日々物語

脱原発。反戦。消費税増税反対!ネトウヨ、荒らしコメントは即時削除。たまご中心の食事で若返り、老化防止、免疫力アップしています。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

『自民党は暴走する…と石破は言った』…って、いくら自民党に批判的やゆうても

話を作ったらアカンで…というツッコミが聞こえてきそうやねんけど

俺、話(はなし)つくってへんで…

公明、ブレーキ役強調 参院選、自民の大勝見越し存在感誇示 (朝日:2013年7月18日)

参院選での自民党大勝を見越して、連立を組む公明党が選挙後の「ブレーキ役」を強調し始めている。憲法改正や集団的自衛権の行使容認で自民党とのきしみが予想される中、連立離脱という選択は難しいからだ。

公明党の山口那津男代表は17日、自民党の石破茂幹事長と埼玉県所沢市の駅前で演説した。埼玉選挙区(改選数3)では両党とも候補を立てているが、石破氏は公明候補の応援に。「公明党の皆さんと連立を組む限り自民党が暴走することはありえない」と強調。隣の山口氏は「意見の違いは時々ある。国民が納得する道はどこか。公明党の持ち味と自民党の力を合わせて期待に応える」と訴えた。〜

自民党の石破幹事長は、

公明党の皆さんと連立を組む限り、自民党が暴走することはありえない

って言うてるんやけどな、はこれ、

公明党と連立を組まなかったら、自民党は暴走する

…ってことになるんとちゃう? (→つまりこれは、自民党は暴走する政党であると自認してるってことや)

(う〜ん、石破幹事長、堂々の『暴走宣言』やね、これ…)


俺な、自称『暴走老人』が率いてる政党もゴメンやけど、『暴走政党』もゴメンやで

そやかて、政党ゆうのは市民のために(よい)政治をするのが仕事やのに

暴走族みたいに「暴走」してもろたら、そらアカンがな


そう言うたら、バリバリと音を立てて集団で暴走する暴走族と

「とにかく改憲や!」ゆうて騒いで集団で暴走する自民党は

人の迷惑を顧みず、ただ自分だけがよかったらそんでええんや!…という姿勢において、

そっくりやないか? (→これから自民党のことは、『政界暴走族』って呼ばなアカンで…)


で、そういう暴走政党が改憲して、「日本軍(国防軍)」つくりたいねん」、

「集団的自衛権(という名の攻撃権)を認めてほしいねん」、

「緊急事態法制を整備して、軍隊つこて治安維持したいねん」…とか言うてるのは  ※つこて=使って

悪い冗談は止めてくれ…という話やないのかな


そんでついでに言うとくけど、自民党暴走の「ブレーキ役」でアピールしようとしてる

公明党という政党の姿勢も、俺、実はようわからんねん

そやかてな、真に暴走政党のブレーキになりたいんやっやたら

連立を解消して野党になったら一番効果的なブレーキになるやんか

(自民圧勝が予想されてる参院選挙でも、自民単独過半数は無理って予測が出てるんやし…)


俺な、自民党の「ブレーキ役」になるとアピールしながら、

実は自民の暴走を手助けしてる(=自民を選挙支援してる)公明党は

はたして論理的な思考能力があんのんか…と、疑ってしまうで (→多分ないで、アイツら…)


俺、自民党という政党は、21世紀に存在したらアカン「生きた化石政党」やと思てんねん

ホンマの生きた化石やったら、博物館に飾っとく利用価値もあるやろけど、

「生きた化石政党」は何の利用価値もない…というか、存在そのものが害悪みたいなもんやで


そやから、そういう「存在そのものが害悪」みたいな政党と連立政権を組むことが

党是になってるような政党(=公明党)かて、やっぱり害悪の一つやと思うし

『暴走政党自民党』と一緒に暴走したくてたまらない『暴走老人』が率いてる、

維新の会もやっぱり害悪やと思てんねん



…ということで、ここからは人様のtweetをいくつかご紹介して、

参院選投票日前最後のエントリーを終えたいと思います


石破氏ご自身は、徴兵されることなく、キャンディーズを追っかけていられた、素晴らしい事です。これからの若者にも、石破氏のような青春を過ごしてほしい。 pic.twitter.com/KD42wcx6Cs
リンク先の画像は必見ですよ!

