ミニチュアな毎日

フェイスブックに移行中です・・・

ユザワヤ創作大賞'08

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

しらたきの帰還・・

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

ユザワヤさんから、我が「しらたき君」が帰って参りました・・・

東京の展示会〜神戸の展示会を経て、来月返してもらうつもりだったのですが、それは単なるうぬぼれ(笑)佳作入賞作品ですので、早々と返されてきたのでありましたぁ。

応募総数、なんと4821点、ま、佳作いただけただけでも名誉なことです。



送った時よりも遙かに丁寧な梱包をして頂き、無事に戻ってきたのは当然の事なんですが、その中にはそれ以外のものも梱包されていました・・



「表彰状」!!


すこっつ、中学生のお絵かきコンテスト以来ですから、おおかた三十年ぶりにこんなものをちょうだいしましたぁ。

で、賞品・・

手芸のお店のユザワヤさんですから、毛糸一年分とかだったらなんとしよ・・と、思っていたのですが、
それは取り越し苦労でした。
中身はエアブラシ(瓶を付けるタイプの)と、写真のアルバムでした。
係の方はだいぶん苦労して選んで下さったのでしょうねぇ〜。

この場をお借りして、係の皆様、選考して下さった審査員の皆様、そしてユザワヤさんにお礼申し上げます。

さあて、来年は・・・・・

と、言いたいところですが、ぼちぼち濫作濫エントリーでなく、じっくり作り込んでビッグタイトルに集中したいと思います。



書庫を独立させました。

この記事に

開く コメント(6)

イメージ 1

イメージ 2

AFVやヒストリカルフィギュアの同好の方以外の第三者の方から、すこっつの箱庭はどのような評価を受けるかが気になりまして、手芸の大型店「ユザワヤ」さんが主催する「第二十回ユザワヤ創作大賞」というコンテストにエントリーしておりました・・

このコンテスト、相当大がかりな物でして、毎年全国から1000点を超える応募作品があるそうです。
それもそのはず、グランプリは賞金「100万円」
すこっつも、ちょっぴり宝くじを買った気分での応募です〜♪

エントリー方法も煩雑かつ高額

まずは七月末までに一点3000円のエントリー料、作品の写真、作成のコメントを現物に添えて郵送もしくは直接搬入

で、八月頭に一次審査の結果発表→これは合格

そして、待ちに待った結果発表・・・・・・


・・・・・・


か さ く

でした・・・


佳作が不満というのではありません、充分名誉なことと感謝しております。
ただ、グランプリ・金・銀・銅までの受賞者は東京は蒲田にて表彰式に参加できたのです・・・・
浅はかなすこっつめ、それを当て込んで上京して、マイミクさんとかブログのお友達にお会いしたり、東京フィギュアソサエティの飲み会・・失礼っ!例会に参加したり、買い出しを目論んでおったのですが・・・・・・

グランプリ・金・銀・銅、総勢250名の間口の広い表彰式であるにもかかわらず、混ぜて頂けませんでした(泣)

ま、来年もがんばってエントリーしてみましょう(笑)


お、「何をエントリーしたか?」ですって?

ご存じの方も多い「シラタキ」君です。
好きな箱庭の一つですし、これのお兄さんの「紅葉(アヒル艦隊)」も、去年入賞したので、それぞれ箔が付き、よしとしましょうねぇ〜♪

この記事に

開く コメント(19)

今日はおやすみ・・・

イメージ 1

イメージ 2

久々にまともに仕事をし、帰ってからも工作台周りの片づけなどしましたので、兵隊さんも箱庭も作りはなしの一日でした・・

とりあえず、しら滝君の詳細を少しあげておきますので、ごらんくださいまし。


さあて、次は作りかけの片づけと行きますかぁ〜。






ブログランキングに参加してみましたぁ。
下の「字」の部分をクリックして下さいまし。

この記事に

開く コメント(8)

イメージ 1

イメージ 2

昨日段階で一段落したのですが、ど〜しても、構図が気に入りません。

馬車です、馬車の位置がすべてを台無しにしています・・・・・

相当悩んだのですが、修正しようかこのままで置いておくか、一日中悩みました。

と言うもの、馬車は真鍮線でしっかり固定しています、お馬さんも同じくです。

しかも下はスチレンボード、いわば発泡スチロールの様なものです、しかも、馬車はソフビと来ています・・・
取り外すのが失敗したら大破してしまう可能性もあります・・・

しかし、これであきらめたなら、たぶんず〜っとくよくよし、結局愛着が無くなり誰かにあげるか、酔っぱらって壊してしまうかが落ちです。

それならと、がんばってみました・・・

実際たいした修成ではありません、馬車を2センチ後ろに配置し直しただけなんですが、面白いことに前から見ても後ろから見てもずいぶんすわりの良い感じになりました。


で、最後にネームプレートをくっつけました。
こちらは、前回の紅葉と同じくラウンドタイプのもの、これまた前と同じく、近くのパン屋さんの袋をゆわけるための金の針金、勲章のリボンのように付けてあげました、「えっへんっ!」て、感じですねぇ。

これにて、「しら滝君」完成といたします。
全周の写真はもう少しお待ちくださいまし・・・



ブログランキングに参加してみましたぁ。
下の「字」の部分をクリックして下さいまし。

この記事に

開く コメント(8)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

え〜、紆余曲折を経まして、やあっとでけました、新作箱庭「しら滝」です。

あ、本当の名前は「The First Snow」とする予定です。


オオカミさんは、途中でモチベがさがり、適当に妥協しました、が、実りは多かったです。
接写で見たら、ずいぶんと荒っぽいできです、しかし、勉強になりましたぁ。

で、プライザー社のワンコを改造して、これまたオオカミさんに仕立てたものとセットで、正面左側にあるテラス部分にくっつけましたぁ。
このテラスには最初から何かを乗せようとは考えておったのですが、結局こういう風にまとめました。

そうそう、くっつける前に、ルーターで適当に雪の部分を削り取り下地を露出させ、獣たちが歩いた風に仕立てております。
いろんな小動物が歩いたように見せるべくルーターのビットをまめに変えて行いました。

で、オオカミさんたちは何に向かってほえているのか???

それは、ごらんの通りです、橋の反対側に「大鹿」がいたのでありました。

むろん兵隊さんは、オオカミさんに気をとられてそれに気がついておりません・・・・・

果たして大鹿は、兵隊さんに?それともオオカミさんに?どちらにお礼を言っているのでしょうか???

詳細の写真は明日にでもアップ致します。

本日は、13時間ほどいじっていましたぁ・・・・・・

死ぬかも・・・・・


大きめの写真をアップしております、ダブルクリックでご覧ください。



ブログランキングに参加してみましたぁ。
下の「字」の部分をクリックして下さいまし。

この記事に

開く コメント(12)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事