全体表示

[ リスト ]

薬草の日


みなさん こんにちは

きょう、8月9日は「8(ヤ)9(ク)」の語呂合わせで「薬草の日」

薬草に親しみをもってもらおうという趣旨で1997年に「沖縄県保健食品開発協同組合」が制定したそう

「薬草(やくそう)」とは、薬用に用いる植物の総称

沖縄では食べ物は「ヌチグスイ(命の薬)」と呼ばれ

薬と食べ物の間に境がない「医食同源」「薬食同源」の考えが根づいているといいます


毎週日曜日、石垣市白保の集落にある白保サンゴセンター(しらほサンゴ村)で開催されている「白保日曜市」

島独特の食材や民芸品を島内から集め、観光客向けに舞踊や民謡などのライブも行っています

イメージ 1

今回の石垣旅行の出発日は日曜日だったので、空港に到着後、真っ先にむかいました

イメージ 2

お目当ては、白保日曜市名物の「カナッぱおむすび」

「カナっぱ」とは、白保の方言で「葉っぱ」のこと

糸芭蕉(バナナの木)の葉や月桃(げっとう)の葉を使って

食事のお皿やおにぎりを巻いたりしています


石垣島の伝統的お菓子「カーサームーチー(草餅)」

月桃の葉で巻いて蒸したお餅は、葉っぱの香りと味が食べ物に染み込み

その香りが虫を寄せ付けないという効果を出しています

カナッぱおむすびでも同じことがされています

月桃の香りとお米がもっちりしていて、とっても美味しかったぁ〜


ちなみに、沖縄の方言で、ごちそうさまは「ヌチグスイさびたん(命の薬になりました)」

おいしかったことを伝えるなら「チムグスイさびたん(魂の薬になりました)」と言うそうです

i.s

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事