越後米沢街道・十三峠交流会 ブログ

・・・「越後米沢街道・十三峠交流会」や事務局(ここ掘れ和ん話ん探検隊)の活動報告など・・・

■日 時■
令和元年5月19日(日)

■参加費■
無料

■集 合■
AM8:30 落合地蔵尊前 集合

■コース■
落合地蔵尊前から宇津峠頂上までのコースを往復

■その他■
・飲食物は各自持参
・事故や怪我は自己責任で対応願います

■申し込み方法■
盒 純 0238-75-2832
村上康弘 0238-75-2023
鈴木春男 0238-75-2169

主催: 手ノ子区協議会 宇津峠部会


越後米沢街道・十三峠交流会HP http://mount13.web.fc2.com


開く コメント(0)


「歴史の道百選」、「日本風景街道」に登録され、イギリスの女性探検家イザベラ・バードの旅行記の舞台にもなった越後米沢街道・十三峠を全四回にわたりトレッキングするシリーズ。

全四回参加された方には「十三峠踏破証」と副賞をお贈りしています!
毎年人気のトレッキングですが、今年は米沢側からのスタートです。

第一回は、置賜の美しい展望を望むことができる諏訪峠、十三峠中特に険しいといわれる宇津峠、このイベント時にしか歩くことのできない大久保峠の、3つの峠の踏破を目指します。

■日 時■
5月18日(土) 8:30〜17:00頃

■コース■
諏訪峠→宇津峠→大久保峠
(歩行距離:約12.0km)

■案内人■
岡村俊春 氏(十三峠案内人)
舟山 功 氏(森林インストラクター)

■集 合■
旧白沼小中学校 8:30集合
(山形県西置賜郡小国町大字沼沢 547)

■対 象■
どなたでも参加できます

■定 員■
先着20名

■参加費■
2,000円(保険料、資料代、等)

■持ち物■
長袖長ズボン、トレッキングシューズ(長靴や滑りにくい靴)、帽子、雨具、手袋、タオル、飲み物、おいしい昼食、敷物

■申し込み方法■
5月15日(水)までに下記まで電話又はFAX、Eメールにてお申し込みください。

*小雨決行。悪天時はコース変更、中止となる場合があります。


<申し込み・問い合わせ先>
NPO法人ここ掘れ和ん話ん探検隊
TEL・FAX 0238-62-5955


開く コメント(0)

昨年秋、11月3日に行われた「第四回越後米沢街道・十三峠トレッキング」の様子を、小国町の地域おこし協力隊が動画で記録してくれました。
動画はわんわんの活動報告のページやYoutubeで見ることができます。


この日のコースは大久保峠〜宇津峠〜諏訪峠の3つの峠越え。

大久保峠古道は未整備で通行不能なので、近くを通る林道の映像です。
宇津峠は昨年新しいコースや看板が整備されて少し雰囲気が変わってます。
諏訪峠では頂上付近から入れる古道〜展望台までのコースの映像です。
この日は雪をかぶった朝日連峰もちらりと見えました。

晩秋の十三峠の映像をぜひご覧ください。

十三峠交流会ホームページからも見ることができるようになってます。
このコースを歩いてみたい方はぜひ参考にご覧ください

開く コメント(0)

11月13日、黒沢峠にて映画【瞽女-GOZE-】のロケハンが行われました。

瞽女とは江戸時代から昭和の初めごろまで、三味線を手に村々をめぐり芸を披露した、目の不自由な女性たちの事です。
映画【瞽女-GOZE-】は、「最後の瞽女」と呼ばれる小林ハルさんの生きざまを描くものです。
↓映画【瞽女-GOZE-】について詳しくはこちら

撮影は来春以降だそうですが、どんな場面で黒沢峠が映されるのか、楽しみですね。

イメージ 1

イメージ 2

映画【瞽女 -GOZE-】プロモーション映像 https://youtu.be/uRMwY6_7oMs



開く コメント(0)

2018年11月3日(土)に「第四回越後米沢街道・十三峠トレッキング」が開催されました。
全四回を通して十三峠踏破を目指すトレッキングシリーズ、今年最後のコースは大久保峠、宇津峠、諏訪峠の3つの峠。
今回のコースは古道が整備されている場所が少ないため、長距離を歩くのは宇津峠のみで、他は車移動の多いコースとなりました。

最初の大久保峠は道形は残っているものの、未整備の為に通行不可となっている峠。
しかし、最近この峠周辺に林道が作られており、今年は遅越トンネル近くからこの林道を歩き、大久保峠の名前の由来となった窪地が見える場所まで往復しました。

イメージ 1
今回歩いた林道の様子。
新しい林道の一部はかつての古道ルートと重なるようでしたが、古道は崩れている場所もあるので、全線通れるようになるにはまだ課題が多そうです。

大久保峠の次は宇津峠。
小国町間瀬側から林道を歩いて宇津峠頂上まで向かいました。
小国側は古道が歩けないためずっと林道歩き。
頂上から飯豊町側は、地元手ノ子地区協議会の宇津峠部会が整備してくれているため、標識もある歩きやすい道になっています。
イメージ 2
この日は天気も良く、ちょうど紅葉も盛り。

イメージ 3
宇津峠を越え、落合地蔵尊前にて。
今年はイザベラ・バード来日140周年記念で、イザベラ・バードの記念碑が立てられました。(写真中央)
ここで温かい豚汁に舌鼓を打ち昼食。

宇津峠と諏訪峠の間は距離が長いため、午後からはバスで諏訪峠頂上まで移動します。

イメージ 5
諏訪峠は県道250号が通っており、古道がわかる場所は少ないのですが、頂上付近にある看板(上写真)より諏訪峠古道と、展望台までの道を少し歩くことができます。

イメージ 4
頂上から展望台までの道。

イメージ 6
きれいな三角形の祝瓶山(写真左)と雪をかぶった大朝日岳が見えました。

諏訪峠頂上から川西ダリヤ園まで歩き、この日のゴール。

イメージ 7
今回は今年最後のトレッキングだったため、今年全四回参加された方に「十三峠踏破証」の表彰式が行われました。

イメージ 8
副賞は毎年変わりますが、今年はマタギの里、山形県小国町産の熊の爪ストラップ。
サイズは小さいですがれっきとした本物です。

今年は8名の方が十三峠踏破を達成しました。
毎年のように参加してくれる方もいて嬉しい限りです。
ご参加いただいた皆様ありがとうございました!
来年のトレッキング情報は4〜5月頃に十三峠ホームページにアップされますので、ぜひまたご参加ください。

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事