ここから本文です
「高円寺駅」(東京都杉並区)のまわりの放射線量をはかりました。

We measured the radiation dose around of the koenji Station.


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

▼場所はココです。

イメージ 13

◇測 定 日 [Measurement date]

 2018(H30)年04月02日(月曜日)

◇測定単位[Unit of measurement]

 マイクロシーベルト毎時(μSv/h

◇測定機器[Measuring equipment]

 ホットスポットファインダー(Hot Spot Finder)

◇測定高さ[Measurement height]

 10cm

◇天  候[The weather]

 はれ(Fine weather)

◇地  面[Ground condition]

 乾燥(Dry)


▼線量マップ

イメージ 14

※マップを拡大できます。

PC→マップ右下の拡大ボタンをクリック。

・スマホなど→マップをタップしてピンチアウト(二本指で広げる)。

You can expand the map.

PC Click the expansion button at the bottom of the map right.

Tablets such as Tap the map to pinch out (to widen in two fingers).



◇空間放射線量の値について(ご参考)

 

【原発事故前】0.040.06マイクロシーベルト毎時」
東京電力の原発事故が起きる前の福島県内の空間放射線量は、
「1時間あたり0.040.06マイクロシーベルト(μSv/h)」でした。

 

【国の基準】「年1ミリシーベルト」
国は法令で、1年間の追加被曝線量を1ミリシーベルト(mSv/y)までと定めています。(自然放射線や医療目的での被曝を除きます。)
※この値は、安全を保証するものではありません。

 

【原発事故後】0.23マイクロシーベルト毎時」
国は、東京電力の原発事故後に、
「1年間の追加被曝線量1ミリシーベルト(mSv/y)」を、
「1時間あたり0.23マイクロシーベルト(μSv/h)」としました。
※1日のうち屋内に16時間滞在する生活パターンを想定したものに、自然放射線量を加えた値です。

0.23μSv/h0.19μSv/h (※下段参照)+大地からの放射線量0.04μSv/h

0.19μSv/h≒年1Sv/y (1000μSv/y)/365日x(屋内16時間x遮蔽効果0.4+屋外8時間)

※国は、東京電力の原発事故の影響に対処する目的での測定の高さは、地表から1m(子どものいる場所は50cm)としています。
ただし、放射性物質の多くが地面に固着しているので、地表から離して測定すると値は低くなります。

被曝を避ける目的で測定している私たちは、放射性物質の多くある場所(ホットスポット)を確認するため、なるべく地表に近い高さで測定しています。

201803月、原子力規制委員会では、この0.23μSv/hの値の見直し(緩和)の議論を始めました。理由は、住民が携行する線量計の値が前述の想定の値を下回っているという研究が出てきていることと、この0.23μSv/hの値が「復興を妨げる要因になっている」などの意見が出ていることです。


行健除染Net.

◇「Twitter

 https://twitter.com/koken_josen_net

◇「Instagram

 https://www.instagram.com/koken_josen_net/

◇「お問合せフォーム」Inquiry form to us

 ※測定場所のリクエストもココからどうぞ。(お金はかかりません。)

 https://goo.gl/4t9LLm

◇「線量マップの検索」

 ※マップを探したいときは「ブログ内記事検索」欄に、学校や公園・場所などの名称を入れて検索。(例えば行健小学校なら「行健」の二文字を入力してクリック。)

PCなどの場合

イメージ 15
▼スマホの場合
イメージ 16
〜下へスクロール〜
イメージ 17

(福島県郡山市 除染 放射線量測定 ボランティア)





HSFを使った活動は、『3a!郡山』様のご協力によりはじめました。『3a!郡山』様に心より御礼申し上げます。(『3a!郡山』様は、2017年度に解散しました。)

この記事に

開くトラックバック(0)

「行幸通り」(東京都千代田区)の放射線量をはかりました。

We measured the radiation dose of Gyoko Dori.