【拡散希望】吉良よし子は当落線上で大接戦。今「吉良は大丈夫」と激しい切り崩し。読売は共産党支持者の2割が山本氏にと報道。官邸・国会前で毎週「再稼動反対、原発なくせ」とコールしてきた吉良よし子は選挙後の焦点=再稼動を許さないの声を届ける絶対に必要な議席です。
ぼくも、太郎くんより吉良さんを応援するで!

沖縄からの議席は、他の地域からの議席とは意味合いがまったく違います。日米安保・日米地位協定の歪みを押し付けられた痛みを跳ね返し、世界に誇る平和憲法を護るためには、沖縄からの平和の議席がどうしても必要です。沖縄選挙区は『糸数けいこ』、比例代表は『山シロ博治』を勝たせましょう!
ちなみに、「比例代表候補の山シロさん」は、社民党の候補です…

これまで健全な保守という自覚をもって自民党を支持してきた人には、もはや自民党のほとんどは変質・消滅し、戦争経験者もおらず頭でっかちの好戦的新自由主義・上辺の国粋主義とは裏腹の売国奴が動かす政党となっていることに気付いて、自民党への投票を思いとどまってほしい
「健全な保守」って、もう死語やね…

(健全な保守が絶滅して、最悪な保守(=極右ナショナリスト)だけが残ってしまった自民党…)

ファシズムの一歩手前に、僕らはいる。大多数を犠牲にする経済・外交政策で貧困が蔓延し、治安は悪化し、言論の自由は制限され、ダンス規制なんてレベルではなく、ありとあらゆる表現が、機会が、公共の福祉の名の下につぶされることになる。
このtweetでは「公共の福祉の名の下」ってなってますけど、自民の改憲案ではこれが

「公益及び公の秩序」ってなってます…

(とにかく、「ファシズム3秒前」…が、今の日本の状況やと思うで)

自分たちがこの国の中でどんだけマイノリティーか再度自覚しなきゃ。全員?通る訳ないだろ。票割れたら全滅するよ!いきなり世界は変わらない。石つぶてバラまくよりクサビをひとつ確実に打ち込むこと。
これ、どこの選挙区とは言うてへんけど、多分東京選挙区のことやないかな…と思う
(ほな誰に入れたらええねん?…と言えば、太郎くんよりも吉良さんで決まり!)

で、念押しで…
【要注意】日本共産党の吉良よし子氏は「当選圏をうかがう」「当選圏に迫る」であって、まだ当選圏に入っていない。浮気したら、やられる。 東京新聞:参院選 本紙世論調査<上> 自民2人有力、公・共追う:東京http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20130717/CK2013071702000120.html …

安倍首相、ついに“封印”解く 9条改正を明言(産経 7/16) http://bit.ly/15htESi   いよいよ、馬鹿が戦車でやって来た
そう言えば、「馬鹿が戦車でやって来る」という映画が、昔ありました…

山シロ博治 × 辛淑玉・緊急対談「憲法改正に名を借りたクーデターを止めよう」 
http://bit.ly/1bka5z9
俺、自民の改憲案は、その内容から言って「(憲法改正に名を借りた)クーデター」やと思ってたけど

おんなじこと考えてる人がおったね… (なんか、うれしい)

自民党は本当に怖い政党なんだ。みんな、このツィートをぜひRTしてほしい。自民党にだけは投票しないでほしい。自民党政権と引き換えに失うものが多すぎる! pic.twitter.com/1GMejc00Ph
リンク先の画像も貼っとくわな↓

イメージ 1

憲法問題 国のかたち変えるのか(東京・社説 7/6) http://bit.ly/14TVCoh  「自民と維新、みんなを合わせた改憲勢力は衆議院で、三分の二のハードルを越えている」「改憲か、護憲か。現実的な数のせめぎ合いになる」「参院選は日本の岐路となる歴史的な選択なのだ」
参院選挙の結果次第で、改憲はすぐそこに…ということを忘れんとこ



