをやりたいしかない。
 
誰がバカだとか、誰が実力不足だとか、誰がコネでのし上がったとか、誰が私を理解しないとか、
 
誰が自分より上で誰が下かとか、本当に、一切、どうでもよくなる(^−^)
 
 
理解してもらえないから評価が低い・・・・上手くいかない・・・・成功しない・・・・
 
あの人のせいだ、この人のせいだ・・・・・
 
環境が悪い、運が悪い・・・・・
 
理由を探せばいくらでも出てくる・・・・・地球の裏側にも届きそうな勢いかも(^O^)
 
逆に、上手くいくときって、理由なんかよくわからないってことが多い・・・・・
 
きっと、自分自身にやるべきことが見えて、、それが他人を無視したことじゃなく、自然に他人のことも
 
含まれていて・・・・
 
だから他人を気にせず、思う存分、行動できたり頑張ることもできたりする・・・・
 
そんな瞬間が、毎日とは言わないが、1週間に1度でも・・・1か月に1度でも・・・・
 
いや、1年に一度でもあればいいなぁ・・・
 
そしたら、また、元気に、頑張れるかも知れない・・・・(^−^)
 
今年もよろしくお願いします・・・・

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事