Koji Murataの映画メモ

映画に関するコメントのみお受けします。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

10月15日

 DVDを2本。
 ジョージ・P・コスマトス監督『ランボー/怒りの脱出』(1985年、アメリカ)。
 シリーズ第二段で、ランボーがヴェトナムでの米軍捕虜を救出する。しかし、彼に救出作戦を命じた司令官には捕虜救出の意思はなく、ランボーらを見殺しにしようとする。最初に救出作戦を依頼された時、ランボーが尋ねる。「今度は勝てるのか」。ヴェトナム戦争の傷跡の深さがうかがわれます。
 ジョン・フランケンハイマー監督『5月の七日間』(1963年、アメリカ)。
 アメリカ大統領(フレドリック・マーチ)がソ連との大胆な核軍縮条約を結ぶと、統合参謀本部議長(バート・ランカスター)がクーデターを企てる。議長の副官(カーク・ダグラス)がそれに気づき、ホワイトハウスに密告するが、なかなか確証がつかめない。他に、エヴァ・ガードナーやマーティン・バルサムなど、往年の懐かしい顔ぶれ。ケネディ暗殺前後の話で、大統領はこの映画化に協力していた由です。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事