では、ここからは避けるべき人たちをちょこっとだけ紹介…

毎日新聞の候補者アンケート「核武装について」。東京選挙区の主要な候補でただひとり、情勢次第で核武装を「検討すべき」とこたえたのが、自民党の丸川珠代氏。海外でアメリカといっしょに武力行使をする「集団的自衛権が行使できるよう見直すべき」とこたえたのが、丸川氏、武見氏、桐島氏。
このtweetに出てる「丸川」「武見」は東京選挙区の自民党候補、「桐島」はみんなの党の候補ね…

京都の人〜〜 これはあかんで http://toyokeizai.net/articles/-/13302?page=4 …
えー、このtweetを読んだだけではわかりにくいので、リンク先から引用すると、

京都選挙区から出てる民主党の北神候補が

「お母さん、あなたの息子やお孫さんが、あの小さな島(=尖閣)のために
  死んでくれますか。人殺しをしてくれますか」


…と言うてるという話…

文科省の原子力災害対策支援本部の放射線班が11年3月19日に作成した文書に、鈴木寛が意図的にSPEEDIの情報隠蔽したことを示す記述があるようです。12年3月3日の東京新聞→ http://soba.txt-nifty.com/zatudan/0file/20120303Tokyo_.pdf
このtweetにでてくる「鈴木寛」は、東京選挙区の民主党候補ね…



では、最後に締めのtweetをご紹介…

いよいよ投票日。自民圧勝の情勢分析にまたぞろ低投票率がささやかれるが、今後三年間国政選挙はなく、参院選後自民は信任を得たとばかり数の力で放埒の限りを尽くすだろう。原発、憲法、復興、沖縄、消費税、TPP…。手元にあるのは、選挙権のない子供達から託された貴い投票権だ。熟考して行使を。
それではみなさん、熟考して投票を!

転載元転載元: 大阪弁で世情を語る

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

    生き生き箕面通信

                               http://blog.goo.ne.jp/ikiikimt

大阪の箕面から政治、経済、環境など「慎ましやかな地球の暮らし」をテーマに、なんとかしましょうと、発信しています。

1671 ・明日が世界の終わりでも、投票に行きましょう!

2013-07-20 07:43:18 | 日記
おはようございます。
               生き生き箕面通信1671(10720)をお届けします。
 
 
 日本の大きな方向を決めることになる参院選は、明日7月21日が投開票日です。「たとえ明日が世界の終わりでも」くらいの気持ちで投票所に足を運び、自分の頭で考えた1票を入れましょう。
 
