去年してみて 意外と大丈夫? と自信をつけ
今年も 5泊6日の一人ロングドライブを決行

1日目 新名神 伊勢湾道路 新東名などを通って 500km弱
着いたのは湘南の 学生時代の一夏をアルバイトしたホテル
イメージ 1

左手前の建物と木造の旧館だけだった その昔
今と同じく 違うタイプのプールが8〜9個あり
当時は 写真右手下方にある海でも泳げたため
海もプールも大好きだった私は
バイトの時間外は泳ぎっぱなしなのが ただただ嬉しかった

飛込み台では 毎週末 ナベプロの歌手が歌ってたな〜
まだ駆け出しの森進一とか 中尾ミエとか 木の実ナナとか
バックバンドはいつもスマイリー小原
テレビ番組の収録もあったっけ?

そんな華やかさに浮かれ 一夏の稼ぎを 全て使い込み
帰ってから親に呆れられた
なんとも浅はかな青春時代
でも おかげで40年 わりと仲良く添い遂げた夫に出会えたんだ

素泊まり1泊10,260円も払ったのに
隣の部屋の 夜中に何度も水を使う大きな音に邪魔され
初っぱなから ひどい寝不足

夕食はSAで買った 755円の生姜焼き弁当
朝食は ガストの 430円のモーニング
食の細った私には
ホテルの豪華な食事よりよほどいい

2日目は
悪天候の予報が外れ まずまずのお天気
快適な東富士五湖道路を北上
イメージ 2

河口湖では東側より端正な姿の富士が
イメージ 3



子供時代のラジオドラマを連想する笛吹市から中央道に入り
'12年まで 娘や孫たちと3夏連続で訪れていた野辺山へ

今回は 千葉からやはり一人ドライブでやってきた
1年前 私と同じ寡婦になった 娘の夫のお母さんと合流
実は 昨秋 同じ二人で白馬をトレッキングして
楽しかったので 今回も一緒

JR最高地点そばにあるホテルの部屋から
朝日に映える八ヶ岳
イメージ 4

早朝に目覚め 双眼鏡を手に散歩すると
すぐ近くの木の天辺から カッコー カッコー
持っていたのがコンデジだけだったので こんなのしか撮れなかった
イメージ 5

探鳥のガイドを予約していたけど
ガイド氏は 私が聴こえるキビタキの囀りが聴こえないお年寄り
3年前の倍に値上がりしたガイド料の3千円 返せー!

仕方ないんで 野草だけ・・
イメージ 6
イメージ 7

イメージ 9 イメージ 10 イメージ 8
イカリソウ フデリンドウ ショウジョウバカマ ニリンソウ キンポウゲの仲間
かな?
標高が高いので 六甲山辺りより季節が2ヶ月以上ゆっくりしているような

社長業が待つ連れが東に去った後
暇人ひとりで ホテル裏手の獅子岩(平沢峠)へ
八ヶ岳にもう少し積雪が欲しいところだなぁ
イメージ 11
元気だったら この反対側が登山口の飯盛山に登ってみたかった

     こんな 石碑がイメージ 12












多分 ナウマン博士は
この景色を見て
フォッサマグナを考えたのだろう
イメージ 13
ゴルフ場の芝生の向こう細く見える八ヶ岳の裾野の向こうに薄っすらそびえているのが
北岳や仙丈ヶ岳や甲斐駒ケ岳を有する 南アルプス
この地形がそんなに奇妙だなんて
地質学者でもない普通の日本人には思いつかないだろうなぁ

それにしても
昨年の長野北部であった震度6の地震を受けて
「フォッサマグナが形成されたころの断層が再び活動したといえる。周辺にある活断層が、場合によっては活動する可能性は否定できない」
という専門家もいて
ちょっと怖い




この後 八ヶ岳周遊道路で 懐かしい諏訪に移動し
2年前 世話になった友人二人と 霧ヶ峰へ
イメージ 14
広々とした草原の向こうに
残雪の 御嶽山 乗鞍岳 北、中央、南アルプス を眺めながら
お喋り三昧
手作りのお弁当をいただき  あとは山小屋で美味しいコーヒー
もう病みつき!
体のもつ限り続けたいな〜


