全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
所在地:大木町大字八町牟田 アクセス:西鉄天神大牟田線八丁牟田駅下車徒歩1分
大きな鳥居が国道沿いに建っているからすぐに判る。参道が意外に長くて、第二鳥居を過ぎても楼門は遠い。
イメージ 2
楼門の中には随神像と狛犬が両脇に安置されているが、右大臣の刀の柄は折れているし、狛犬は銀の塗料が塗られている。
イメージ 3
どこかで阿形は雄獅子で、吽形は雌狛犬と聞いたことがあるような…その時は狛犬には何の興味もなく、ただ、獅子=ライオン=猫科、狛犬=犬=犬科。犬と猫がカップルになるなんてそんな馬鹿な…と思って聞き流していた。で、ここの吽形の胸元にぶら下がっているのは子狛犬ではないか?おっぱいを吸っているように見える。あの話は本当だったかと思い返したが、その話をしてくれた相手が誰だったか思い出せない。
イメージ 4

閉じる コメント(3)

顔アイコン

子連れの狛犬、かわゆいです。乳のみしてるんでしょうか、じゃれているんでしょうか。制作上母のどこかにくっつけないといけない都合でこういうかっこうなんでしょうね。

2007/5/29(火) 午後 3:08 [ kuro ]

顔アイコン

自宅付近にも神社があるけど、こま犬も鳥居も無いです。子供の頃まで秋祭りが開かれて、屋台とか並んでたけども、最近は人が集まらなくて二年に一回になったそうです。

2007/5/30(水) 午後 1:04 [ kamata ]

顔アイコン

明治に出された神仏分離令によって仁王像が神社から姿を消しただけで、元もと狛犬の「阿・吽」の形態はこの仁王像から来たものだと説明を受けた覚えがあります。

2007/5/30(水) 午後 4:08 [ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事