猫とブーゲンビレア


みなさん こんにちは

きょう、2月22日は「ニャン(2)ニャン(2)ニャン(2)」という猫の鳴き声からの語呂合わせで「猫の日」

全国の愛猫家による公募で決まったなんともほっこりする記念日

「猫」はけものへんに「苗」と書きますが、「苗」という字は「ビョウ・ミョウ」と読み、猫の鳴き声を表しているそう

中国の人々が発音する猫の鳴き声は「ビョウ」や「ミョウ」なのだとか・・・

「苗」という字が選ばれたのは、しなやかで細く小さい「苗」の様子が

猫の姿や身のこなしと似ているからだともいわれています


さっそく、スマホのアルバムの中から猫の写真を探してみることに・・・ありました!

昨年6月に行った石垣旅行で訪れた竹富島で撮った「猫とブーゲンビレア」

イメージ 1


イメージ 2

南アメリカ原産のオシロイバナ科の半蔓性常緑低木

日本へは明治時代中期に渡来

暖地での路地植えや一般の鉢植えとして流通しています

樹高は1〜5m

枝を長く伸ばし、よじ登っていく品種もあります

葉は卵形で、互生

新しく伸ばした枝の葉腋から花茎を伸ばしていくつかに枝分かれし

その先端に花を付けます

開花時期は6月〜10月(温室では周年開花)

花色は、赤やピンクを中心に多彩

3枚の花弁のように見えるのは苞で、花弁はなく、苞に包まれて3つの白い小さな萼筒があります

ちなみに、オシロイバナ科の植物は猫にとっては危険な植物のひとつのようです

嘔吐、下痢、腹痛、幻覚作用(種子)、皮膚刺激などの症状が出るといいます

i.s

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事