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

▼場所はココです。

イメージ 8

◇測 定 日 [Measurement date]

 2018(H30)年01月27日(土曜日)

◇測定単位[Unit of measurement]

 マイクロシーベルト毎時(μSv/h

◇測定機器[Measuring equipment]

 ホットスポットファインダー(Hot Spot Finder)

◇測定高さ[Measurement height]

 10cm

◇天  候[The weather]

 はれ(Fine weather)

◇地  面[Ground condition]

 乾燥(Dry)


▼線量マップ

イメージ 9

※マップを拡大できます。

PC→マップ右下の拡大ボタンをクリック。

・スマホなど→マップをタップしてピンチアウト(二本指で広げる)。

You can expand the map.

PC Click the expansion button at the bottom of the map right.

Tablets such as Tap the map to pinch out (to widen in two fingers).



◇空間放射線量の値について(ご参考)

 

【原発事故前】0.040.06マイクロシーベルト毎時」
東京電力の原発事故が起きる前の福島県内の空間放射線量は、
「1時間あたり0.040.06マイクロシーベルト(μSv/h)」でした。

 

【国の基準】「年1ミリシーベルト」
国は法令で、1年間の追加被曝線量を1ミリシーベルト(mSv/y)までと定めています。(自然放射線や医療目的での被曝を除きます。)
※この値は、安全を保証するものではありません。

 

【原発事故後】0.23マイクロシーベルト毎時」
国は、東京電力の原発事故後に、
「1年間の追加被曝線量1ミリシーベルト(mSv/y)」を、
「1時間あたり0.23マイクロシーベルト(μSv/h)」としました。
※1日のうち屋内に16時間滞在する生活パターンを想定したものに、自然放射線量を加えた値です。

0.23μSv/h0.19μSv/h (※下段参照)+大地からの放射線量0.04μSv/h

0.19μSv/h≒年1Sv/y (1000μSv/y)/365日x(屋内16時間x遮蔽効果0.4+屋外8時間)

※国は、東京電力の原発事故の影響に対処する目的での測定の高さは、地表から1m(子どものいる場所は50cm)としています。
ただし、放射性物質の多くが地面に固着しているので、地表から離して測定すると値は低くなります。

被曝を避ける目的で測定している私たちは、放射性物質の多くある場所(ホットスポット)を確認するため、なるべく地表に近い高さで測定しています。

201803月、原子力規制委員会では、この0.23μSv/hの値の見直し(緩和)の議論を始めました。理由は、住民が携行する線量計の値が前述の想定の値を下回っているという研究が出てきていることと、この0.23μSv/hの値が「復興を妨げる要因になっている」などの意見が出ていることです。

 

【避難指示解除基準】「年20ミリシーベルト」

 (1時間あたり3.8マイクロシーベルト)

国は、東京電力の原発事故による避難指示区域の解除基準を年20ミリシーベルト(mSv/y)以下としました。
(1)年20ミリシーベルト(mSv/y)の根拠
20ミリシーベルト(mSv/y)という値は、国際放射線防護委員会(ICRP)が、原発事故からの復旧期には年1〜20ミリシーベルト(mSv/y)を許容範囲としていることを根拠にしています。
(2)年1ミリシーベルト(mSv/y)との整合性
国際放射線防護委員会(ICRP)は、平常時の追加被曝線量については「年1ミリシーベルト(mSv/y)が限度」としています。
これを国は、年1ミリシーベルト(mSv/y)を長期目標として、追加除染などで対応する方針としています。
(3)1時間あたり3.8マイクロシーベルト(μSv/h
国は、「年20ミリシーベルト(mSv/y)」を「1時間あたり3.8マイクロシーベルト(μSv/h)」としています。
※1日のうち屋内に16時間滞在する生活パターンを想定した値です。
3.8μSv/h≒年20Sv/y (20000μSv/y)/365日x(屋内16時間x遮蔽効果0.4+屋外8時間)


行健除染Net.

