全体表示

[ リスト ]

隠しちゃった?

今年も全国学力調査の結果と分析が発表になって、各方面から議論百出・百花繚乱の様子である。「成績結果は公表しない」「いや、公表すべきだ」、などが代表だ。文科省は「過度の競争や序列化を招く」と市町村別成績や学校別成績の公表を禁じている。
地方自治体は公表したりしなかったり右往左往、専門家と言われる先生方は、出題の問題点や問題の妥当性を議論、ある新聞の編集委員にいたっては、全国学力調査3年間で200億円を使ったがその異議は、と実にごもっともなことだが、3年連続で1位の学力を示した秋田県は立派ではないか?
ちなみに、教育費の国家支出はOECD加盟国の中でGDP比3,3%で、日本は27位で最下位である。この国は教育意外にも大切なものがずいぶんあるようだ。さりながら、最下位とは情けない経済大国とは聞いてあきれる。
「競争や序列化云々・・・」の文科省はなんと答えるかな?「予算がないので・・・」とでも言い訳するかな?「3年間200億円云々・・・」の新聞はなんと答えるかな?「それはそれ、これはこれ・・・」とでも言い訳するかな?
まず、日本はOECDが公表したように、教育に予算を使っていない。逆に1家庭の教育支出は世界トップレベル、OECDの発表では2位だったかな?高額な塾に頼りきった姿が透けて見えてくる。なんとお粗末なことか!
成績公表で言えば、昔は生徒個人の成績を1番から、ずらりと学校の廊下に張り出されたものだ。それはそれで結構楽しかった。「勉強では負けたが、走るのは負けないからな!」と子どもながらの気概があった。そういうやつが餓鬼大将だったり、番長だったりして子どもの世界にもそれなりの秩序ができていた。
今そんなことを言うと「古臭い!」「時代が違う!」と一蹴される。ごもっともごもっとも、だが考えてみて欲しい。公表を隠して得をするのは誰?生徒それとも保護者、文科省それとも教育委員会、予算配分の地方議員それとも校長や先生。誰、誰なの?
「競争や序列化云々・・・」の文科省の綺麗ごとにはつき合いきれない。世の中は競争と序列化で蔓延していませんか?嘘はいけません!隠しごとはいけません!綺麗ごともいけません!子どもたちは賢く大人たちをすっかり見抜いていますよ。
どこかに誰か、公表されては困ると考えている人はいませんか?
「隠しておかなければならない、不都合な責任!」がそれぞれにあるのではないですか?
教育には仕事柄一家言ありますが、今日はこのあたりまでとしましょう。by塾長

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事