Koji Murataの映画メモ

映画に関するコメントのみお受けします。

全体表示

[ リスト ]

10月15日

 DVDを2本。
 ジョージ・P・コスマトス監督『ランボー/怒りの脱出』(1985年、アメリカ)。
 シリーズ第二段で、ランボーがヴェトナムでの米軍捕虜を救出する。しかし、彼に救出作戦を命じた司令官には捕虜救出の意思はなく、ランボーらを見殺しにしようとする。最初に救出作戦を依頼された時、ランボーが尋ねる。「今度は勝てるのか」。ヴェトナム戦争の傷跡の深さがうかがわれます。
 ジョン・フランケンハイマー監督『5月の七日間』(1963年、アメリカ)。
 アメリカ大統領(フレドリック・マーチ)がソ連との大胆な核軍縮条約を結ぶと、統合参謀本部議長(バート・ランカスター)がクーデターを企てる。議長の副官(カーク・ダグラス)がそれに気づき、ホワイトハウスに密告するが、なかなか確証がつかめない。他に、エヴァ・ガードナーやマーティン・バルサムなど、往年の懐かしい顔ぶれ。ケネディ暗殺前後の話で、大統領はこの映画化に協力していた由です。

閉じる コメント(5)

顔アイコン

モーリーン・オハラが亡くなりました。古い映画は、公開時(ランボー)に、あるいはTV放映時(『5月の7日間』)に見た覚えはあるけれど、、、という程度のことしか書けないので困ってました。しかも、ちょっと前まで、見る映画、見る映画、駄作/凡作、あんまりだ、というものばかりで、相対的にであれ一番面白かったのが、『ダイバージェントNEO』という有様。
『ロバート・アルトマン』は、先生がお書きになると思って、自粛していたのですが、相変わらずお忙しくて映画館へ行く暇もないご様子。過労とストレスにお気をつけください。
とにかく、『アクトレス』で、久々に映画らしい映画に出会いました。でも、読書の秋で、本を読んでいるほうが面白い今日この頃です。今更ではありますが、佐藤優の本がお薦めです。その佐藤氏推薦の本が、「新島襄」(和田洋一著、岩波現代文庫)です。お楽しみください。

2015/10/27(火) 午後 11:34 [ KS2015 ]

顔アイコン

お邪魔いたします。隠れJFKファンの私としては是非拝見したい映画です。ご紹介いただき、有難うございます。

細やかなお礼ですが、Robert Frostのこちらの詩とhttp://www.poetryfoundation.org/poem/171621
ガラテヤの信徒6章2−10の箇所をお伝えさせていただきます。

ご自愛くださいませ。

2015/11/17(火) 午後 10:04 [ ボビン ]

顔アイコン

ランボーといえば、炎の矢を放つシーンを思いだします。『怒りのアフガン』。ランボーは、結果捕虜全員を助けました。スタローン映画は、心に残ります。同志社出身ではないですが、書かせてもらいました。すいません。

2015/11/19(木) 午前 8:20 [ chucky ]

顔アイコン

村田先生は、スペインにいらっしゃったことがありますか?都内で公開中(京都シネマでは2月6日から)の、『サグラダ・ファミリア ガウディ、創造の神秘』は、一見の価値ありです。
間が空いた分、書きたい映画がいっぱいあって悩んでいらっしゃるのではないかと思うので、新作はパスして、年末に楽しめる(はずの?)古い映画をご紹介します。『ファール・プレイ』(1978年米、DVD2011年)チェビー・チェイス、ゴルディ・ホーン、ダドリー・ムーアが、おそらく一番輝いていた頃の、いわばドタバタ・ラブコメ・スリラーです。バリー・マニロウの音楽も好きでした。
PSいつの間にか、ヤフーIDでログインしないと書けなくなってしまったので、以前適当に作った変な表示名になってしまいました。<KS2015>

2015/12/24(木) 午前 1:39 [ yam***** ]

顔アイコン

『禁じられた歌声』今年最後の1本です。
原題は”Timbuktu”なのですが、ロケ地はモーリタニアとのことで、その昔行ってみたいと思っていた「アフリカ最古の大学都市」(の成れの果て?)は映画の中ですら見ることは叶いませんでした。
Timbuktuは、11世紀に始まり、古代マリ、ソンガイ両王国の元で繁栄し、14世紀初めにはアラブ文化の中心地になっていましたが、16世紀にムーア人の手に落ち、17世紀には没落してしまったそうです。(参考文献「古代アフリカ王国」)
無知ゆえにか、アフリカの文化遺産さえいとも簡単に破壊してしまう「イスラム過激派」の暴力は許しがたいけれど、哀れでもあります。
とにかく、良いお年をお迎えください。

2015/12/31(木) 午前 1:24 [ yam***** ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事