◇「Twitter

 https://twitter.com/koken_josen_net

◇「Instagram

 https://www.instagram.com/koken_josen_net/

◇「お問合せフォーム」Inquiry form to us

 ※測定場所のリクエストもココからどうぞ。(お金はかかりません。)

 https://goo.gl/4t9LLm

◇「線量マップの検索」

 ※マップを探したいときは「ブログ内記事検索」欄に、学校や公園・場所などの名称を入れて検索。(例えば行健小学校なら「行健」の二文字を入力してクリック。)

PCなどの場合

イメージ 10
▼スマホの場合
イメージ 11
〜下へスクロール〜
イメージ 12

(福島県郡山市 除染 放射線量測定 ボランティア)





HSFを使った活動は、『3a!郡山』様のご協力によりはじめました。『3a!郡山』様に心より御礼申し上げます。(『3a!郡山』様は、2017年度に解散しました。)

この記事に

開くトラックバック(0)

06/16()06/22()に、

行健(こうけん)除染ネットワークが

ブログにアップした放射線量マップのリストです。


0616()

 「白河市総合運動公園(福島県白河市)」放射線量マップ

  https://blogs.yahoo.co.jp/koken_s_ray/15942579.html

イメージ 1

0617()

 「桃見台公園(郡山市桃見台)」周辺 放射線量マップ

  https://blogs.yahoo.co.jp/koken_s_ray/15943065.html

イメージ 2

0618 ()

 「岡ノ城保育園(郡山市富久山町)」周辺 放射線量マップ

  https://blogs.yahoo.co.jp/koken_s_ray/15954581.html

イメージ 3

0619 ()

 「[その1]磐越道【いわきJCT-郡山東IC】いわき市」放射線量マップ

  https://blogs.yahoo.co.jp/koken_s_ray/15956815.html

イメージ 4

0620 ()

 「[その2]磐越道【いわきJCT-郡山東IC】小野町〜郡山市」放射線量マップ

  https://blogs.yahoo.co.jp/koken_s_ray/15957116.html

イメージ 5

0621 ()

 「磐越道 阿武隈高原SA(福島県田村市)」放射線量マップ

  https://blogs.yahoo.co.jp/koken_s_ray/15960408.html

イメージ 6

0622 ()

 「[その3]磐越道【いわきJCT-郡山東IC】全体」放射線量マップ

  https://blogs.yahoo.co.jp/koken_s_ray/15962170.html

イメージ 7


◇空間放射線量の値について(ご参考)

 

【原発事故前】0.040.06マイクロシーベルト毎時」
東京電力の原発事故が起きる前の福島県内の空間放射線量は、
「1時間あたり0.040.06マイクロシーベルト(μSv/h)」でした。

 

【国の基準】「年1ミリシーベルト」
国は法令で、1年間の追加被曝線量を1ミリシーベルト(mSv/y)までと定めています。(自然放射線や医療目的での被曝を除きます。)
※この値は、安全を保証するものではありません。

 

【原発事故後】0.23マイクロシーベルト毎時」
国は、東京電力の原発事故後に、
「1年間の追加被曝線量1ミリシーベルト(mSv/y)」を、
「1時間あたり0.23マイクロシーベルト(μSv/h)」としました。
※1日のうち屋内に16時間滞在する生活パターンを想定したものに、自然放射線量を加えた値です。

0.23μSv/h0.19μSv/h (※下段参照)+大地からの放射線量0.04μSv/h

0.19μSv/h≒年1Sv/y (1000μSv/y)/365日x(屋内16時間x遮蔽効果0.4+屋外8時間)

※国は、東京電力の原発事故の影響に対処する目的での測定の高さは、地表から1m(子どものいる場所は50cm)としています。
ただし、放射性物質の多くが地面に固着しているので、地表から離して測定すると値は低くなります。

被曝を避ける目的で測定している私たちは、放射性物質の多くある場所(ホットスポット)を確認するため、なるべく地表に近い高さで測定しています。

201803月、原子力規制委員会では、この0.23μSv/hの値の見直し(緩和)の議論を始めました。理由は、住民が携行する線量計の値が、この想定の値を下回っているという研究が出てきていることと、この0.23μSv/hの値が「復興を妨げる要因になっている」などの意見が出ていることです。

 

【避難指示解除基準】「年20ミリシーベルト」

 (1時間あたり3.8マイクロシーベルト)

