ここから本文です
大分県九重町 防災情報ブログ
九重町から災害や防災に関する情報をお伝えします。
北朝鮮より弾道ミサイルが発射され、日本に飛来する可能性があるときは、国から関係する地域の住民に対し、全国瞬時警報システム(Jアラート)によって情報が提供されます。
全国瞬時警報システム(Jアラート)の情報提供があった場合、九重町内の防災無線からは特別なサイレンとともにメッセージが流れます。
これらの情報を確認したら、落ち着いて次の行動をとってください。
 
【屋外にいる場合】
○近くのできるだけ頑丈な建物や地下街などに避難する。
○近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る。
 
【屋内にいる場合】
○できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する。
 
※詳細については、国民保護ポータルサイト(http://www.kokuminhogo.go.jp/)をご覧ください。
 
 
お問い合わせ先 九重町役場 危機管理情報推進課 電話:0973-76-3801
イメージ 1
イメージ 2
米軍の滞在期間について
 ※平成29年2月20日(月)〜平成29年3月15日(水)
 
訓練日程等
 ※実弾射撃期間  平成29年2月27日〜平成29年3月8日
         (10日間のうち8日間)
 ※人員・砲数等  人員:約200名  車輌:約50両  砲数:6門
 
米軍滞在期間中の治安・安全対策
【九重町の対応】
 ①情報収集及び緊急時等に対応するため、対策本部(役場内)に係員が常駐いたします。
  (常駐時間)
   実弾射撃期間開始前: 2/20〜2/26 午前8時30分〜午後5時
   実弾射撃期間中  : 2/27〜3/8  午前7時00分〜訓練終了まで
   実弾射撃期間終了後: 3/9 〜3/15 午前8時30分〜午後5時
 
 ②演習場周辺に位置する東飯田方面及び野上方面の巡回パトロールを実施いたします。
  (パトロール期間)平成29年2月20日(月)〜平成29年3月15日(水)
  (パトロール時間帯) 【平   日】 午後2時30分〜午後5時
             【土日祝祭日】 午後0時30分〜午後3時
 
 ③演習場周辺において砲撃音の測定を行います。
 
【国・県の対応】
 国(九州防衛局)〜日出生台演習場内(由布市)に「現地対策本部」を設置し、関係自治体等との連絡調整や演習場周辺の巡回・警備等を行います。
 県〜由布市・玖珠町に「現地連絡事務所」を設置し、演習場周辺の巡回や情報収集等を行います。
 
【警察の対応】
 演習場周辺に臨時交番や詰所を設置し、24時間体制でパトロールを強化するなど、住民の安全確保を最重点に警備が行われます。
 
お問い合わせ  九重町対策本部 ☎0973-76-3807(企画調整課内) 
 私たちの生活に欠かすことのできない自然は時として、大きな災害を引き起こすこともあります。2016年4月に発生した熊本・大分地震では住居の全半壊やライフラインである道路の寸断、水道施設の損壊により、住民生活に多大な損害を与えました。また、くじゅう連山は過去に何度も噴火を繰り返してきた活火山であり、1995年には硫黄山が257年ぶりに噴火しており、今後も噴火する可能性があります。2005年には3名の犠牲者を出した集中豪雨被害も発生しており、いつ起こるかわからない自然災害に対して自助・共助・公助の役割分担のもと、備えておく必要があります。
 本シンポジウムでは、地震災害、火山災害、風水害、土砂災害などを最小限に抑えるために、地域にあった防災・減災力を向上させる方法は何か、そのために何が必要かを、専門家の意見を交えて多面的に討論します。
 
 
日 時:平成29年1月22日(日)
場 所:九重文化センター 文化ホール
 
13:30〜開会・挨拶
13:40〜特別講演
 演題「災害は忘れる暇なくやってくる 〜九重の大雨と地震〜」
 講師 気象予報士・大分県防災アドバイザー 花宮 廣務
 
14:40〜パネルディスカッション
 コーディネーター
    立命館アジア太平洋大学 教授 佐藤 洋一郎
 パネリスト
    大分大学 教育学部  准教授 小山 拓志
    大分大学 教育学部  准教授 川田 菜穂子
    大分工業高等専門学校 准教授 工藤 宗治
 
お問合わせ先 九重町役場 危機管理情報推進課 電話:0973-76-3801
 
イメージ 1
平成27年度までに県下全ての市町村と大分県内18地区協議会と並びに大分県と(一社)大分県エルピーガス協会の間で災害協定を締結しました。
その協定に基づき、今年度は日田・中津・玖珠・由布の4地区LPガス協議会合同の防災訓練を行います。
災害時にライフラインの1つであるLPガスを九重町、玖珠町の6カ所の避難所にLPガスを緊急配送・設置して避難者の生命身体を守るため下記の内容で『西武地域LPガス防災訓練』を実施します。
 
 
日  時:平成28年11月24日(木)
時  間:10:00〜12:00(2時間程度)
場  所:玖珠郡玖珠町大字帆足 玖珠川河川敷協心橋上流側(駐車場は下流側)
訓練内容:①通報・支援要請・呼集訓練
     ②災害支援訓練(日田・中津・由布の支援隊のパトカー先導によるLPガス 
      緊急配送訓練)
     ③炊き出し訓練(ガス発電機・照明・給湯・炊飯)
     ④救急救命訓練(玖珠消防署による人工呼吸・AED)
災害想定:平成28年11月24日午前8時00分別府万年山断層を震源とする地震
     が発生した。
     九重町玖珠町で震度6を観測し家屋倒壊、土砂災害など多数起きた模様。
     近隣3地区協議会(日田・中津・由布)に災害支援を要請した。
11月9日から15日までの1週間、『消しましょう その火その時 その場所で』を統一標語に「秋の全国火災予防運動」が実施されます。
毎年この時期は、火災の起こりやすい気象状況が続き、火災が多くなっています。
火災は、ちょっとした不注意や油断から起こります。火の取扱いに十分注意し、火災を起こさないようにしましょう。
また、運動期間中に下記の訓練等が行われます。
 
 
【早朝非常呼集訓練】
日 時:平成28年11月9日(水)
時 間:午前6時5分〜
場 所:飯田地区(北方地区)
内 容:サイレン吹鳴(06:05)を合図に、飯田地区の消防団各部が集合し、放水       
    訓練を行う。
 
【防火パレード出発式】
日 時:平成28年11月9日(水)
時 間:午前8時45分〜

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事