忙しく歌ったり 飛び回っていたのが↑の写真の左上にもいるこの小鳥
イメージ 15

声を聞いても
姿を見ても
私には
何かわかりませ〜ん



6月6日
ゆっくり調べてみたら
ビンズイみたい





こんな歌が載ったサイトがあった

 〝 びんずいが栂の枯木にゐて歌う 
      ビンビンツイツイの歌は
            いつまでつづく〟 中西悟堂(日本野鳥の会創設者)

野鳥の会といえば
会長の柳生博さんの息子さんがやってられる「八ヶ岳倶楽部」に
'10年についで 今回も行ってみた
趣味の園芸でキャスターも務められた園芸家でもあるその柳生氏慎吾さんが
訪れた日の3週間前ほどに47歳で亡くなられ
倶楽部内の小さなキャビンには
穏やかに微笑む遺影が 溢れるような花と花の香りに囲まれていた

二人とも黙っているけど
大切な人をなくしたお父さんの心を想っているのは
お互い 解る



そこのレストランのテラスでも
清里の温泉の露天風呂でも
まだ生かされている者同士 たっぷりお喋りしまくった


本当に 楽しい楽しい6日間だったけれど
眠れないのは最後の日まで続き
かなりバテテしまった

次回からは 睡眠剤でも用意しましょかね
全行程約1400kmの(ちなみに戸隠まで行った去年は1500km)
年よりの冷や水ロングドライブはいつまで続けられるのかしら






この記事に

開く コメント(4)

キジバトが庭で

硬い食パンのミミが苦手なので
細かく切って 庭に撒くと
どこかで様子を見ていたらしい スズメやキジバトがすぐにやって来ます
そのうちの一番大きいキジバトが
グーグーいいながら 小さい方を追いかけているかと思えば
また パンを食べたり
もっと真面目にやれ〜 と言ってしまった


キジバトの求愛?

やっぱり 追いかけている大きい方がオスなのでしょうか?



この記事に

開く コメント(2)

嵯峨野ひとり

突然 学生時代の楽しかった春の一日を思い出し
リュックを背負い スニーカーを履いて 京都へ一人旅

景観保全地区とかで
半世紀余りの時を経て 今も同じ(?)レンゲ畑
イメージ 1

でもこの日のレンゲ絨毯には あの頃に感じた凄み」がないような?
ここは嵯峨野

D大での洋弓の春季リーグ戦の帰り
嵯峨野在住の後輩の案内で 部員皆でぞろぞろ歩いたり
広沢池でボートに乗ったり
イメージ 2

あの時は 参詣者もまばらな竜安寺で石庭を観て
仁和寺の広い境内を通り抜けたあと 広沢池まで歩き
嵐山を経て 苔寺こと西芳寺に寄ったけれど

今は ぎっしりの観光客が想像出来る竜安寺は最初からパス
仁和寺も500円の参観料を払わなきゃならなくなっていたので
イメージ 6

門から中を覗いただけで これもパス





一番訪れたかった西芳寺は
今は苔の庭の一般公開はされてなくて
予約をした人しか参拝できなくなっていて 残念  予約をして 3000円の参拝料(祈祷料?)を払い 祈祷を受けるか 写経をするらしい

石庭は正直つまらなかったけど
苔庭の美しさは 今でも瞼に焼き付いている


阪急から嵐電に乗り継ぎ
途中 帷子ノ辻といういかにも京都らしい名前の駅で乗換え
妙心寺駅で降り
仁和寺から トコトコと 歩道のない「きぬかけの道」を歩く
半世紀前は 道の真ん中をガヤガヤと のんびり歩けたのに
今は次々通過する車を避け ヒヤヒヤしながら端っこを通る

広沢池と 隣接するレンゲ畑だけは ほとんど変わってなかったかな?
ただ あの日も 今日と同じように春光あふれる日だったけど
昔はこんなに暑くなかったなぁ

変わらないといえば
お腹が空いたのでどこかでお昼をと探しても
広沢池周辺は あまりお店もない
あったのは いかにも古そうな
お世辞にも綺麗とは言い難い うどんとそばの店

仕方ないので天ぷらうどんを注文
ん?これって たぬきうどん?
だって 小さな小さなエビ天ひとつの周りには 一面の天かす
ま、味はまあまあだったし
店主のおばさんと話が弾んで
毎日 貰い物の筍攻めでうんざりしているとかで
小さめの筍をまるごと若竹煮にしたのを ご馳走になったから
良しとしよう