国は、東京電力の原発事故による避難指示区域の解除基準を年20ミリシーベルト(mSv/y)以下としました。
(1)年20ミリシーベルト(mSv/y)の根拠
20ミリシーベルト(mSv/y)という値は、国際放射線防護委員会(ICRP)が、原発事故からの復旧期には年1〜20ミリシーベルト(mSv/y)を許容範囲としていることを根拠にしています。
(2)年1ミリシーベルト(mSv/y)との整合性
国際放射線防護委員会(ICRP)は、平常時の追加被曝線量については「年1ミリシーベルト(mSv/y)が限度」としています。
これを国は、年1ミリシーベルト(mSv/y)を長期目標として、追加除染などで対応する方針としています。
(3)1時間あたり3.8マイクロシーベルト(μSv/h
国は、「年20ミリシーベルト(mSv/y)」を「1時間あたり3.8マイクロシーベルト(μSv/h)」としています。
※1日のうち屋内に16時間滞在する生活パターンを想定した値です。
3.8μSv/h≒年20Sv/y (20000μSv/y)/365日x(屋内16時間x遮蔽効果0.4+屋外8時間)


行健除染Net.

◇「Twitter

 https://twitter.com/koken_josen_net

◇「Instagram

 https://www.instagram.com/koken_josen_net/

◇「お問合せフォーム」Inquiry form to us

 ※測定場所のリクエストもココからどうぞ。(お金はかかりません。)

 https://goo.gl/4t9LLm

◇「線量マップの検索」

 ※「ブログ内記事検索」に、学校や公園・場所などの名称を入れて検索。(例えば行健小学校なら、「行健」の二文字を入力してクリック。)

PCなどの場合

イメージ 8
▼スマホの場合
イメージ 9
〜下へスクロール〜
イメージ 10

(福島県郡山市 除染 放射線量測定 ボランティア)

この記事に

開くトラックバック(0)

「伊賀河原3号公園(なかよし元気公園)」(郡山市富久山町久保田)の放射線量をはかりました。(過去のデータも掲載。)

We measured the radiation dose of the Igakawara Sango Park.


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

▼場所はココです。

イメージ 5

◇測 定 日 [Measurement date]

 2018(H30)年06月06日(水曜日)

◇測定単位[Unit of measurement]

 マイクロシーベルト毎時(μSv/h

◇測定機器[Measuring equipment]

 ホットスポットファインダー(Hot Spot Finder)

◇測定高さ[Measurement height]

 10cm

◇天  候[The weather]

 くもり(Cloudy weather)

◇地  面[Ground condition]

 乾燥(Dry)


▼今回の線量マップ【測定:201806月】
イメージ 6

▼過去の線量マップ【測定:201612月】
イメージ 7

※マップを拡大できます。

PC→マップ右下の拡大ボタンをクリック。

・スマホなど→マップをタップしてピンチアウト(二本指で広げる)。

You can expand the map.

PC Click the expansion button at the bottom of the map right.

Tablets such as Tap the map to pinch out (to widen in two fingers).



◇空間放射線量の値について(ご参考)

 

【原発事故前】0.040.06マイクロシーベルト毎時」
東京電力の原発事故が起きる前の福島県内の空間放射線量は、
「1時間あたり0.040.06マイクロシーベルト(μSv/h)」でした。

 

【国の基準】「年1ミリシーベルト」
国は法令で、1年間の追加被曝線量を1ミリシーベルト(mSv/y)までと定めています。(自然放射線や医療目的での被曝を除きます。)
※この値は、安全を保証するものではありません。

 

【原発事故後】0.23マイクロシーベルト毎時」
国は、東京電力の原発事故後に、
「1年間の追加被曝線量1ミリシーベルト(mSv/y)」を、
「1時間あたり0.23マイクロシーベルト(μSv/h)」としました。
※1日のうち屋内に16時間滞在する生活パターンを想定したものに、自然放射線量を加えた値です。

0.23μSv/h0.19μSv/h (※下段参照)+大地からの放射線量0.04μSv/h

0.19μSv/h≒年1Sv/y (1000μSv/y)/365日x(屋内16時間x遮蔽効果0.4+屋外8時間)

※国は、東京電力の原発事故の影響に対処する目的での測定の高さは、地表から1m(子どものいる場所は50cm)としています。
ただし、放射性物質の多くが地面に固着しているので、地表から離して測定すると値は低くなります。

被曝を避ける目的で測定している私たちは、放射性物質の多くある場所(ホットスポット)を確認するため、なるべく地表に近い高さで測定しています。

201803月、原子力規制委員会では、この0.23μSv/hの値の見直し(緩和)の議論を始めました。理由は、住民が携行する線量計の値が前述の想定の値を下回っているという研究が出てきていることと、この0.23μSv/hの値が「復興を妨げる要因になっている」などの意見が出ていることです。



行健除染Net.