 投票に行かないこと、つまり棄権は、「白紙委任」することを意味します。「安倍首相の思うようにおやり下さい。すべてお任せします」と。
 
 マスメディアは、一見、中立の立場を取っているように見せつつ、それは表向きの姿で、本当は自民党政権寄りの姿です。自民党政権が安泰であるように、巧妙に誘導しています。
 安倍政権が続くほうが都合がいいマスメディアは、低投票率を望んでいます。低投票率なら、組織票の威力が相対的に増し、自民党政権への支持が高まるからです。自民党は全国のさまざまな業界団体に補助金や交付金をばらまくことで、強いつながりを築き、組織票を固めています。
 マスメディアは、クロスオーナーシップという巨大利権の蜜をたっぷりと味わっており、これを手放す事態は絶対に避けると固い決意を共有しています。
 クロスオーナーシップとは、ある特定の資本が複数のメディアを支配下におくことで、社会に対する情報コントロールができるようになる状態をいいます。
 アメリカでも、日本でも、マスメディア集中排除の原則があります。新聞社が放送業を系列化に置くことは「違反」です。だから、朝日新聞社がテレビ朝日(ABC)を、読売新聞社が日本テレビ放送網を系列化に置いていることは、本当は違反なのです。
 歴代の政府は、それを黙認した上で、テレビなどには極めて低い免許料で事業免許を与えてきました。だから、民放は政府に逆らうことはできない仕組みになっています。民放が政権べったりであることはご存じの通りです。
 みのもんたやビートたけしなどのテレビの人気者はもちろん、田原総一郎や橋本五郎などのテレビ評論家も大きなくくりでは、時の政権のご用評論家に分類できます。真実をきちんと伝えるジャーナリストは、民法テレビをはじめ大手紙あるいはNHKから排除されています。
 それが、政権交代したとき、鳩山・小沢体制のもとで、原口一博総務相(当時)が「クロスオーナーシップの見直し」を打ち出し、実際にそのための法案を閣議決定まで持って行きましたから、メディア側は顔面蒼白。必至で鳩山・小沢つぶしに走りました。なかでも、クロスオーナーシップ見直しの”真犯人”とされた小沢つぶしのメディア攻撃は検察との連係プレーで熾烈を極めたことは、ご存じの通りです。
 話がそれましたが、安倍政権のもとで参院のねじれも解消されると、さらに「暴走スピード」が上がるのは確実です。石破幹事長は、「公明党がブレーキ役だから、暴走することなどない」と言っていますが、ねじれが解消したら、公明党をねじふせることなどわけもないことです。
 そして権力と結びついたメディア。民主主義はいままで以上に機能不全に陥ります。自民党政権がわが世の春を謳歌する時代になります。それで国民の幸せがもたらされるなら、異存はありません。しかし、安泰な国民生活どころか、日本丸自体が沈没してしまいます。
 自公政権が過半数を取ることを、なんとか阻止したいものです。ねじれがあるからこそ、安倍政権の暴走を食い止められます。それは民主主義の最も大事な機能です。ねじれの中で政治を前進させる土慮をすることこそが、民主主義のきほんではないでしょうか。ともかく、投票に行きましょう。投票することは、民主主義に参加することです。

転載元転載元: 天地の超常現象

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

死を強制する、

自民党憲法草案!!


http://blog-imgs-50.fc2.com/k/i/m/kimito39gmailcom/fc2_2013-07-20_19-23-26-252.jpg


兵頭に訊こうより

【死を強制する自民党憲法草案】

投票日が近づくにつれ、御用メディアの洗脳と誘導が激しくなっている。

「低投票率が心配」 、「戦後最低の投票率になる可能性」と御用メディアがいうと き、「みんなが投票しないのだから、あなたも投票所に行く必要はない」と国民の劣情 を組織しているのである。

「自民党単独で過半数を越えるかもしれない」 、「選挙区はほぼ決まり。比例区も野党乱立で、野党の勝利はない」というのは、国民を諦めさせ、国民の勝ち馬に乗る劣情 を組織して、自民党への投票へ誘導しているのだ。あるいは棄権を洗脳・誘導している のである。

御用メディアは、選挙の争点を次の2点に絞ってきている。

1 経済(アホノミクス)

2 衆参のねじれ

経済(アホノミクス)に関しては、国民の給料が上がり、内需が喚起され、消費が上向 くという、実体経済の変化がなければ成功したことにはならない。

国際金融マフィアによって作られた政治相場の、「株高」にのみ注目して、アホノミク スの出だしは成功した、という言い方がされている。

勘違いしてはならない、99%の国民は「株高」とは無縁なのだ。 1%が「株高」の恩恵 に浴したのだが、99%が物価高に苦しみ始めた現場を見て、どうして「成功」の言葉 を使えるのか、不思議でならない。

また、衆参のねじれであるが、先験的にねじれが悪であるかのような議論がなされてい る。ねじれているからこそ二院制の意味はあるのだ。

ねじれが解消すれば、政府の思うままに法案は通り始める。自民党はいくらでも暴走で きる。つまり参議院の存在理由はなくなるのだ。参議院を廃止して衆議院のみにすれば 良いとの意見が現実味を帯びてくるだろう。

衆議院では過半数の議席を与えたが、その後の政権運営を見て、参議院選挙では過半数 を割らせて、暴走に歯止めをかける。そこに二院制の叡智があり、民主主義の良さがあ るのだ。