連れがいない一人旅は
出会った人との触れ合いが濃くなるような気がする
どうやら 一人旅が 病みつきになったかな



この後 阪急嵐山駅に向かう
平日だというのに嵐山付近は 人  人  人   早足で通り抜ける
             イメージ 3
どこへ行っても 外国人観光客が目立つ

風情のある竹林の道も人だらけなので すぐに引き返す
イメージ 4
傍を追い越した人力車の車夫の言葉が気になった
客の外国人へのガイドサービスなのか
走りながら 大声で英語で説明していたが
『Here is very very very beautiful spot. "Bamboo Road"』
などと聞こえてくる
「beautiful」かどうかは 見りゃあ分かるでしょ!
  もうちょっと気の利いた説明を勉強したら?
などと 心の中で悪態をついてしまった



嬉しかったのは
嵯峨野在住の後輩が 時々差し入れてくれた
               嵐山の「白い桜餅」イメージ 5

  これだけは 正真正銘 あの頃と同じ味

  本当においしい!

  これを買うために もう一度京都に行こうかと 本気で思案している






この記事に

開く コメント(6)

1年に一度更新していれば
ブログをしている と言えるかしら?

まずは 久しぶりの近くの池  久しぶりのオシドリ
イメージ 1

のんびり前を行く ホシハジロに追いつきそう
イメージ 2

イメージ 3















追いついちゃった

イメージ 4

やっぱり 一緒じゃないほうがいいや
イメージ 5
ホシハジロを見たのは初めてのような・・?
テレコンレンズをつけて オートフォーカスで撮ってみたけど
ホシハジロは 羽の白い色のせいか ピントが合わないなぁ




今日は20年目
神戸では あの震災を知らない住民が45%とか
街は綺麗になっても 家も仕事もなくした被災者の復旧は全然とか
あの震災がきっかけでできた公的機関からの金銭の支援は
当時は ゼロだったんだもの

被災直後は 「がんばって」「がんばろう」と
まだ 前向きな声をかけられたし
かけられた方も その気になれたけれど
今は どうすればいいのだろ?

ただ 哀しい


テレビをつければ
日本 自画自賛番組が目白押し
そりゃぁ 20年前も 4年前も
地震の時の人々の冷静さや 互いの思いやり
一般市民による略奪が皆無だったことも
誇りに思っていいとは思うけど
いい気になってていいのぉ?
「おもてなし」って何?
具体的な案ってある?

善悪に関係なく慣例が重んじられ
本気でシステムを改善しようとしない
そんな日本だってこと みんな解ってるぅ?


記事を更新すれば
必ず こういうボヤキになるなぁ
また 引っ込んでた方がいいかしら



そう言えば 今日
1年前の記事にコメントが入ったのはいいけれど
おだてること おだてること
このブログを見て
おかげで、すごく前向きになれたし、また頑張ろうと思えた』
はぁ? 私の文章のどこで前向きになれるってのぉ?
悩みを聞いて欲しいと 自分のメールアドレスまで書き込んである
怪しいなぁ
何が目的なんだろ?






この記事に

開く コメント(6)

こう何度も何度も経験すると
元旦に 新たな気持ちになるのも
一年の計は元旦にあり などと 生真面目に迎えるのも
全く 出来なくなってしまったけれど

お雑煮と 少しばかりのおせち料理を口にしたり
一人になってめっきり減った年賀状で
あの人この人を思い浮かべたり
ちょっぴりは 平常とは違う一日を過ごす

見られないかもしれないと言われていた初日の出も なんとか
イメージ 2
7時25分頃 我家の庭から望む初日


そしてスイート好きの家人が必ず買って来るのがこれ
イメージ 1
お正月なので 輪島塗のお皿で(笑)

元旦のケーキ屋は 客でいっぱい
最近はどこでも お正月にケーキを食べる家庭が多いのだと思っていたら
どうやら神戸だけらしいと 最近聞いた ホントかな?
因に神戸では ひな祭りケーキも人気

もちろん クリスマスにも
イメージ 3
このケーキ屋さんのマジパンは賞を取っただけのことはあって
サンタやトナカイの顔が ホント可愛い


実を言えば ケーキはそれほど好きでもないけど
ここに住んでいると
頻繁に食べることになってしまう

そういえば
信州では 貰い物のを一度しか食べなかったなぁ



「絆」「家族」「ふるさと」「つながる」
皆が一斉に 同じことを言うのが嫌い
皆が一斉に 同じ方向を向いているのが気味悪い
反骨 と言えば 聞こえはいいけれど
言ってみれば 生来の天の邪鬼が酷くなって来てるし
生来のマイペースも酷くなっている
そんな人間だから
今年も
ポツリポツリと更新出来たら 「良し」としましょう






.

