越後米沢街道・十三峠交流会 ブログ

・・・「越後米沢街道・十三峠交流会」や事務局(ここ掘れ和ん話ん探検隊)の活動報告など・・・
2018年6月23日(土)に「第二回越後米沢街道・十三峠トレッキング」が開催されました。
今回のコースは萱野峠、朴ノ木峠、高鼻峠、貝淵峠の4つの峠を歩きました。

イメージ 1
前回の大里峠の続き、玉川小中学校からの出発です。
玉川小中学校から萱野峠の登り口はすぐ近く。

イメージ 2
萱野峠の入口にある玉川大橋。
上杉藩の時代に、越後街道の「三大大橋」に数えられていたそうです。
玉川の清流を望むことができるビューポイントでもあります。

イメージ 3
萱野峠は凝灰岩の敷石道で、黒沢峠とは違った趣があります。

イメージ 4
ピンク色のショウキランが咲いていました。

イメージ 5
萱野峠を無事越えると、足野水集落からすぐに朴ノ木峠がはじまります。
足野水で少し休憩をとってから、案内にの先導で朴ノ木峠へスタートしました。

イメージ 6
朴ノ木峠の足野水側の古道は、美しいブナ林が続いて気持ちがいいです。

イメージ 7
朴ノ木峠頂上からの景色。
曇りがちの天気でしたが、飯豊連峰の山並みも見えました。

ここから健康の森横根まで降りて昼食休憩。

午後からは朴ノ木峠の下りですが、ここからはほとんど舗装道路。

また、高鼻峠の一部に土砂崩れの影響で危険な箇所があったため、今年は少しコースを変更。
神明山公園を経由して、途中から高鼻峠に合流することになりました。

イメージ 8
道中咲いていたヒメサユリ

イメージ 9
普段の十三峠トレッキングでは通らない、神明山公園の上杉神社にて。
実は山形県小国町にも上杉神社があったのです。

イメージ 10
神明山は小国町を一望することができる展望スポット。

イメージ 11
高鼻峠はほとんどが舗装道路のなだらかな道になってます。

高鼻峠を降りると杉沢の集落。
さらに川沿いの車道をまっすぐ進み、種沢の集落と黒沢の集落の境目あたりに次の貝淵峠があります。
種沢分校があった頃、黒沢に住む小学生はこの峠を歩いて学校に通っていたそうです。

貝淵峠は270mと十三峠の中で最も短い峠で、川を避けるようにして道が作られています。

イメージ 12
貝淵峠のピークから見下ろした横川の景色。

今回のトレッキングはここまでで、歩行距離約10.8㎞。
皆さん無事に歩ききりました。

次回の第三回は10月6日、黒沢峠からのスタートです。
秋の十三峠の景色を楽しみに、ご参加お待ちしております!


この記事に

開く コメント(0)

今年はイザベラ・バード来日140周年ということで、十三峠近辺でもバードにちなんだイベントが行われます。

イメージ 1
諏訪峠の展望台から見下ろす米沢盆地


イザベラ・バードの歩いた桃源郷(アルカディア)を巡る in 川西

イザベラバードが川西町小松を出発した同じ日に、
「日本奥地紀行」に記された小松の町と、彼女が絶賛した米沢盆地を、
観光ガイドとともに巡ります

■日 時■
平成30年7月14日(土) 
9:00〜12:00頃

途中バス移動を行いながら2時間程度歩きます。
(受付は8:45〜9:00まで)

■参加費■
無料

■集合場所■
川西町役場駐車場

■コース■
川西町役場駐車場を出発
  ↓
〇バードが宿泊した金子邸
  旧小松町の市街地(名家の錦屋、樽平酒造株式会社など)
  を巡りながら、バードのたどった道を歩きます。
  ↓
〇かわにし森のマルシェ (休憩)
  ↓
≪バスに乗車し移動≫
  ↓
 川西町洲島地区内を出発して、
 バードがアルカディアと絶賛した田園風景を眺めながら歩きます。
  ↓
〇旧船着き場 舫石(もやいいし)
  ↓
≪バスに乗車し移動≫
  ↓
川西町役場駐車場着 解散


■申し込み方法■
事前申し込みが必要です。
希望される方は、下記までお申し込みください。


<申し込み・問い合わせ先>
山形県川西町役場産業振興課 商工観光グループ
TEL 0238-42-6645




越後米沢街道・十三峠HP

この記事に

開く コメント(0)

イザベラ・バードに関する番組で5月27日、黒沢峠で取材がありました。
この内容の放映が6月8日(金)TUYで午後6時15分からの「Nスタやまがた」で行われます。
イメージ 1



この記事に

開く コメント(0)

【榎峠の様子】
大内淵側の国道113号線からの登り口に倒木があります。
5月26日の時点で通行は可能でしたが、まだ倒れた木が落ちてくる可能性がありますので、十分お気を付けください。

イメージ 1登り口の階段に倒木がかぶさってました。(5/26)

沼集落側からの登り口付近も、大雨の影響で道が崩れている所が数箇所あります。
ここは地滑りが多い場所ですので、雨の後などは特にお気を付けください。
イメージ 2
道の左側の土砂が流されています。(5/26)



【鷹巣峠の様子】
大内淵側の登り口付近で工事が行われています。
峠道には今の所ほとんど影響ありませんが、登り口の様子が少し変わっていますのでご注意ください。

イメージ 3

イメージ 4
鷹巣峠登り口(大内淵側)


この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

「歴史の道百選」、「日本風景街道」に登録され、イギリスの女性探検家イザベラ・バードの旅行記の舞台にもなった越後米沢街道・十三峠を全四回にわたりトレッキングするシリーズ。

第二回は、凝灰岩の自然石を用いた独特の敷石道が残る萱野峠、
ブナ林と古道が調和を見せ、頂上から飯豊連峰が眺望できる朴ノ木峠、
緩やかな舗装道路が続く高鼻峠、
川を避けるように通された短い貝淵峠、
4つの峠の踏破を目指します。


■日 時■
6月23日(土) 8:30〜17:00頃

■コース■
萱野峠→朴ノ木峠→高鼻峠→貝淵峠
(歩行距離:約10.8km)

■案内人■
岡村俊春 氏(十三峠案内人)
舟山 功 氏(森林インストラクター)

■集 合■
旧玉川小中学校 8:30集合
(山形県西置賜郡小国町大字玉川337)

■対 象■
どなたでも参加できます

■定 員■
先着20名

■参加費■
2,000円(保険料、資料代、等)

■持ち物■
長袖長ズボン、トレッキングシューズ(長靴や滑りにくい靴)、帽子、雨具、手袋、タオル、飲み物、おいしい昼食、敷物

■申し込み方法■
6月20日(水)までに下記まで電話又はFAX、Eメールにてお申し込みください。

*小雨決行。悪天時はコース変更、中止となる場合があります。


<申し込み・問い合わせ先>
NPO法人ここ掘れ和ん話ん探検隊
TEL・FAX 0238-62-5955
Eメール kokohorewanwan@opal.plala.or.jp

・申込用紙(pdf) http://mount13.web.fc2.com/180623m.pdf

越後米沢街道・十三峠HP

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事