既得権益支配層も作った選挙争点は、 B層向けのものである。真の争点は次の5点だ。

1 原発

2 TPP

3 消費税

4 憲法

5 普天間基地

自・公+みんな・維新・民主党A級戦犯派は、選挙目当てに微妙に言い方を工夫して本 音をごまかしているが、基本的には、原発再稼働(維持・推進)であり、 TPPには参加 賛成の売国勢力である。消費税増税には基本的に賛成であり、憲法改正賛成、普天間基 地の辺野古沖移転賛成である。

それに対して生活の党・社民党・共産党・みどりの風は、原発再稼働反対、 TPP参加反 対、消費税増税廃止・凍結、憲法改悪反対、普天間基地の県外あるいは国外移転、であ る。

ほんとうにいい国にして、幸せになりたかったら、生活の党・社民党・共産党・みどり の風に投票するべきである。

ところで、今日は『東京新聞』(2013年7月16日)の、「こちら特報部」を取り上げ、 今選挙の真の争点のひとつである憲法を考えてみたい。

『東京新聞』は書いている。

「自民党は同党の改憲草案で、憲法九条を変更して自衛隊を「国防軍」にすることを掲 げた。それに伴い、国防軍に「審判所」という現行憲法では禁じられている軍法会議 (軍事法廷)の設置を盛り込んでいる。

防衛相の経験もある同党の石破茂幹事長は4月に出演したテレビ番組で、審判所設置に 強い意気込みを見せた。「死刑」「懲役300年」など不穏な単語も飛び出した石破氏の 発言とは−。(小倉貞俊)

「「軍事法廷とは何か。すべて軍の規律を維持するためのものです」。4月21日放映の 「週刊BS-TBS報道部」。

憲法改正を問うというテーマで招かれた石破氏は持論を展開した。

国防軍になると、具体的に何が変わるのかと問われた石破氏はまず、「(改憲草案に) 軍事裁判所的なものを創設する規定がある」と述べた。

改憲草案9条2の5項には「軍人その他の公務員が職務の実施に伴う罪か国防軍の機密に 関する罪を犯した場合の裁判を行うため、国防軍に審判所を置く」とある」 (引用終わり)

「審判所」とは笑わせる。国防軍にあるのは軍事裁判であり、それしかない。その呼称 を使うと国民の反発を招くので、柔らかく「審判所」とごまかして出発するのである。

これは、まだ戦争の記憶が生々しく、国民の間に反戦の意識が強かった敗戦後に、軍隊 とせずに自衛隊として出発した自民党の姑息なやり方と一致している。自衛隊の実体は 軍隊であり、米軍をはじめ世界はそう見ている。

「続けて石破氏は、現在の自衛隊で隊員が上官の命令に従わない場合は、自衛隊法で最 高でも懲役7年が上限であることを説明し、こう語った。

「『これは国家の独立を守るためだ。出動せよ』と言われたときに、いや行くと死ぬか もしれないし、行きたくないなと思う人がいないという保証はどこにもない。

だから(国防軍になったときに)それに従えと。それに従わなければ、その国における 最高刑に死刑がある国なら死刑。無期懲役なら無期懲役。懲役300年なら300年。そん な目に遭うぐらいなら、出動命令に従おうっていう。人を信じないのかと言われるけれ ど、やっぱり人間性の本質から目を背けちゃいけない」 (引用終わり)

この石破茂や安倍晋三、石原慎太郎、橋下徹ら反動政治家の発言に共通しているのは、 自分たちは戦場に行かないし、銃も取らないことを前提にして、実に気楽に勇ましいこ とを語っていることだ。