この記事に

開く コメント(9)

信州もこの秋でお終い

昨日は文句なしの秋晴れ
あと1週間で神戸に戻るので 最後の信州探索に

ススキと黄葉の向こうには
イメージ 1
くっきりと八ヶ岳
イメージ 2

北八ヶ岳ロープウェイから望む 雪が輝く北アルプス
イメージ 3

2337メートルのロープウェイ山頂駅から
八ヶ岳のなだらかな裾野の向こうに 富士山に次ぐ3193メートルの北岳
その隣には2967メートルの甲斐駒ケ岳 その横に3033メートルの仙丈ヶ岳
イメージ 4
イメージ 5

イメージ 7

そして遥か彼方に3067メートルの御嶽山
イメージ 6

雄大なアルプスの遠望のあとは 今が紅葉真っ盛りの蓼科湖
イメージ 8

そして 今まで節約のため我慢していた
久々の外食は  八ヶ岳産のそば♪イメージ 9










その前日のやはり秋晴れの日曜日には
親しくしてくれた近所の人と 8000人参加の諏訪湖マラソンの応援に
イメージ 10



雄大な山々とも 美しい景色とも 澄んだ空気とも 親切な人々とも
間もなくお別れ
ちょっぴり寂しいかな?




この記事に

開く コメント(7)

来月 帰神することになると
お正月前後にやって来ると言う
諏訪湖の人気者 オオワシのグルには 残念ながら逢えない

せめてグルのお話でも聞きたいと思い
近所の人のツテで
1999年に、弱って湖に落ちもがいていたグルを保護し
50日近く介護し 空に還された
諏訪野鳥の会の会長さんにお会いすることが出来た

紹介して下さった方が描かれた グルの大きな絵手紙
イメージ 1

グルが湖に落ちてもがいている写真
捕獲のため葭原に追い込まれた写真
何度も壁に打ち当たって傷ついた肩の写真
会長さん手作りの実物大の絵を切り抜いたもの
などを見せて頂いたり

7年前の土砂崩れでその家はなくなってしまったが
(諏訪湖の周辺も浅間山の火山灰が積もって出来た土地なので 大雨に弱いらしい)
会長さんのご実家の趣きのある大きな部屋で飼育され
壁の嵌め込み格子が傷つかないように段ボールで覆ったが
大きな爪には効果がなかったこと
足輪を着けるため そのライセンスを持った人を千葉から招いたこと
(会長さん自身は カモなどに足輪を着けるライセンスは持ってられる)
最初に「グルっ」と鳴いたので会長さんが「グル」と名付けたという話や
保護された時に 専門家の鑑定で4才とされたので もう18〜9才になるとか
今度のシーズンにグルが飛来すれば 15年連続で
人に保護された大型猛禽類では この長さは他に例がないとか

その他 会長さんの所には 常に傷ついた野鳥が持ち込まれ
惜しくも助からなかった野鳥たちを剥製にしたり
冷凍保存されているものを見せて頂き
調査のためのカスミ網を使うことも出来るなど
大変に面白い話で あっという間に時間が経ってしまった

ちなみに 少し前に二人目の中西悟堂賞を受賞されたこの林会長は
諏訪湖の狩猟禁止のために16年間運動をされ
その間 漁業関係者 農業関係者などの強い反対があったが
諏訪湖を囲む3市の選挙権のある住民にアンケートを実施
82%の狩猟禁止賛成票を集め
反対は2%だったのが決め手になったこと

また 最近の鹿害で 鉄砲で撃たれて放置された死体を食べた
シマフクロウなどの猛禽類が 弾の鉛害で命を落とす例が多く
つい最近も 三重県での講演でその話をしたと
淡々と でも熱く語っておられた


冬まで居ることが出来れば
いろんな写真から推察すると
グルは どうも我がアパートの近くの高圧線の鉄塔がお気に入りのようで
部屋の中から観察出来たかもしれないのに
残念

