Koji Murataの映画メモ

映画に関するコメントのみお受けします。

全体表示

[ リスト ]

9月23日

 いろいろなコメントありがとうございます。
 さて、最近映画館で観た作品を2本。
 バラン・ボー・オダー監督『ピエロがお前を嘲笑う』(ドイツ、2014年)。若いハッカーたちの自己顕示欲が大事件に発展してしまう物語。デヴィッド・フィンチャー監督の『ファイト・クラブ』へのオマージュで、意外などんでん返しの映画を「マインドファック・ムービー」というそうだが、それほど意外などんでん返しでもない。ドイツ語の勉強にはなりました(といっても、断片的ですが)。
 ダン・ギルロイ監督『ナイトクローラー』(アメリカ、2014年)。「ナイトクローラー」とは、事件や事故を追いかけるフリーランスの記者の由。主人公(ジェイク・ギレンホール)もロスを舞台に事故や殺人事件を追いかけて、テレビ局に映像を売りつけ、成功していく。しかし、その過程で犯罪的な手法を用い、ついには仲間をも犠牲にする。議連ホールの理知的な演技は見事。ローカル・テレビ局について深く考えさせられる。
 もう一つDVDで観た作品。
 クリス・ロック監督・主演『ヒップホップ・プレジデント』(2003年、アメリカ)。正副の大統領候補が事故死したため、負けを前提にマイノリティーの候補を擁立しようと、政党幹部が画策。ワシントンDCの若い黒人市会議員が擁立される。主人公は、副大統領候補に自分の実兄(バーニー・マック)を選ぶ。対立候補は、いつもアメリカ至上主義を唱える現職副大統領だ。だが、その素人ぶりと理想主義が好感をえて、ついには当選を果すというコメディ。2004年には、黒人が大統領になることがコメディのテーマだったわけです。

閉じる コメント(1)

顔アイコン

『ピエロ』は、それなりに面白かったけれど、若者映画特有(?)のゆるさというか甘さがあると思いました。(裏付け捜査等々)
『ナイトクローラー』は、なんでこんな嫌な映画を作ったのか?というのが、偽らざる感想でした。いくらローカル局にしても、今のアメリカってあんな血生臭い映像を流して平気なほど放送コードや倫理が地に落ちたのか?それに、絶対主人公は殺されると思ったのに、生き延びてしまうというラストも疑問でした。(ご覧になってない方、ごめんなさい)

2015/9/23(水) 午前 1:10 [ KS2015 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事