◇「Twitter

 https://twitter.com/koken_josen_net

◇「Instagram

 https://www.instagram.com/koken_josen_net/

◇「お問合せフォーム」Inquiry form to us

 ※測定場所のリクエストもココからどうぞ。(お金はかかりません。)

 https://goo.gl/4t9LLm

◇「線量マップの検索」

 ※マップを探したいときは「ブログ内記事検索」欄に、学校や公園・場所などの名称を入れて検索。(例えば行健小学校なら「行健」の二文字を入力してクリック。)

PCなどの場合

イメージ 8

▼スマホの場合

イメージ 9
〜下へスクロール〜
イメージ 10

(福島県郡山市 除染 放射線量測定 ボランティア)





HSFを使った活動は、『3a!郡山』様のご協力によりはじめました。『3a!郡山』様に心より御礼申し上げます。(『3a!郡山』様は、2017年度に解散しました。)

この記事に

開くトラックバック(0)

「磐越道【いわきJCT-郡山東IC】」(福島県)の放射線量をはかりました。
We measured radiation dose of Ban-etsu Expressway from Iwaki JCT to Koriyamahigashi IC.

今回は[その3]です。
 [その1]磐越道(いわき市)
 [その2]磐越道(小野町・田村町・三春町・郡山市)
◎[その3]磐越道(全体:いわきJCT-郡山東IC
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

▼場所はココです。
イメージ 5

◇測 定 日 [Measurement date]
 2018(H30)年05月06日(日曜日)
◇測定単位[Unit of measurement]
 マイクロシーベルト毎時(μSv/h
◇測定機器[Measuring equipment]
 ホットスポットファインダー(Hot Spot Finder)
◇測定高さ[Measurement height]
 50cm【自動車内】
◇天  候[The weather]
 はれ(Fine weather)
◇地  面[Ground condition]
 乾燥(Dry)

▼線量マップ【全体】
イメージ 6

※マップを拡大できます。
PC→マップ右下の拡大ボタンをクリック。
・スマホなど→マップをタップしてピンチアウト(二本指で広げる)。
You can expand the map.
PC Click the expansion button at the bottom of the map right.
Tablets such as Tap the map to pinch out (to widen in two fingers).

[参考記事]
 ▼磐越道(郡山東-磐梯熱海)放射線量マップ [測定201706]
 ▼東北道(郡山-福島飯坂)放射線量マップ [測定201712]
 ▼常磐道(常磐富岡〜いわき勿来)放射線量マップ [測定201705]
 ▼常磐道(常磐富岡〜相馬IC)放射線量マップ [測定201803]

【参考 自動車内・外での測定値の違い】
※自動車内での測定は、クルマのボディに放射線が遮られて、屋外より低い値になるので、このような比較の参考値を掲載しています。
◇阿武隈高原サービスエリア駐車場(福島県田村市船引町地内)
[自動車内(In a car)
 0.065μSv/h(マイクロシーベルト毎時)※5回測定平均値
イメージ 7
[自動車外(Outside the car)
 0.100μSv/h(マイクロシーベルト毎時)※5回測定平均値
イメージ 8
※測定:201805

行健除染Net.
◇「Twitter
◇「Instagram
◇「お問合せフォーム」Inquiry form to us
 ※測定場所のリクエストもココからどうぞ。(お金はかかりません。)
◇「線量マップの検索」
 ※マップを探したいときは「ブログ内記事検索」欄に、学校や公園・場所などの名称を入れて検索。(例えば行健小学校なら「行健」の二文字を入力してクリック。)
PCなどの場合
イメージ 9
▼スマホの場合
イメージ 10
〜下へスクロール〜
イメージ 11

(福島県郡山市 除染 放射線量測定 ボランティア)




HSFを使った活動は、『3a!郡山』様のご協力によりはじめました。『3a!郡山』様に心より御礼申し上げます。(『3a!郡山』様は、2017年度に解散しました。)

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事