この者たちは、竹島に上陸してみせた韓国大統領ほどの勇気もない連中である。

ここでは4点にわたって、石破の、死の強制に反論しておく。

1 この「審判所」は日本国憲法第76条に違反している。

日本国憲法の第76条

すべて司法権は、最高裁判所及び法律の定めるところにより設置する下級裁判所に属す る。

(2) 特別裁判所は、これを設置することができない。行政機関は、終審として裁判を 行ふことができない。

(3) すべて裁判官は、その良心に従ひ独立してその職権を行ひ、この憲法及び法律に のみ拘束される。

つまり、「審判所」とは軍事裁判であり、それは特別裁判所だから、「特別裁判所は、 これを設置することができない」のである。

2 同様にこの「審判所」は自民党改憲草案にも違反している。

自民党の改憲草案

第76条(裁判所と司法権)(1) 全て司法権は、最高裁判所及び法律の定めるところに より設置する下級裁判所に属する。

(2) 特別裁判所は、設置することができない。行政機関は、最終的な上訴審として裁 判を行うことができない。

(3) 全て裁判官は、その良心に従い独立してその職権を行い、この憲法及び法律にの み拘束される」

ここでも明確に「特別裁判所は、設置することができない」となっている。お粗末にも 矛盾した内容が同一憲法内に混在しているのだ。

3 ここに述べられているのは奴隷に死を強制する思想だ。いつ裏切るかもしれない奴 隷。殴っても蹴っても死地に向かわない奴隷を従わせるには、死の恐怖がいいと考えら れている。

「そんな目に遭うぐらいなら、出動命令に従おう」と、前線にかり出された兵士たち が、お国のために戦う筈がない。適当にやって、おりあらば逃げようとするだけのこと だ。

死への恐怖は人間に自然に備わっているものである。死を前にして、どのような動物も 恐怖を感じる。まして人間が死から逃げようと努めるのは人間的な感情であり、賢明 な、そして勇気ある行動である。

それを抑圧し、弾圧し、死地へ強制したのが戦前の日本軍国主義であった。

その結果はどうであったか。神風特攻を繰り返し、人間魚雷を押しつけ、竹槍訓練を強 制し、挙げ句の果てに広島・長崎に原爆を投下されて敗北したのである。

死を美徳化し、玉砕を称賛した日本軍隊よりも、捕虜をヒーローとして扱い、生還を称 賛した、民主的な米国の軍隊の方が強かったのだ。

4 『これは国家の独立を守るためだ。出動せよ』 。この前提からして間違っている。 日本統治の現実、日本統治の実体は、自民党によって実現された植民地である。

宗主国の米国をはじめ、外国がそのように見ており、自民党の大半の政治家も、よほど のバカを除いて内心ではその現実をわかっている。

日本を独立国家と思っているのは、自民党客筋で、マスメディアの洗脳ターゲットであ るB層ぐらいのものだろう。


この続きは、 有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』 でご覧いただけます。

兵頭に訊こうより
http://m-hyodo.com/political-situation-47/#more-662

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

戦慄予測! もしも参院選で自公が圧勝したら?

 
 
国民は賢くなれ!もしも自公に参議院の過半数の議席を与えたとするとその結果どのような社会になるかは容易に想像がつく!

(1)現行の日本国憲法を全面改悪して、天皇を国民の上に置く「元首」にして戦前の「大日本帝国憲法」下での天皇独裁体制を実質的に復活させるだろう!

(2)現行の日本国憲法を全面改悪して現行憲法が保障する「個人の基本的人権」「個人の基本的自由」を全面否定して「公共の利益」「公の秩序」を優先する国家主義・全体主義体制にするだろう。「米国共謀罪」を導入して批判者や反対者を「非国民」として徹底的に弾圧するだろう!

(3
)憲法9条を改悪して自衛隊を国防軍に再編し徴兵制を導入し軍法会議を設置し「集団的自衛権」を認めて米軍の侵略戦争に参戦できるようにするだろう!

(4)「アベノミクス」の強行によって
①赤字国債総額1200兆円で財政破綻→国債暴落→金利高騰→債務不履行(デフォルト
②日銀の紙幣増刷による金融緩和で莫大な投機資金がメガバンクに流されほとんど「実体経済」に投資されずにとんどが「金融商品」に投下されその結果「未曾有のバブル」が発生して「実体経済」と「国民生活」が破壊され銀行封鎖、企業倒産、失業、自*、弾圧が吹き荒れるだろう!

