全体表示

[ リスト ]

全部わかっちゃった!

 夏休みに入る前、中3の女子が教室の講師を通して「塾長面談」を依頼してきた。
 生徒からの申し込みは100%OKすることにしている。
 面談の日、中3の女子は遠慮そうに塾長の前に座り、「忙しいのにすみません!」と礼儀正しかった。「暇ではないが、そう忙しくもないよ。」よく見かける女子なので、気軽に会話が始まった。
 「部活はどうした?もう、終わったのかな?」
 「はい、終わりました!」
 「そうか。それで何か相談かな?」例年のことながら、この時期の生徒の相談は、塾長には想像ができたが聞いてみた。
 「はい、今年の受験なんですけど、部活が終わって何をしたら良いのか、わからないのですが?」
 「中学の先生から、何か具体的なお話は、ありませんでしたか?」
 「はい、まだありません。」中3の女子は不安そうだった。
 「そうか。もうすぐ夏休みだから、何か指導があると思うが、君の力なら、まず、書店で自由に問題集を買って、何も考えず1週間で100時間の学習をやってきなさい。それから具体的な相談をしましょう。」と言われて、中3の女子は若干やれるか不安そうだった。
 そんな学習の経験は、過去に無いはずだと塾長はわかっていた。
 「ここに、実際に塾長の提案を実行した生徒がいるんだ。」
 塾長は実際に1週間で101時間実践した生徒の、学習記録表(本人が記載し、母親がサインして、塾長のコメントが書いてある)を見せた。
 「すごい!」中3の女子は驚いた顔をした。
 「この生徒は、ここに名前があるように、小6で実践したんだ。今はK大の3年生だよ。君も出来ると思うんだがね。」
 「6年生ですか?」中3の女子は考えていたが、「やります!」と宣言した。
 「大変だろうが、がんばりなさい!」と塾長は未記載の学習記録表を10週間分渡した。
 それから、1週間が過ぎ2週間が過ぎ、夏休みに入っていた。
 3週間目が過ぎると中3の女子は、担当講師と一緒に学習記録表を持って現れた。
 「やれました!」
 「おお、すごいね。」塾長が見た学習記録表は、ぴったり100時間で母親の確認サインがあった。
 「それで感想は?」
 「あの、私、勉強、全部わかっちゃいました!」
 「そう、それじゃ、塾長の指導はいらないのかな?」
 「はい!」中3の女子は、見違えるほど自信に満ちていたが、塾長としては指導はいらないと断られて、どこか寂しいような?、何となく嬉しいような?
 あの中3の女子の受験は心配ないだろうとは思った。                             by 塾長

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事