お土産に頂いた 林会長手描きのカードイメージ 2
グルは鼻の上が盛り上がっているので→
♀だとおっしゃっていた










この日の夕方のNHKのローカルニュースで
林会長がお仲間と共に 諏訪湖のカモ調査をされている様子が放映されていた
狩猟禁止になってから 毎年調査されているが
今年は夏の暑さの影響からか いつもよりカモの数が少ないらしい

それでも ヒドリガモ アメリカヒドリガモ オナガガモ ミコアイサ マガモ
カルガモ 等々 他に オオバン バン など
諏訪湖は賑やかになって来ている
イメージ 3




この記事に

開く コメント(2)

空気が澄む秋になると
諏訪湖の向こうに富士が姿を現す
西日が当たっていても 雪を冠ってないので シルエットのような富士
イメージ 1

イメージ 2

秋の陽はつるべ落とし
時系列で↓
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

空気がきれいになると白い月が見えるようになると 予報士がで言っていた
イメージ 7


傍らに『綺麗だねぇ』と言える相手が居ないのが
ちょっと辛くなって来た
一人が淋しい という訳でもないのだが・・

あまりにストレスのない生活 というのも
己のアイデンティティにとっては
良くないのかもしれないなぁ



「日」まで正確に数えれば 後3週間余りで夫の享年になる
その後は 夫の知らない時間を生きなければならない
ならば 二人で一番長い時を過した神戸で・・
根無し草にとって
それだけが 唯一の 細い根かもしれないから
イメージ 8

帰ったからといって
傍らに『綺麗だねぇ』と言える相手は居ないけど
ストレスをたっぷりくれる相手は居る
でも

 帰ろっと







この記事に

開く コメント(2)

カラスと胡桃

湖畔道路を歩いていて
いつもこの辺りに来ると 1羽のカラスに出会うことが多い
たいてい 嘴でクルミをくわえていて
何度も 上空から落している

カラスと胡桃

この時も 何度も何度も繰返していたが
車がひっきりなしにやって来るようになり
クルミを放置したまま どこかへ飛び去った

置き去りにされたクルミがこれイメージ 1
中身がこれだけ見えているのに
どうして 持って行って
食べなかったのかしら?

すぐ側では
トンボが知らんぷり
イメージ 2
何トンボだろ?  最近 名前を知ろうとする意欲がなくなってしまった

近くの湖面では バンの親子?がのんびり
イメージ 3






この記事に

開く コメント(2)

ジコボウが採れた♪

先月中頃のキノコ狩りでは収穫ゼロだったが
数日前 その時案内してくれた近所の人が「もう出てるってよ」と教えてくれ
雨上がりの今朝 早速 裏山へ      振り返れば 諏訪湖が見える
イメージ 1

マツヨイグサや                              鮮やかな色のイヌダデや
イメージ 2イメージ 5









花びらが少なすぎるけど ヒメジョオン?  など 草花を撮りながら山道を登ってると
イメージ 6畑にやって来たおじさんに
「せっかく綺麗に咲いたのに 誰も見てくれないから これを撮ってよ」と言われ
鹿除けの電気柵を外してもらって
畑の中に入って 撮ったのがこれ
イメージ 7 
                 

       エンジェルトランペット?



そのおじさんに「キノコを採りに来たけど、見つからない」というと
「ついておいで」と 草むらをかき分け 急斜面の山の中に
イメージ 8
おじさんの手助けもあって 唐松林で 次々と見つかり

イメージ 9
結局 こんなに沢山!

右の茶色がジコボウ と信州で
呼ばれている
ハナイグチというキノコ
左はシロジコ


先月連れて行ってくれたおじいさんが
腰痛で山に入れないと聞いたので
半分を持って行ったら
一人で行って こんなに採れたの! 地元の人でもこれほどは採れないよ!
と 仰天された

家の横の畑に案内され 「この野沢菜の小さくて柔らかいのと一緒に みそ汁にすると
イメージ 10美味しいよ」と言われたので
5〜6株 抜かせてもらった









早速 今日のお昼ご飯は
ジコボウのおろし和え                       と 野沢菜入お味噌汁
イメージ 11イメージ 3










ナメコに似たぬめりがあり 歯触りがサクッとしている
美味しかった〜♪

イメージ 4

このジコボウの断面は珍しい黄色
切ったときはもっと鮮やかだったが
あっという間に 色褪せる









この記事に

開く コメント(4)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事