変化する世の中

少子化がじわじわ世の中の仕組みを変えていき、孤独な老人死も大量予想されるけれど、、自分の最期をどこにするかという漠然とした問題を考えています。

夫婦二人、元気なうちは互いに助け合い、子供たちに迷惑をかけないように,身辺を整理し、どちらか一人になったら、子供の傍に老人ホームを探そうかなあ。

そして1年以内に、お迎えが来てくれたらいいなあ。

子供や孫は彼らなりの素晴らしい人生を送ると信じましょう。

世の中の仕組みも、きっといい方に改良され、おひとりさまでも充実した生き方ができる仕組みと補償を期待しています。
日本の人口が半分になったって、今のヨーロッパの国々と同じ規模なんだから、何とかなるでしょう。
生き残る人は生き残るんだからね。


開く コメント(0)

大型連休

10連休も今日までですね。
前半は息子も帰省して、夫と3人で外食、買い物。

後半は、夫と富山でちょこっとクルージング、チューリップ公園、アウトレット、お天気も良く、充実した一日を過ごした後は、いつもの庭の草むしりでゆったりとした連休です。

それでもお金はかかりますね。2度出金にATMに行きました。

昨日まで葉っぱが無かったアジサイやギボウシがあっと言う間に繁っていたり、
ボタンの花が三日で盛りを過ぎて劣化してきました。

そして、明日から社会は仕事モードに戻ります。

あっという間に平成から令和に代わり、あっという間に連休も終わります。
それも、幸せなことです。今のところ平和ですから。

開く コメント(0)

黒系の妖術か?

今朝のTVに木嶋死刑囚の3度目の結婚報道がありました。
見かけはダサくて醜く、しかも人殺しの死刑囚なのに、人を惑わす妖術使いの人たらしです。

どう考えたって、普通の人にはない魔術系の波動を出して、人を陥れようとしている悪魔にしか見えません。
妻子を捨てて、結婚したとするのは、週刊誌デスクの人の脳みそまで洗脳してしまったのです。

世の中には、常識では計り知れないことがたくさんあります。

きちんとした家に生まれ最高の教育を受けても、テロリストになって人殺しになる人もいれば、
穏やかにつつましく一生懸命頑張ってきた親子を一瞬にして奪ってしまう空間があります。

学問や常識では割り切れない事象を考えた時
背後に、悪霊や生霊の存在や運命というものを考えずにはいられません。

神社仏閣にお参りに行く、そんなささやかな行為にも頼ってしまいます。

開く コメント(0)

たるんでるせい?

朝5時、夫が出ていくドアの音は聞こえていた。
それでも、うとうとしていたら、猫の大きな声が、耳元をくすぐる。

布団を広げたのに猫は入ってこず、時計を見ると、6時ちょうど。
それで、起き上がった。

部屋を見渡しても、猫はおらず、探してもいない。
サンルームのサッシは閉められていた。

いつも通り、少し開けると、2匹が家に戻ってきた。
夫が出ていくときに、猫を出したのだろう。

だとしたら、寝床の大きな猫の声は誰?

確かに、我が家の猫の声とは違っていたのを少し不思議に思った。
昨夜、戸隠神社を調べていた。修験道場としての歴史もある大きな霊場だ。

猫の声で、過去に何度か起こされた記憶はある。
神秘十字線も両手にある。
神様に守られているとも思っている。
だとしたら、ボーっとしてんじゃねーよ!!
と言われているのかもしれないなあ。
朝、夫を見送れるように起きなかったことが、後ろめたい。


開く コメント(0)

昨日はへとへと

昨日はなぜか眠れず、時計を見ると2時を回っていました。

しばらくぼーっと暗闇を見つめていると、水の中にインクが混ざったような、
クラゲがたくさん浮遊してるような光景になり、

目に力を入れると、まるでハイビジョンのテレビを見ているように、金色の丸い銅板を彫刻したような映像が、光をはなって輝きだしました。

それは本当に、金光していて、はっきりとした光景でした。
私の意識もはっきりしていて、目を開けたり閉じたりしながら、映像が変わっていくのを楽しんでおりました。
いつの間にか眠ってしまい、6時半起床。

昨日は東京の娘の家にお泊りして、新幹線で静岡に向かいました。

平日なのに、外人客が多くて、座れません。
目的地は久能山東照宮、家康公のお墓参りです。

お天気は良いし、桜も咲いてるだろうと思ったら、まだまだ、山の上はつぼみが固く、お天気なのに、カスミがかかって、富士山は見えません。

ショックー。
本当は、浅間神社に行きたかったのに、静岡駅に戻ってきたのは3時を回ったところでした。
仕方ないので、又にしました。

新幹線は一足違いで乗り遅れ、接続の悪い便に2度乗り換えて帰り着きました。
もう、ぐったりです。

本当は静岡に泊まろうと思っていたのに、主人のメールで帰る羽目になりました。
朝起きたら、もう、いませんでしたけど。

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事