(5)「ユダヤ金融資本」と「ネオコン=米軍産複合体=戦争至上主義者」は最終的な解決として「第三次世界大戦」を仕掛けてすべをチャラにするだろう!

(6)「TPP参加」によって関税撤廃による日本農業の全面解体ばかりでなく食の安全、国民皆保険療制度の崩壊、金融、経済、裁判制度、流通など21分野にわたって米国大企業の支配が強まり国民経済と国民生活が破壊されるだろう!

(7)来年2014年4月に5%→8%、2015年4月には8%→10%と消費税を上げて財政難に苦しむ米国への「植民地からの貢物」として米国債を50兆円買い増しするだろう!
 
引用終了
*****************************************
 
 モ〜いやだ、モーこりごりだ〜モー自公政権だけは勘弁して〜
 
 ???いいことなんかこれっぽっちもないですニャン
 
 このままじゃ大変な世になるぞ〜また戦争がやってくるぞ〜
 
 不思議だワン、これで何で自公圧勝ムードなんだろう???
 
 まぁ〜属国に仕掛けられた恐るべきマインドコントロールッチュウことですよ〜
    公選法から報道から開票システムからすべてがイカサマッチュウことですよ〜
 
 
 
イメージ 1
 
 
 お代官様〜オラにはまだ幼い孫子  が〜どうか戦争だけは勘弁してくだされ〜
 
 この通りです〜オイラからもお願いします〜百均の餌だけになったら困りますニャン
   お代官様〜もう冗談は顔だけにしてくださいニャ!
 
 大変だ〜これじゃ茹でガエルどころか地獄風呂行きだ〜それだけは勘弁してケロ!

転載元転載元: この世の真相

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

経団連が憲法改正の勉強会発足へ

政府への提言も検討

⇒【戦争、原発、核兵器】金儲けが始まる?!恐怖の!!



東京新聞より 2013年7月20日 17時06分

経団連が憲法改正を議論する勉強会を参院選後に発足させることが20日、分かっ た。憲法は選挙戦の争点の一つとなっており、選挙の結果次第で大きく動きだす可能 性がある。勉強会で集団的自衛権の行使などの考え方を整理し、政府への提言も検討 する。

経済団体では経済同友会が4月に国の安全保障に関する提言を公表した。日本商工 会議所も10月に憲法改正試案をまとめる方向で調整しており、憲法をめぐる財界の 論議が活発化しそうだ。


東京新聞より
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013072001001312.html

原発の話と【憲法改悪の話】は 密接に結びついています。 【日本政府が原発をやる理由】核兵器


その一票、子孫に言い訳出来ますか?

http://livedoor.blogimg.jp/kimito39/imgs/1/1/11ef5b63-s.jpg

画像、支離滅裂ですが、何か?様ブログより
blogs.yahoo.co.jp/honjyofag

日々物語より
http://blogs.yahoo.co.jp/koiuta48/9459703.html

http://blog-imgs-50.fc2.com/k/i/m/kimito39gmailcom/fc2_2013-07-19_23-38-44-516.jpg
ジブリ宮崎駿監督が 「憲法を変えるなどもってのほか」 戦争の愚かさと憲法改正反対の意思を。


http://livedoor.blogimg.jp/kimito39/imgs/f/8/f85cb604-s.jpg

浅田次郎『それでも私は戦争に反対します』 憲法は、国家権力に縛りをかけるためにある。

http://livedoor.blogimg.jp/kimito39/imgs/0/f/0fd183c4.jpg


http://livedoor.blogimg.jp/kimito39/imgs/1/e/1e73b191-s.jpg


http://livedoor.blogimg.jp/kimito39/imgs/8/1/8169c653-s.jpg


http://livedoor.blogimg.jp/kimito39/imgs/4/d/4dbca195.jpg


「福島はチェルノブイリの10倍です」 福島第一原発元所長吉田昌郎(享年58歳)の言葉!【拡散希望】


http://livedoor.blogimg.jp/kimito39/imgs/7/6/76e6cc7a-s.jpg




開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事