八百万の神々を拝み奉る

日本国民としての誇りと愛国心を育む

雛祭りでしたね・・・

三月三日といえば雛祭りでしたね。 私の家では、妹の雛人形を飾りました さて、雛祭りと言えばどういったイメージがあるでしょうか。 とは言っても、「雛人形」という位しか思いつかないかもしれませんね・・・     現在では、雛祭りというのは三月三日の上巳の節句に、女の子のいる家庭で、雛人形やその調度類を飾り、白酒・菱餅・あられ・桃の花などを供えて祭る行事です。「雛節句」や「桃の節句」とも言って、女子の健やかな成長を願う祭りとされ一般に混同されがちですが、流し雛と桃の節句に飾る雛人形は、本来別のものでした。            雛祭り自体、古くは禊ぎをして穢れを祓う行事で、かつてはこの日に、紙や土で小さな人形をつくり、川や海に流しました。この時に流す人形が、人の体を撫で穢れを移す撫物なのですが、すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事